<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夜がおにぎりだったので、モーニングは豪華に。イノダコーヒ本店へ。

b0070756_227472.jpg


たしか京の朝食という名前だったような。ジュースもついています。

京野菜のサラダとパン、コーヒーというセットもあったのでそちらにも惹かれましたが
初めてなのでスタンダードなメニューにしました。

九時近くだったのでテラス席はいっぱいということで
一階の左手にあるメモリアルの間(部屋?)へ通してもらいました。
谷崎潤一郎さんの写真などが飾ってありました。

b0070756_228022.jpg


レジの近くにはお土産に良さそうなコーヒー豆やお店の名前が入ったグッズなどが
たくさんありました。コースターと豆をお土産にしました。


イノダコーヒのサイトへ



朝食を済ませた後は地下鉄の東西線に乗って東山へ。
歩いて10分くらいで美術館などが見えてきます。
今日はもう少し先まで歩いて
平安神宮へ。


応天門。
b0070756_2281420.jpg



中央が大極殿。
b0070756_2283353.jpg


大極殿の向って左手の方から神苑という広いお庭に入ることができます。(六百円)

神苑のページへ

b0070756_848859.jpg


今の季節は睡蓮が見ごろでした。
b0070756_8465537.jpg


b0070756_22122685.jpg




泰平閣。橋のようになっていて渡ることが出来ます。

b0070756_22938.jpg




平安神宮を出た後は、ちょっと戻って
京都市美術館
バルテュス展へ。(2014/9/7まで)

b0070756_2291749.jpg


(美術館入り口のコインロッカーは少ないですが、展覧会会場のチケット売り場から会場までの部屋の隅に
コインロッカーが設置してあるので、そちらを使うと良いかもしれません)。

バルテュスはちょっと変わったポーズの絵を描く画家のイメージでしたが、
その変わったポーズを描くためにたくさん習作を描いて『型』を作っていったんだなぁというのが
分かるような展覧会でした。

本を読む女の子の絵が後ろの背景込みでいいなぁと思いました。(ポストカードはなく、残念。)

会場の最後に篠山紀信さんが撮ったバルテュスのパネル展示があって、
着物姿のバルテュスや若い女性の(たぶんモデルさん)の強い視線の写真がカッコよかった。


お土産コーナーは色々グッズが揃っていて、
バルテュスも好きだというスイスのメレンゲの焼菓子と泥絵具の小瓶を買ってみました。
外は硬いのに口に入れると数回かむ間に溶けてしまう優しい甘さのお菓子でした。

泥絵具は今度水で溶かして遊んでみます。

b0070756_093093.jpg



そして市美から歩いて五分~十分くらいで
細見美術館へ移動。
b0070756_2292849.jpg


中央の庭を囲むように建物が建っており、展示室と外の階段を行き来しながら作品を見ます。
庭の上には屋根があるので明るいけれど日差しは強くなく、グランドピアノまで置いてありました。
演奏を見ながらレストランでご飯を食べられる日があるのかもしれません。


今開催中なのはコレ!

『デミタスコスモス -宝石のきらめき★カップ&ソーサー』
会期:2014年 7月8日(火) - 9月28日(日)



夫婦のコレクターの方が集めたデミタスカップのコレクションです。
作品を購入する時は二人で決めるそうで、ほほえましい感じがしました。

鳥の柄、花柄、透かし彫りの作品など色々ありました。

透かし彫りのカップとソーサーはライトに照らされて穴の影が出来るのが素敵でした。
あれで飲めたのかな・・・?二重になっているか確かめれば良かった!

このカップを作っているところのメーカーのキャプションに、
「薬剤師と外科医が磁器製作所を設立」という一文があって何だか色々想像が掻き立てられました。

一体どういう理由があって設立したのか?この二人はどういう関係なのかがすごく気になるとこです。
図録にも詳しく載ってなかったので調べてみないとなぁ。

和雑貨がたくさんあるミュージアムショップに未練たらたらでしたが、
なんとか離脱。




そして帰路へ着きましたとさ。おしまい!

ここまでお読み下さりありがとうございました。
[PR]
おやつ兼お昼を食べて、烏丸御池から四条烏丸駅へ。


NPO法人四条京町家
三百円で見学することができます。(お盆、年末年始、水曜休)

一階の台所。蛇口から井戸水が出ているのを触らせて頂きました。

b0070756_14584653.jpg


b0070756_1420325.jpg



二階の和室。
b0070756_1421316.jpg




京町家からさらに歩くこと数分。
ガイドブックに載っていた和菓子の写真が可愛くて訪ねてみました。

亀屋良長



そして今日のホテルへ向うべく、また烏丸御池へ向いました。
ホテル近くの銭湯。

 京都 玉の湯




夕飯をおにぎりとうどんで軽くすませて京都の七夕イベントへ。
(19時から21時半)

詳しくはコチラ。
京都の七夕
2014/8/11まで



鴨川の会場と堀川会場とあるのですが、
堀川会場のほうに行ってみました。
二条城のプロジェクションマッピングを見て、二条城側から堀川今出川のほうへ北に向って一方通行で
たくさんの人に流されながら歩いて行きます。
道すがら七夕らしい展示を見て回り地下鉄の一駅分くらいを歩いてしまいました。

b0070756_14465262.jpg


b0070756_14462989.jpg


b0070756_8325412.jpg


b0070756_8331661.jpg


b0070756_14473568.jpg




堀川会場のメイン場所からすぐのところに晴明神社が。
(七夕期間だけ開館時間が延長しているようです)

b0070756_1449578.jpg


七夕イベント限定のおみくじつきお守りもありましたが、シンプルな厄除けおまもりにしました。




1日目はこれにて終了~。
[PR]
数か月ぶりに二連休を頂いたので京都にいってきました。やっほう!

夜行バスで九州を出て、朝8時ごろに京都駅に到着。
アスファルトがもうすでに熱く、寝不足の私を熱風が歓迎してくれました。

モーニングを食べたあと、地下鉄の烏丸今出川駅からバスに乗り、菅公をお祀りした神社の総本社へ。

北野天満宮

b0070756_9264396.jpg


b0070756_946815.jpg


大福梅の土用干し中でした。
境内には梅干しの香りが漂っていて、思わずつばをごくりと飲み込みました。


北野天満宮をぶらぶらした後は民家の間、車一台分くらいの路地を歩いて十分程度いくと、
左手に千本釈迦堂の文字が見えてきます。門をくぐると本堂が見えてきます。


千本釈迦堂 大報恩寺
みどころのページへ。


b0070756_10122522.jpg


本堂は京洛最古の国宝建造物で、鎌倉時代から創建当時のまま残っている貴重な建物だそう。
そんなに古くは見えないな~などと思いながら、しばし八百年前の建物とご対面。

拝観料の六百円を払うと、お堂の中と霊宝殿の中に入ることが出来ます。
靴を脱いでお堂へ上がると、床が地面からだいぶ離れているせいか、そこまで暑くありません。
入り口の戸も奥にある戸も開け放たれているので風が通り抜けるので蒸さないのでしょう。

お堂を見て回ったら、霊宝殿へ。
ガラガラガラと引き戸を開けると、冷気が待ってる!
と思いきやそんなことは無く、外よりは涼しいかな?と思える程度で少しカビくさい香りがいたしました。
木でできたものが多いので、乾燥を防ぐためにエアコンをガンガンつけるわけにはいかないのでしょう。
・・・・・・ついてたら嬉しいけど。


快慶晩年の作の十大弟子像は一人ずつそれぞれ違った表情や体つきをしていました。
目犍連(もっけんれん)の顔のしわやあばら骨が浮かび上がっている様子なんてとても
リアルに彫られています。


定慶の六観音像(聖、千手、十一面、馬頭、准胝、如意輪)
運慶の次男ではないかと言われている定慶の作だそう。
六観音がこんなにきれいな状態で残っていて、六体並んでいる姿は稀(まれ)だそうで、
たしかに他のお寺でこんなふうに並んでいるのを見たことがないなぁとまじまじと見る。

どれも手抜きなしでそれぞれ素敵な仏像なのですが、体の前に腕がかぶらない十一面観音の
衣のひだがとくに綺麗だなと感じました。
他の仏像のひだも雑ではないのですが、
ポーズの方を目立たせるために敢えて控えめにしているような気がしました。

大報恩寺、寺宝・文化財のページへ。



満喫した後は、ここから二十分くらいの和菓子屋さんへ。

UCHU wagashi

ミント、ドローイング、アニマルが可愛くて。通販サイトへ


てくてくとスマホのアプリを頼りに歩いたものの、どうみてもただの民家で
整体院の方に道を教えてもらって五分くらい引き返す。
そして目的地に着いたところ、な、なんと臨時休業中。

暑い中、精神的にもかなりの大ダメージだ。
サイトを直前にも確認しておけばよかったなぁと自分にダメ出ししてバスに乗り、今出川駅に戻る。

そして昼ごはんを求めて烏丸御池駅へ。



お目当てはココ。

『大極殿 甘味処 栖園(せいえん)』

どうしてもお店の公式サイトが見つからないので
すごく詳しく紹介されているサイトさんのところへ。『京都旅楽【たびたの】』さん栖園のページへ

毎月味が変わる琥珀流しという寒天の涼菓子で、
八月は冷やし飴の蜜にしょうがが刻んだものがトッピングされている珍しいものでした。

b0070756_13154241.jpg



栖園に行く途中にあった都会のオアシス。
六角堂

b0070756_1317459.jpg

[PR]