昨年から、高田崇史さんの小説をよく読んでいます。
QEDシリーズの

『百人一首の呪』
『六歌仙の暗号』
『ベイカー街の問題』
『東照宮の怨』
『式の密室』
『鬼の城伝説』
『〜ventus〜熊野の残照』
で、今読んでいるのが、
『神器封殺』
前に出た3冊を飛ばして新刊。
図書館で借りているので仕方ありませんが。
地道にリクエストして間を埋めていきたいなぁ。

高田さんを読むきっかけは、講談社ミステリーランドの
『鬼神伝 鬼の巻』
『鬼神伝 神の巻』
です。子どもに向けた本ですが(子どもが主人公)、
大人も楽しめるというミステリーランドは楽しい企画だなぁと思っています。

高田さんのシリーズは前から気になっていたのですが、
QEDは長そうなシリーズだったので、読むのをためらっていたのです。
そこで、鬼の巻を読んで、この人が書くQEDはきっと面白いに違いない、と
確信して、今に至ります。

あぁ、日本史マニアだったら、もっと面白いに違いない。くう。
[PR]
小さい春、見〜つけた!

b0070756_225333.jpg

数日前、太宰府に梅を見に行って来ました。
満開ではないものの、たくさんの樹があるので、眺めがよかったです。
雑貨屋さんやお土産やさんもなかなか楽しかった。

ところで、梅ヶ枝餅を食べたことはありますでしょうか。

わたしは、生地が厚くて、外側がかりっとする餅を十年くらい前に一度、
店内で食べたことがありまして、鬼すべの行事を見に来たときも、
別の店の店内で食べたのですが、かりかりではなかったのです。

持ち帰りでなく、店内で食べれば固いのが食べられるはず、と
思っていたので、少し残念でした。

今度いったときこそは、と今回は十年前に買ったであろう店で買いました。
店内で食べる気が満々の私を尻目に、連れがさっさと持ち帰りで餅を買い、
一時は喧嘩になりましたが(たかがもちというなかれ)、
餅を食べて落ち着いた私は、どんな餅が本当の梅ヶ枝餅かを説いたのであります。

餅がボルガというパンのように、周りに固い部分がある。
餅がやわらかすぎない。適度な厚みがある。

これを探して、店先をじろじろと見つつ、帰ったのですが、
なんと、ありました。
西鉄太宰府駅から歩いて三分くらいの鳥居の近くの○○○店。

今焼いている、という餅が紙に包まれ、手渡され、口にしたときのあの瞬間。
連れに、「ね、あったやろ〜」と幻の梅ヶ枝餅を自慢することが出来ました。

ラップにくるまれるとおいしさが半減するので、
焼いてる餅がもらえるといいですね。

今度は、この外見で、さらにうまい!という店を探したいと思います。
おいしいところないかな〜。
[PR]
マザー3が四月に出るそうで、嬉しい限りです。
話には聞いていましたが、ネットや雑誌で確かめたことがなかったので、
ほぼ日で情報を見てみると、なかなか楽しそうでした。

映像が3Dとかでなくてよかったなぁ、というのが本音です。
2よりのっぺりとした平面的な感じを受けるのは、何か意図があるのかな。
テーマ曲はちょっぴりしんみりとした音楽でした。


[PR]
『ジョゼと虎と魚たち』
『リトル・ダンサー』
『GO』を見ました。

『フライ・ダディ・フライ』を見てから、
金城一紀のザ・ゾンビーズシリーズとでもいう
べきものを読んでいる。
シリーズではないが、
『GO』は読んだけど、ビデオは途中までしか見たことがなかったので、
ようやく最後まで見ることが出来てよかった。

何回見ても窪塚はかっこいい。
柴咲コウもかわいい。大竹しのぶもすきだし、
お父さんも存在感があっていい。
恋愛がしたい。

ジョゼ〜は映画で名を知り、原作を読んで、
ビデオをみた。
原作とちょこちょこ違い、
あの台詞は?とか使われなかった物などを
頭で思い浮かべながら、見ていた。
映画は映画であるわけで納得ずみなのだ。でも気になるわけで。

車いすのジョゼ(池脇千鶴)と
妻夫木と上野樹理(里?)の三角関係というかんじの
話。(三角以上かも)

ずっと続くものはないだろうと、
思っているけど…。
小説にないラストは、せつない。
妻夫木の博多弁(福岡弁)につっこみを
いれたくなったのは私だけだろうか。
適度にしまった体と、くしゃくしゃのにやけた
笑顔に乾杯、な彼である。

リトル〜は、金城氏の本の影響。
炭坑夫の父をもつ息子のビリーが、
バレエ・ダンサーを目指す。

いろいろすんなりといかないのだが、
父に見せるダンスの場面で、ちょこっと泣いた。

最後の場面もこれで終わりか!と思ったけど、
あの一瞬がよいのかも、と思った。

タップを踏むのは地団太を踏むことに似てる。
感情を表現できるのが才能なのかも。

怒ったときに踊ってみようかな… 。

以上、あまり映画を見ない人の感想文でした。
[PR]
仕事です。
半日休暇で、夕方から四時間働くのって、
自分で決めときながらつらいっす。

お正月も仕事です。
たまった掃除や事務作業がやれるかしら、とわくわくしております。


クレーム処理の問題は、消えたくなるほど心が重いのですが。
……今年で終わりにしたいよう。
[PR]
あと数日で一年が終わります。

今年最後に行った展覧会は何かと考えてみると、
いとこの結婚式のため、11月に行った鹿児島での
海洋堂の軌跡展でした。

一年の始めも、これだったけど、新婦と母を連れて、
「面白いから」などと勧めて、オタっぷりを披露した
気がします。しかも頼りないオタクですみません。
十年ぶりに会ったのに…。

検証すべきは、造形師を掘り下げた展示。

巡回するときは、これをすると言っていたので、
さてどういうふうに並んでいるのだろう、と見ると、
ジャンルではなく、造形師一人分をまとめて一つの
スペースに置いている様子。

映像のコーナーは、天神と同じ物が流れていました。
三菱アルティアムより会場が広いせいか、
前回のみっちり感は薄まっていました。

前回の展示は、シリーズごとだったので、
名前別には並んでいたものの、あちらこちらに
点在する形をとっていました。(と思う)

今回は名前ごとなので、シリーズは違えど、
年代別に見られて、進歩してるんだなぁと思えたのが
よかったです。

私はまるっこいのが好きなので、以外とロリ向きかもしれんなぁと思いました。
来年は北九州に恐竜を見に行くかもです。
先着で化石のプレゼントもあるらしいです。ぉ〜。
[PR]
開館特別記念
『美の国 日本』展
11月27日まで

11月の14日に行って参りました。
車で行ったので、駐車場に停めましたが、
平日にも関わらずたくさんの車が。
観光バスがあったかと思ったら、中からたくさんの高校生。
まさか、この人数で見るの?と不安を感じながらも、参道を抜け、
エスカレーター前まで。
高校生たちは、天満宮にお参りに行ったようです。
館内でも会わなかった気がするし、修学旅行の行程には展覧会は入ってないのかも。

エスカレーターの屋根が木で出来ているので、香りがします。
歩く歩道を抜けると、博物館の建物が見えます。向かいの林が見えています。


b0070756_194867.jpg

b0070756_19485526.jpg

館内に入るとたくさんの人がおり、展覧会を見るのも
なかなかたいへんでした。
b0070756_19473615.jpg

見られて良かったのは、風俗図屏風。
きれいな着物を着た遊女がカードで遊んでいます。
江戸時代の浮世絵だと、髪は結っている遊女がおおいけど、
この屏風の8人中3人は、結わずに垂らしたままです。
まげもなんだか変わった形です。かんざしをさしたりしている人もなし。
時代は安土桃山あたりだったっけ。
髪型の変遷の本に載ってそうですな。

この展覧会の上の階が、常設展で、九州にまつわる展示品などが、
テーマごとに並んでおり、特別展よりゆとりもあったせいか、
楽しくみることができました。

でも、両方見たら、もうふらふらでした。
思ったより広かったです。併設の喫茶店も満席でした。
入れずに、梅ヶ枝餅を食べました。あったかい。

ふと、この展覧会が終わったら、お正月や七五三などの行事のときしか、
こんなに人出はないのでは、と思ったり。
駐車場もあるから、修学旅行のコースに組み込まれる博物館になるかも…?
[PR]
高速バスや新幹線などに乗ったとき、
その晩、風邪っぽくなっていたりすることがよくあります。

これの対処法として、飴をなめたり、飲み物を飲んだりすることが
あると思うのですが、なかなか防げない。

なので、今度はマスクでやってみようかと。

しかし、ふつうのマスクで効果があるのやら。
しめらせて使うのはまずいよなぁ。
[PR]
休日消化のため、11、12月は休みが多いのですが、

急にシフト変わって!とか、
半休とれば良いじゃんとか、
(朝から行って、はいさよなら、って
絶対できないのになぁ…)

と、言われるのは、
はい、としか言えないだけに腹が立つなぁ。
シフト決める前に、何で要望を聞いてなかったんだよう…。

自分がたくさん休むに当たって、
定時の人の休みが少なめになったりして、
そのせいで関係がぎくしゃくしたりしてます。

給料、いくら?とか、答えにくいから聞かないでほしい。(苦笑)

底辺には、同じ仕事をしているのに、なんで?
という気持ちがあるんだろうし、
私自体、定時社員の人と、
そこまでの仕事量の格差が今の所はない。
(休日出勤とか、サービス残業くらいか)

立場で悩むことが多いです。

甘いのは分かってるけど、社員を辞めたくなる。
風当たりが上司からも同じ職場の人からも強いから。

今出来るのは、この環境を少しでも変えて行くこと。
変更してほしい、と伝えられるのは社員にしか、
言いにくいと思うので。
それを休日にしないといけないのが、またくやしいけど。

給料の差はサービス残業の差だなんて、
言わないで欲しい。
[PR]
皆さんはもう、行きましたか?
私は開店当日、仕事に行く途中に一階だけ見ました。
お目当ては、i-zacというレディスのお店です。
結婚式に行くことになり、その日だけでなく、
ちょっとしたよそ行きになりそうな服を探しているのです。

フリーペーパーに載っていたので、
そのお店のワンピースを目指して行ってみましたが、
いかんせん、すぐ仕事なので、試着することもできず、あきらめました。
分類は、きれいめカジュアルでしょうか。
1週間くらいセールしてくれていると、いいんだけど。

追伸。
おばさまたちが、お祝いのお花をたくさん引っこ抜いている場面に遭遇。
なくなった方が繁盛する〜みたいな迷信があったような、なかったような。
ユニクロにフリースを買いにいきたいなぁ。
[PR]