<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

試験直前、この前の月9の真似をして、
左の薬指の爪をつまみながら、好きな人の名前を三回唱えると
あがらないというおまじないをやってみた。


コウくん、ルカくん、先輩……と、
ときメモのキャラクターの名前を唱えてみる。

ついでに彼氏の名前も。


なにやってんだ自分、って力が抜けたかも。


緊張すると手先が冷たくなるので、あったまれ〜と念じ廊下で軽く体操をしてみる。

待ち時間20分で少し温かくなってきた。

何度受けても落ちてるけど、その分経験はあるのが私の強みじゃないかと思い、
今までにないくらいリラックスして出来た感じがした。

正式な発表はまだだけど、試験官から合格にしとくって言われたから、多分受かったんじゃないかと。

この人の笑顔を初めて見た気がする。
いつも「自信ないね」しか聞いたことなかったし。

合格、本当ならいいなぁ。
今週と来週はオンオフともに忙しい。
楽しみなことも多いけど。

本屋さんで初めてインレッドという雑誌を買った。
三十代前半から後半までをカバーする雑誌のようだ。

なかなかこういう服を着る大人になれないもんだなぁ。
なろうとしてないからなれないのか。


上橋菜穂子さんの『獣の奏者』の外伝を発見。

帯の「エリンとイアルの同棲時代」にかなりひかれる。
読みたいなぁ。
まずは図書館をチェックしたいところ。
今日がソラリアのリニューアルオープンということで行ってきました。
クリアファイルもゲット!

60店舗がニューまたはリニューアルということで知らないお店が増えていて、見て回るだけでお腹いっぱい。

白いシャツにグレーのニットのベストの組み合わせが良かったなぁ。

まだ暑いから白を着たいけど秋だから、濃い色で引き締めたいのです。

ユニクロで買っちゃうかなぁ。
夏用の薄手のベストをこの前見たんだよなぁ。
今更かなぁ。


お隣のヴィオロも今日新しいお店がオープンしていて、
好きなテイストのお店だったので嬉しくなりました。

地下二階のホリデーバイトリップとトラントと
四階のエヴァムエヴァはまたのぞいてみたいです。

高いけど、こだわりがある服は見てて面白いもんね。
買うのは勇気がいるけど。
by hon-j | 2010-09-10 22:56
門司港レトロでおさんぽマルシェ秋日和が開催されるそうです。
開催日は2010年の9月19日(日)・20日(月・祝)。


ああ、今回も行けない。がっくし。

雑貨や服、甘いものなど好きな方、行ける方はぜひ。

詳しくは門司港レトロインフォメーション
足の爪に穴をあけてワイヤーを通すことになろうとは。


先日、巻き詰め治療に行ってきました。

親指の爪の両端が食い込んで、今まで騙し騙し行かずにいたけど、
胃炎の元のストレスを減らすため一念発起!

初診料6000円
ワイヤー代4000円
施術代2000円
(一本1000円)

親指二本でなんと12000円。
保険がきかないので、かなり高額!
確かめて行ったけどやっぱ高い〜。

一、二ヶ月おきにワイヤーを入れ直してもらうのに
再診療2000円。
施術代2000円。

ワイヤーがなくなったらワイヤー代もかかるそう。
一本で二回分くらいはある。

施術にかかる時間は10分くらい。
最後に塗ってもらった接着剤が乾くまで五分くらいかかった。

予約せずに行ったので一時間待って、問診、休診一時間のあと施術でした。


歩くたびに激痛がしていたのがなくなったので、まずはほっとしております。

この状態が続くといいなぁ。

そして食い込まない爪になって〜。
五体の埴輪の馬が、横一列におしりを向けている。

なんてプリティー!
斜め後ろから撮ってポストカードにしたい!
なんてことを考えながらぐるぐると周囲を回る。


b0070756_21114259.jpg


九州国立博物館のぶろぐるぽに参加しています。写真は九博より頂きました。
ちょうどいい写真があってラッキー。


あれ、

よく見ると同じ6世紀なのに島根の二体だけ目の位置が正面にある。
他のは横に付いているのに。なんでだろう。(写真の真ん中の馬です)

目が大きくて長いからそんなふうに思えるのかな。
b0070756_2120656.jpg




九州国立博物館の『馬 アジアを駆けた二千年』展を見てきました。
小中学校の夏休み中は避けたいなと思ってる内に、会期は終了間近に。(2010年9月5日まで)


しかし、まぁ、9月になってもまだ暑い。
参道はさすがにお客さんが少ないような。午後三時過ぎだからかな。
前売り券を置いているお店がちらほらあり、一枚買っていざ入場。


この展覧会に来なかったら名前の分からない馬具がたくさんあった。

馬のおしりにつける飾りの杏葉(ぎょうよう)や雲珠(うず)。
鞍の前と後ろの山になっているところが、前輪(まえわ)と後輪(しずわ)という名前というのも初めて知った。

はみを挟む場所が口のあんな所にあるんだな~。考えたこともなかったなぁ。
なんだか夏休みの自由研究ができちゃいそうです。今更だけど。
b0070756_2161145.jpg



文化交流展もちょろっと見る。
ハート型の杏葉があった。ほんとにしっかりハート型してる。

仏像のコーナーで、交流展の入口でイケメンと紹介されていた仏像を見る。
小顔でスマート!七等身?

すぐ後ろの観世音寺の仏像と比べながら見ると違いが分かって面白い。

衣の線の彫り方が全然ちがう。若々しさと落ち着きはここで決まるのかな。



帰りに今後の展覧会のチラシをゲットし、ほくほくして帰りました。