最近読んだ本

小川洋子『ミーナの行進』
中央公論新社

数十年前の神戸の芦屋にある洋館を舞台に女の子二人を中心に物語が進んでいく。

ポチ子にびっくりするだろうので何の動物かは秘密にしておこう。
登場人物や小道具も素敵だった。


宮下規久朗・井上隆史『三島由紀夫の愛した美術』新潮社とんぼの本

聖セバスティアヌスがたくさん載っていた。

グイド・レーニかソドマか選べと言われたらレーニかなぁ。

美術を語るのにいったい何を学んだら、素敵に語れるようになるんだろう。
[PR]
by hon-j | 2011-02-03 12:38