<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レオ・レオニ展の前日、小雨の降るなか石橋美術館の『画家のことば』展に行ってきました。
(2013年12・27日まで)

この展覧会はコレクション展示のため「お、これは前にも見たことがあるぞ」という作品にたくさん
出会うことが出来ます。


前田青邨の風神雷神の絵には以前見たことがありましたが、
紅白梅の絵も画面いっぱいに描かれていて面白かったです。

たしか市立美術館で見たお風呂場の女の人たちの絵にも共通するように、
青邨は画面いっぱいを使って絵を描くのが得意なのかもしれません。

大きな画面にもいっぱい、小さな画面にもいっぱい。
ぎゅうぎゅうなのにリズムがあって活き活きとして画面の外へエネルギーが溢れ出そうです。

獅子図はいっぱいいっぱいな感じではありませんが、
親の脚にじゃれつく子獅子が元気で可愛い作品でした。


面白かったのは藤田嗣治が「なぜ女性と猫を一緒に描くのか」という質問をされたときのことば。

優しくすると大人しいが、機嫌を損ねると引っ掻かれる。
猫と女は一緒だから一緒に描く・・・・・・みたいな解答でした。
そういう目で絵を見ると藤田作品がまた違って見えそうな気がする。


坂本繁二郎の自画像を見ていると、意外とごつごつの顔で暗い色づかいで、
横に沿えてある言葉も芸術に対して一家言ありますというふうで
パステルカラーのほわほわした絵を描く人という認識から、
もしかしてよくよく考えると
このパステルカラーを貫くために人生いろいろあったのではないか・・・・・・?
などと想像をめぐらせてみたり。


絵とことばと、寒い中でも咲いているバラを見に、ちょっと遠出はどうでしょうか。
[PR]
おおう。九博の徳川家のチケットを無駄にしてしまった。

ぶろぐるぽのご褒美でもらった券だったのでまた行って記事を書こうと思っていたのに、
チケットをどこに置いたか忘れてしまったのである。

冷蔵庫の上に置いてあることに気付いたのは会期終了後だった。

自分の部屋が汚いので、無くならないよう分かりやすいところに置いていたのだ。
置いていたことをすっかり忘れていたけれど。
・・・・・・部屋以前に脳内の片付けが必要と思われる。


リバー・ウォークにある
北九州市立美術館の分館の『レオ・レオニ 絵本のしごと』展が面白かった。
(2014年2月16日まで)

レオ・レオニというよりスイミーの作者と言ったら分かりやすいかも。

原画を見ていると、絵だけではなくて紙を貼り合わせて、さらにそれに絵を描いたり
色を塗ったりしているのが分かる。
本になった状態よりも凹凸がはっきり見えるのが面白い。

どの話も色がカラフルで、細かい描き込みもすごくて、動物も色々いるけれど、
なんと言ってもネズミが可愛い。

絵本を読めるコーナでレオ・レオニさんの色んな作品が読めるのも良かった。

『フレデリック』・・・ネズミがたくさん出てくるお話。やる気がなさそうなのがフレデリック。
『マックマウスさん』・・・ある日、人間になってしまった都会のネズミが街を出て、外の野ネズミの社会へ。
『ペツェッティーノ』・・・ネズミが出てこないんだけれども、荒々しい波の表現が墨流しの技法と形で表わされていて見応えがある。


グッズコーナーは充実していて、なかなか出られなかった。
なんだかどれも可愛いのである。

結局迷ってポストカードにしたけども、汚部屋に余裕があればポスターを額に入れて飾りたいくらい、
ポスターのデザインも可愛かった。(同じ絵でも切り取り方が違うと違う作品のようなのだ)。


小倉の北九州漫画ミュージアムではエヴァ展もやっているので、
気になる方は12月27日(金)までに行くと良いかも。
[PR]