夜がおにぎりだったので、モーニングは豪華に。イノダコーヒ本店へ。

b0070756_227472.jpg


たしか京の朝食という名前だったような。ジュースもついています。

京野菜のサラダとパン、コーヒーというセットもあったのでそちらにも惹かれましたが
初めてなのでスタンダードなメニューにしました。

九時近くだったのでテラス席はいっぱいということで
一階の左手にあるメモリアルの間(部屋?)へ通してもらいました。
谷崎潤一郎さんの写真などが飾ってありました。

b0070756_228022.jpg


レジの近くにはお土産に良さそうなコーヒー豆やお店の名前が入ったグッズなどが
たくさんありました。コースターと豆をお土産にしました。


イノダコーヒのサイトへ



朝食を済ませた後は地下鉄の東西線に乗って東山へ。
歩いて10分くらいで美術館などが見えてきます。
今日はもう少し先まで歩いて
平安神宮へ。


応天門。
b0070756_2281420.jpg



中央が大極殿。
b0070756_2283353.jpg


大極殿の向って左手の方から神苑という広いお庭に入ることができます。(六百円)

神苑のページへ

b0070756_848859.jpg


今の季節は睡蓮が見ごろでした。
b0070756_8465537.jpg


b0070756_22122685.jpg




泰平閣。橋のようになっていて渡ることが出来ます。

b0070756_22938.jpg




平安神宮を出た後は、ちょっと戻って
京都市美術館
バルテュス展へ。(2014/9/7まで)

b0070756_2291749.jpg


(美術館入り口のコインロッカーは少ないですが、展覧会会場のチケット売り場から会場までの部屋の隅に
コインロッカーが設置してあるので、そちらを使うと良いかもしれません)。

バルテュスはちょっと変わったポーズの絵を描く画家のイメージでしたが、
その変わったポーズを描くためにたくさん習作を描いて『型』を作っていったんだなぁというのが
分かるような展覧会でした。

本を読む女の子の絵が後ろの背景込みでいいなぁと思いました。(ポストカードはなく、残念。)

会場の最後に篠山紀信さんが撮ったバルテュスのパネル展示があって、
着物姿のバルテュスや若い女性の(たぶんモデルさん)の強い視線の写真がカッコよかった。


お土産コーナーは色々グッズが揃っていて、
バルテュスも好きだというスイスのメレンゲの焼菓子と泥絵具の小瓶を買ってみました。
外は硬いのに口に入れると数回かむ間に溶けてしまう優しい甘さのお菓子でした。

泥絵具は今度水で溶かして遊んでみます。

b0070756_093093.jpg



そして市美から歩いて五分~十分くらいで
細見美術館へ移動。
b0070756_2292849.jpg


中央の庭を囲むように建物が建っており、展示室と外の階段を行き来しながら作品を見ます。
庭の上には屋根があるので明るいけれど日差しは強くなく、グランドピアノまで置いてありました。
演奏を見ながらレストランでご飯を食べられる日があるのかもしれません。


今開催中なのはコレ!

『デミタスコスモス -宝石のきらめき★カップ&ソーサー』
会期:2014年 7月8日(火) - 9月28日(日)



夫婦のコレクターの方が集めたデミタスカップのコレクションです。
作品を購入する時は二人で決めるそうで、ほほえましい感じがしました。

鳥の柄、花柄、透かし彫りの作品など色々ありました。

透かし彫りのカップとソーサーはライトに照らされて穴の影が出来るのが素敵でした。
あれで飲めたのかな・・・?二重になっているか確かめれば良かった!

このカップを作っているところのメーカーのキャプションに、
「薬剤師と外科医が磁器製作所を設立」という一文があって何だか色々想像が掻き立てられました。

一体どういう理由があって設立したのか?この二人はどういう関係なのかがすごく気になるとこです。
図録にも詳しく載ってなかったので調べてみないとなぁ。

和雑貨がたくさんあるミュージアムショップに未練たらたらでしたが、
なんとか離脱。




そして帰路へ着きましたとさ。おしまい!

ここまでお読み下さりありがとうございました。
[PR]
おやつ兼お昼を食べて、烏丸御池から四条烏丸駅へ。


NPO法人四条京町家
三百円で見学することができます。(お盆、年末年始、水曜休)

一階の台所。蛇口から井戸水が出ているのを触らせて頂きました。

b0070756_14584653.jpg


b0070756_1420325.jpg



二階の和室。
b0070756_1421316.jpg




京町家からさらに歩くこと数分。
ガイドブックに載っていた和菓子の写真が可愛くて訪ねてみました。

亀屋良長



そして今日のホテルへ向うべく、また烏丸御池へ向いました。
ホテル近くの銭湯。

 京都 玉の湯




夕飯をおにぎりとうどんで軽くすませて京都の七夕イベントへ。
(19時から21時半)

詳しくはコチラ。
京都の七夕
2014/8/11まで



鴨川の会場と堀川会場とあるのですが、
堀川会場のほうに行ってみました。
二条城のプロジェクションマッピングを見て、二条城側から堀川今出川のほうへ北に向って一方通行で
たくさんの人に流されながら歩いて行きます。
道すがら七夕らしい展示を見て回り地下鉄の一駅分くらいを歩いてしまいました。

b0070756_14465262.jpg


b0070756_14462989.jpg


b0070756_8325412.jpg


b0070756_8331661.jpg


b0070756_14473568.jpg




堀川会場のメイン場所からすぐのところに晴明神社が。
(七夕期間だけ開館時間が延長しているようです)

b0070756_1449578.jpg


七夕イベント限定のおみくじつきお守りもありましたが、シンプルな厄除けおまもりにしました。




1日目はこれにて終了~。
[PR]
数か月ぶりに二連休を頂いたので京都にいってきました。やっほう!

夜行バスで九州を出て、朝8時ごろに京都駅に到着。
アスファルトがもうすでに熱く、寝不足の私を熱風が歓迎してくれました。

モーニングを食べたあと、地下鉄の烏丸今出川駅からバスに乗り、菅公をお祀りした神社の総本社へ。

北野天満宮

b0070756_9264396.jpg


b0070756_946815.jpg


大福梅の土用干し中でした。
境内には梅干しの香りが漂っていて、思わずつばをごくりと飲み込みました。


北野天満宮をぶらぶらした後は民家の間、車一台分くらいの路地を歩いて十分程度いくと、
左手に千本釈迦堂の文字が見えてきます。門をくぐると本堂が見えてきます。


千本釈迦堂 大報恩寺
みどころのページへ。


b0070756_10122522.jpg


本堂は京洛最古の国宝建造物で、鎌倉時代から創建当時のまま残っている貴重な建物だそう。
そんなに古くは見えないな~などと思いながら、しばし八百年前の建物とご対面。

拝観料の六百円を払うと、お堂の中と霊宝殿の中に入ることが出来ます。
靴を脱いでお堂へ上がると、床が地面からだいぶ離れているせいか、そこまで暑くありません。
入り口の戸も奥にある戸も開け放たれているので風が通り抜けるので蒸さないのでしょう。

お堂を見て回ったら、霊宝殿へ。
ガラガラガラと引き戸を開けると、冷気が待ってる!
と思いきやそんなことは無く、外よりは涼しいかな?と思える程度で少しカビくさい香りがいたしました。
木でできたものが多いので、乾燥を防ぐためにエアコンをガンガンつけるわけにはいかないのでしょう。
・・・・・・ついてたら嬉しいけど。


快慶晩年の作の十大弟子像は一人ずつそれぞれ違った表情や体つきをしていました。
目犍連(もっけんれん)の顔のしわやあばら骨が浮かび上がっている様子なんてとても
リアルに彫られています。


定慶の六観音像(聖、千手、十一面、馬頭、准胝、如意輪)
運慶の次男ではないかと言われている定慶の作だそう。
六観音がこんなにきれいな状態で残っていて、六体並んでいる姿は稀(まれ)だそうで、
たしかに他のお寺でこんなふうに並んでいるのを見たことがないなぁとまじまじと見る。

どれも手抜きなしでそれぞれ素敵な仏像なのですが、体の前に腕がかぶらない十一面観音の
衣のひだがとくに綺麗だなと感じました。
他の仏像のひだも雑ではないのですが、
ポーズの方を目立たせるために敢えて控えめにしているような気がしました。

大報恩寺、寺宝・文化財のページへ。



満喫した後は、ここから二十分くらいの和菓子屋さんへ。

UCHU wagashi

ミント、ドローイング、アニマルが可愛くて。通販サイトへ


てくてくとスマホのアプリを頼りに歩いたものの、どうみてもただの民家で
整体院の方に道を教えてもらって五分くらい引き返す。
そして目的地に着いたところ、な、なんと臨時休業中。

暑い中、精神的にもかなりの大ダメージだ。
サイトを直前にも確認しておけばよかったなぁと自分にダメ出ししてバスに乗り、今出川駅に戻る。

そして昼ごはんを求めて烏丸御池駅へ。



お目当てはココ。

『大極殿 甘味処 栖園(せいえん)』

どうしてもお店の公式サイトが見つからないので
すごく詳しく紹介されているサイトさんのところへ。『京都旅楽【たびたの】』さん栖園のページへ

毎月味が変わる琥珀流しという寒天の涼菓子で、
八月は冷やし飴の蜜にしょうがが刻んだものがトッピングされている珍しいものでした。

b0070756_13154241.jpg



栖園に行く途中にあった都会のオアシス。
六角堂

b0070756_1317459.jpg

[PR]
アメリカの五大湖周辺にある都市、クリーブランドにある日本美術をたくさん収蔵している
美術館の展示だそうで、九州国立博物館におでかけしてきました。(2014/8/31まで)

お目当ては
河鍋暁斎の『地獄太夫図』

b0070756_23535077.jpg


着物の柄に閻魔様や布袋様、恵比寿様などが描かれていて綺麗です。
後ろの屏風には夜空に浮かぶ月と植物。
細かい描き込みが見たくて、ついクリアファイルを買ってしまいました。
暁斎はいろんな絵を学んだ方なので、その技術がぎゅぅぅっとこの絵に詰まっているのかもしれません。
河鍋暁斎記念美術館「河鍋暁斎とは」のページに飛びます




『蘭亭曲水図』曽我蕭白

b0070756_2322453.jpg


サインペンで描いたようなくっきりとした黒い線が各所にある面白い山水画。
最近の人が描いたのよと言われても違和感がないかも。



『福冨草紙絵巻』
b0070756_23572818.jpg


おならの芸で財をなした人からコツを聞いて、有名になろうとした男性のお話。
聞いたコツが「嘘」だったため、偉い方の前で芸を披露した主人公はひどい目にあい、
奥さんが嘘を教えた人に復讐をする・・・・・・というところまで展示してあったのですが、
その後どうなったのだろう?


雪村周継の『龍虎図屏風』は照明の明暗が1分間の内に変わっていく展示がしてありました。
b0070756_1028132.jpg

龍の顔の白さは暗い中でも目立ちます。
明るくなり始めると、黒く描かれた龍の一部分が闇から浮かび上がって来るようでした。


会場の終わりの方には西洋絵画が数点。
最近よく見るアンリ・ルソーの絵もありました。《虎とバッファローの戦い》
もう終わってしまいましたが石橋美術館にもこちらとは別の絵が飾ってありました。
《イヴリー河岸》という風景の絵でしたが、塗り方や描き方でルソーでしょ?って分かる不思議・・・・・・。



4階の文化交流展示室で、トピック展示が失礼ながら意外と面白かったのでご紹介。
『全国高等学校考古名品展』(2014.9.23まで)

高校考古学といって、高校生が地域の歴史を調べたり、遺跡を掘ったりするらしく、
各校が持っている出土品も展示してありました。

十年以上前の部活の活動報告書の後書きのページに後輩へ託す言葉に
「もうちょっと地域の考古学に関心を持とうよ!」みたいなことが書いてあって
熱いなぁ!高校生って良いなぁ!と思ったり。

自分たちで昔の道具を作って使ってみるという実験考古学が面白そうでした。
4人で4時間かけて勾玉に穴を開けた末の勾玉の展示など。

最後の方には福岡の高校生が糸島の信仰について調べた発表の展示もあって
部活として面白いかもなぁなんて思いました。

考古学ブームがあって「考古ボーイ」なんて言葉もあるとは全然知らなかったので、
特別展のあとに少し覗いてみると新たな発見があるかもしれません。




九州国立博物館のぶろぐるぽに参加しています。
(文中の写真はそちらから提供を受けています)
[PR]
最近、週に一度マンガを10冊レンタルするのがマイブーム(死語?)になってきました。
何で10冊かと申しますと、まとめて借りると400円と大変お得になるからでありました。
塵も積もれば山となる・・・・・・という言葉はさておき、
もともとは『弱虫ペダル』を借りようとお店に行ったのですが、全巻揃っていることはまれなので
10冊に近付けるべく興味のあるものを片っ端から借りていっている状態です。

続きを読む
[PR]
JR博多シティ9階のJR九州ホールで開催中のアートアクアリウム展に行ってきました。
(2014年5月11日まで)

金魚が展示されるってどんなだろうと思い、行ってきました。
暗いお部屋の中、音楽や映像が流れ、泳ぎ回るたくさんの金魚たち。

明かりの色が変わるので同じ展示でもじーっと立ち止まってしまいます。

b0070756_9315117.jpg


b0070756_932796.jpg


b0070756_9322773.jpg


b0070756_9324583.jpg


会場内は広い部屋と狭い廊下のような通路に展示があります。
廊下の方は珍しい金魚を間近に見られます。 

場内はフラッシュなしでの撮影が可能なので、通路側の展示は大変込み合っておりました。
G.Wはご覚悟を!


【追記】
友人の話を聞いたところ、
広い部屋の方は階段上に作品が展示されているので、階段を上り下りできない方の場合は
遠くからしか見られなかったそうで・・・・・・。スロープがあると良かったなぁ。



2014年4月29日まではJR博多駅前広場で九州バラ祭りも開催中~。
バラをその場で買ったり眺めたり、飲食コーナーも少しありました。

b0070756_9111154.jpg

[PR]
1月に行った夜の金沢21世紀美術館

b0070756_2312268.jpg

外側だけしか見られないと思ったら、館内の交流ゾーンには22時まで入ることができました。
お客さんが少ないので夜の美術館に忍び込んでいる気分でわくわく!

b0070756_2226079.jpg


b0070756_22253886.jpg



b0070756_22262257.jpg


金沢城方面へ向う途中。カメラの設定をいじりつつ同じところをパシャパシャ。
b0070756_22264459.jpg


b0070756_2227121.jpg


b0070756_22273162.jpg


兼六園の名勝とベンチ。兼六園のサイトへ


b0070756_22285261.jpg


b0070756_22291265.jpg


b0070756_22292992.jpg


b0070756_2229459.jpg


b0070756_223075.jpg



b0070756_22302669.jpg




翌朝、また21世紀美術館へ。
常設展、特別展、ミュージアムショップも見ごたえありでした。
柿沼康二「書の道”ぱぁー”」展を見ました。
21世紀美術館には展示室の天井が高く、10メートルくらいある部屋もあり、
そのハコに応じた書の作品は大きくて迫力がありました。



b0070756_22305066.jpg


b0070756_22311980.jpg


b0070756_2231329.jpg


ランチはコースが何種類かあり、前菜取り放題のフュージョンランチにしました。(レストランのサイトへ
バイキングのおかずの種類が充実していてメインが来る前にお腹が満たされます。
五郎島金時というさつまいものポタージュなど地元の野菜も食べられて満足。
飲み物やデザートまでがっつりたいらげました。


b0070756_22321351.jpg


b0070756_22323093.jpg


尾山神社。
ステンドグラスが使われている珍しい門。
b0070756_22325115.jpg



b0070756_2233474.jpg


前田利家公。
母衣(ほろ)を背負っている像。だるまかと思った。

以下公式サイトより引用。

【母衣「ほろ」について】

母衣(ほろ)は、日本の軍装の一種。幌・保侶とも書きます。
元来は平安時代末期に生まれた懸保侶(かけぼろ)という補助防具で、
流れ矢を防ぐ為に、鎧の背にかけた布の事を言います。

騎馬戦闘が廃れた室町時代辺りから、風に膨らんだ形を示す為に、
竹串、クジラの骨類、ひげ等を骨組みに入れるようになり、これを母衣と呼び、
装飾具、指物の一種となりました。

武士の組織化が進んだ戦国時代には、赤、黄など目立つ色で着色されて
敵味方に識別しやすい母衣は、大名の精鋭の武士や、本陣と前線部隊の間を行き来する使番に
着用が許される名誉の軍装として使われることもあり、母衣衆と呼ばれました。

織田軍団の母衣衆は、佐々成政を筆頭とした10人の黒母衣衆と、
前田利家を筆頭とした9人の赤母衣衆とで、合計19名で構成されていました。

引用終了。



b0070756_22331856.jpg



さいごはお弁当を買って帰宅。
金沢駅にはメジャーなお土産やさんはほとんどあるようなので
1時間ぐらい見る時間を取っておくべきだな~と思いました。
また行けますように!
[PR]

やってきました金沢駅!
鼓をイメージした門がお出迎え~。
b0070756_10284940.jpg


昼は駅からバスで5分くらいの近江市場へ。
野菜や鮮魚を扱うお店がたくさんありました。

お昼は回転ずし。
いったいどうやったらお寿司の色をきれいに出せるのだろう??
b0070756_22102373.jpg


b0070756_1443551.jpg


人呼んで忍者寺の妙立寺。内部撮影不可のため入口のみ。
1時間くらいかけて中の仕掛けを説明してくれます。事前に予約が必要。
ガイドさんがいないと迷子になりそうでした。
b0070756_10311218.jpg


西茶屋街。
b0070756_14433220.jpg


b0070756_14441178.jpg



繁華街へ行く途中の橋。

b0070756_14444826.jpg


b0070756_14454518.jpg

[PR]
東京国立博物館東洋館(アジアギャラリー)に行きました。

ここはなんと地上5階、地下1階までが展示室!
ロビーの案内図を見て「博物館のデパートだ!」と思わずにいられませんでした。

東洋館は2013年1月2日(水)にリニューアルオープンしたそうで
「東洋美術をめぐる旅」をコンセプトに、中国、朝鮮半島、東南アジア、
西域、インド、エジプトなどの美術と工芸、考古遺物を展示しています。


1階は中国の仏像、2階はガンダーラの彫刻、3階は中国の青銅器、
4階は中国の絵画や書、5階は中国の工芸と朝鮮の美術、
地下は東南アジアの彫刻などがありました。

館内にはエレベーターがあるので1~5階を見た後に、
エレベーターに乗って地下まで下りて見て回りました。


博物館は展示物が多くて見て回るのに苦労するんだろうなぁと、ちょっと身構えておりましたら
意外と見やすくてびっくりしました。

吹き抜けのある造りで解放感があり、フロアごとの面積は広いもの狭いものとあるので
最初から最後まで根を詰めて見るということがなく、適度にリラックスして見ることができます。

ワンフロアがパッと見渡せるように柱や壁があまりないお陰で、
あとどのくらい見るものがあるのかというのが瞬時に分かるのも心理的に楽だなと思いました。

最近のデパートなどもこの方法を使っているところが増えてきたので、
そういう効果を狙っているのでしょうか。

展示物は色々素敵なものがありすぎたので、メモしたものをいくつか並べてみます。

1階の「浮彫十一面観音龕」・・・細部まで丁寧に彫ってあって優しい印象の仏像。

2階のラジュヴァルト(青藍色)の陶器。
全体的に青いのだけども白っぽいもやのようなものがかかっているように見える。
ルドンの青のような雰囲気の壺でした。

4階の楊渭泉(よういせん)の「錦灰堆」(きんかいたい)
水墨画かなと思って掛け軸に近寄って見ると、書や絵のコラージュでした。斬新!

趙之謙(ちょうしけん)の「花卉図」
4点並んだ墨で勢いよく描かれた花や枝の作品。勢いのある花卉って面白い。

5階の「犀角蓮華」サイの角で蓮の花を透かし彫りした作品。蓮の茎や花がまるで花束のよう。
角の形を活かした作品だなと思いました。18Cごろの制作。

地下ではインドの細密画という分野を初めて見ました。
インドの絵画と言うと色も形もインパクトのある仏教美術しか思いつかないのですが、
細密画は雰囲気が落ち着いていて、そのギャップに驚きました。


満喫して外に出るとレストランは満員。
博物館前の広い公園にはお弁当を持ってきてご飯を食べている家族連れがたくさんいました。
10時ごろは誰もいなかったのに!

上野駅の中のカフェでなんとか昼ご飯を食べ、またてくてく開始です。





(これにて3月の東京旅はおしまいです。
また上京して色々な所に行けるといいなぁ。求む、素敵な美術館・建物情報!デス)
[PR]
今日は朝から三菱一号館美術館の
「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900」展へ行きました。
(2014年5月6日まで)

ラファエル前派のすぐ後の時代の展覧会で、昨日見た画家の名前もちらほら目にします。
(ロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスなど)

会場内は「唯、美しく」ということでフォルムや色彩の美を追求した作品が並びます。

なかでもパンフレットの表紙を飾るアルバート・ムーアはその代表のようで、
きれいな形と素敵な色だなと素直に思える作品が多かったです。

《開いた本(『音読』のための習作)》という作品では
ピンクの半袖のカットソーの袖口から重ね着しているグレーの長袖のカットソーが覗いていて、
現代でもすぐに真似できそうな洋服の女性が椅子に座っています。

背もたれに肘をついた右手で頭を支え、右足は立てつつ、左足は床に近付けるように寝せる
というポーズを日常生活ですることはたぶんないでしょうが、
人物に動きがあるので纏っている布にたくさんのひだが出来て、
色や柄とともに見る人に心地良さを与えるのかもしれません。


展覧会のグッズコーナーではイギリスで人気のお菓子や紅茶なども販売されていて、
英国の方がよく飲むブランドの紅茶とハリー・ポッターが好きなチョコというのを買ってしまいました。

・・・・・・まだもったいなくて開封していません。


旅はもう少しつづきます。
[PR]