人気ブログランキング |

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

セーターを買って着ようと思ったら、
襟ぐりのところがなんだかほつれている気がするので、
その旨を伝える電話をかけてみました。

持って行ったら代えてくれるようです。

ほつれてる感じなのが、その製品全部に共通するのであれば、
全然問題ないのですが。うーん。
着られても洗ったときに、ひどくなったら〜と思うと心配だったので
思いきって電話をかけたのですが、なんだかユウウツです。
持って行くのも、近所ではないのでめんどくさいニャリ。


普段クレームを受ける立場ですが、言うほうも面倒だなぁと。
というか、クレームって、苦情ではなくて主張だから言ってもいいはずなんですよね。
主観的なのとかは対処しづらくて困るけど。


自分の主張や疑問が間違ってるかもしれないわけで、
恥ずかしい思いをするかもです。
そのときはそのとき。
交通費は授業料〜。ついでにそこらへんを、またぶらぶらしてみよう。
(と前向きにしめくくってみる)

辞典でほつれとほころびの意味が違うことを初めて知りました。
縫った糸が切れたのがほころびで、
ほつれは結んだり編んだりしたものの先端がほどけてしまったときだそう。ふぇ〜。


追伸、アジ美、行きました。
中国の現代美術面白かったです。
労働者が小屋の中に集まっている姿を描いた作品の視線が
すべてこちらを見ているようで、見つめられてる〜という気がして恥ずかしかった
です。中国画というジャンルもおもしろいかも。
部屋とお風呂の掃除をしました。
デンジャラス排水溝……。

図書館に本を返しに行ってないので、怒られるの覚悟でいかねば。
うう。

ちびちび使っていた化粧水が切れました。
使うべきでしょうが、乳液は持っていません。べたべたは苦手です。

ひまだったので、妹の化粧水と乳液を使ったら、もちもちしています。
ふうむ。でも同じの買うのは嫌だなぁ。


今後の目標
終わらないうちにアジ美の現代中国の美術展を見に行きたいです。
来月は山口で雪舟!
今日は色の勉強のショップ研修という授業で、
買わなくてもよいのだけど、先生と洋服を見て回るという日でした。
私、心待ちにしておりました。
だって、冬物高いんだもの。

真冬も着られるジャケットを探す予定でしたが、
けっきょく薄くて軽くて風を通さない(けど真冬は着れないかも)な
ジャケットを買いました。
真冬はどうせコートを着るでしょう、と一緒に色の勉強をしている人に
言われて、そうかもなぁ、と。

ラベンハムではなく、ウ゛ェスティエール(クローゼットの意だそう)
というところが作っているキルティングのジャケットです。
日本のメーカーなのだねぇ。(ネットで検索)
前者と後者を着比べてみて、私はえりぐりや肩や脇のとこに余裕が
あるほうが良かったのと、全体的に丸い感じがしたので後者を買いました。
ゆとりがあると楽〜。

ついでにサマーの人が似合うというマフラーも購入。
3、4年ぶりに冬物買った気がします……。

VIOROさまさまです。
QALIという店で買いました。
ここにある洋服の感じが好きです。ざくざくほっこり、丈夫そう。
先生に好きそうね〜と言われました。えへへ。

この後仕事に行きました。明日も仕事だ、ふぁいと自分。
明日が休みでしたが、昼からでることに。
事情があるので頭は納得してるけど、きついです。
忙しいときに人が足りないのはつらいです。あと四日~。 ふぁいと~
イムズ、ソラリアプラザ、地下街、VIORO、ユニクロ、岩田屋と
大名(ユナイテッドアローズ)をちょろっと回ってきました。
真冬に大丈夫なアウター探しです。

VIOROやイムズ、地下街で見た、
ラベンハムのキルティングジャケットがいいかなぁと思いました。
リバティプリントの花柄のやつが可愛かったけど、無地の2倍の
4万ぐらいするのでした。
気回し考えるなら無地がいいかなぁ。
かなり薄手だけど、どのくらい暖かいのかなぁ。

イムズでみたダークグレーのホームスパンのジャケットも気になる。
革にインクでプリントされた白地に紫の小花の小さなバックも可愛かったなぁ。
でも、荷物多いから断念。

あとは、VIOROでみた紺色のハーフ丈のトレンチコート。
これがまた、ライナーが紫の小花柄で、めちゃくちゃ私のココロにきました。
ライナーだけで着るもんじゃないので、
脱いだときだけ分かる、完全に自己満足の世界。
願わくば、ベルトや釦の色がもっと落ち着いた色ならば、よかったのに、です。
ああ、でもあのライナーかわいかったなぁ。うう。

結局、戦利品は、岩田屋でバーゲン品のショールを一枚。

休憩する所を求めて大名のマーブルブランカフェに行ってみようと歩いたものの、
入りづらかったので通り過ぎる。

別の道を戻って、ベーグル&ベーグルでチーズケーキバーと
飲み物のセットを食べました。(400円ちょっと)
色々選べるのですが、私は季節のチーズケーキバー
(アップルとシナモンその他フルーツのようなもの)とアイスミルクティーに
しました。ケーキおいしかったですv

500円以内で甘い物と飲み物と座る場所を提供する店、
他にもたくさんないかなぁ。
(ミスドもスタバも岩田屋近くは人が多いから入りづらいです。
入って行けばいいんだろうけど、ね)


今回、店の名前はあえて伏せました。
だって今度行くときまで残っててほしいもん〜。

小花柄が好きなんだな〜と実感した一日でした。ふう。
面白かった。
朝読み終わって、仕事帰りにまた初めから
ぱらぱら読んでしまった。

図書館に住んでいる神様と、学生の話、

ではなく、

講師の清(きよ)と高校生の垣内君の
文芸部で文学する話というとこでしょうか。
垣内君は部活以外にも。

弟の拓実君や恋人の浅見さんもいい味出しています。 

シリアスな場面あり、笑えるとこあり、
でも変に現実離れしているわけでもなく、
短い話だけど、実がぎっしりという印象を受けました。


川端文学で鼻血……。知らなかった。
気になります。
漱石の『夢十夜』は読んだです。ちょっと怖いに賛成〜。