<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

歴史は詳しくないのですが、物には興味がある、ということで、
九博の『戦国大名 九州の群雄とアジアの波涛』展(2015.5.31まで)に行ってきました。
平日の午前中のせいか学生さんの団体や大河や歴史好きの年配の方が多い印象でした。


最初の方のパネルで九州の戦国大名の勢力図が展示されていて、
島津や大友宗麟の力はすごかったのだな~、短い間にいろんな動きがあったのだなぁ~と
いうのが分かりました。

カタナ女子ではありませんが、某オンラインゲームをしているとついつい刀に目がいってしまうもので、
ゲームに出てくる名前の刀ではありませんが、
粟田口の短刀の他に脇差、太刀、薙刀をじっくりと鑑賞しました。

カミナリを真っ二つに切ったという「雷切」に某有名忍者少年漫画が大好きな同行者も、
興奮しておりました。


島津の太刀の刀装がなんともカッコ良かった。
柄の部分に島津の家紋のボタンのようなかざり(七宝?)をこれでもか!とちりばめているのに
全体のバランスがいいので素敵だなぁ~と思いました。
実際に使ったのかは気になるところです。


刀以外にも茶入や鎧兜、ふすまなども展示されており、九州の権力者たちが持っていた物を色々と
眺めることが出来る展覧会でした。

小西行長所有の象牙を薄く加工して貼りつけた「梅花皮写象牙鞍」も素敵でした。
目を凝らしてもつなぎ目が見えなくて、表面がとっても滑らかなのが不思議でじっとみてしまいました。



7月からの大英博物館展のチラシをもらって楽しみにしながら九博を後にしました。


そして帰宅後ぶろぐるぽに寄せられた記事を読んで知ったのですが、

中世刀剣の美
- ふくやま美術館寄託「小松コレクション」と九博の名刀 -

5月19日から6月28日まで
4階文化交流展示室 関連第9室にて展示』もあるとか。


追記

後日、こちらを見にまた九博へ行って参りました。
刀のどこを見たらいいのか分からぬものの、刃文に違いがあるというのに注目してみました。
まっすぐなものや、波のようなものなどさまざまありました。
切れ味に違いはあるのかなぁ。

拵(こしらえ)もシンプルな物などさまざまあって、そんな中での
特別展で見た島津の太刀の島津推しっぷりはやはりすごいんじゃないかな
・・・などと思ったのでした。




九州国立博物館のぶろぐるぽに参加しています。




b0070756_8494864.jpg

天満宮のおみくじの色が初夏らしい緑色でした。

b0070756_8503917.jpg

ミュージアムショップに某ゲームで話題のバームクーヘンがあったので
展覧会会場出口のお土産コーナーで購入した本と一緒に。


b0070756_8512165.jpg

展覧会前に天満宮の裏の天開稲荷で商売繁盛祈願してきました。
行くまでに汗だくでした。ひ~。
[PR]