<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

暑すぎて暑すぎて、九博に行くようになって初めて、館内のカフェでジュースを飲んだ。
梅ジュースが1杯380円だった。

もう一杯飲みたいくらいだが、お財布の中身とエネルギーがなくなる前にえいや~!と腰を上げる。


「案」という低い机を見た。
文机のように脚を入れるスペースは無く、四角い天板が土台の木によって
地上から5センチ浮いているかいないかくらいだ。
どうやって使っていたのか非常に気になる。

文字を書くには不便そうだけど、湯呑とかを置いていたんだろうか。


唐以前まで椅子はあまり使われてなくて、
正座とかあぐらで床に座っていたらしい。

一体どこを調べたらそんな記述に当たるのだろう。

椅子って言葉が出てきた時代を調べるんだろうか?
そんでそれ以前に椅子という言葉が使われていなければ「椅子は使われてなかった」
っていう話になるんだろうか?・・・・・・気が長い調べ物になりそうだ。


九博の中国王朝の至宝展のおススメは、


b0070756_06195.jpg

「猿形帯鉤」(さるがたたいこう・ベルトのかざり(バックル)みたいなもの)
ベルトつきの複製のバックルが置いてあり、誰でもつけてみることができる。
猿の左手は穴に通すことが出来る。

つけてみた感じは、
ジーンズのベルトのように腰と平行にしっかり巻いて締め付けると言うよりは、
ブラウスの上からお洒落にたらりと巻く装飾品のよう。

実用じゃないものがもうこの時代(戦国・前3世紀)からあるんだなぁ!というのが新鮮だった。



写真は無いけれど唐の時代の「胡服女性俑」(こふくじょせいよう)という、
馬に乗ったりしやすいアクティブな「胡」の服を着た女性の人形が可愛かった。

同じ唐の時代なのに横にある別の女性俑はふくよかな感じ。
楊貴妃をまねてると書いてあったような。

女の人が好きそうなのは上の格好で、
男の人が「女性はこういうのが美人だよね」っていう理想がふくよかなほうなのかな。




b0070756_05233.jpg

並んでいるとなにかの生き物のよう。




b0070756_05557.jpg

牛の体のでこぼこしたところがすごくリアル。すごく身近にいたんだろうなぁ。



b0070756_03110100.jpg

「龍」
二体の龍が重なり合って尾のところに柱を通してあった。今でいうオブジェ?
写真で見るより大きいので、こういうものが建物の柱の周りにあったらさぞ存在感があっただろうな~と
思う。





九博のすぐ外に出たところにあるレストラングリーンハウスで
15時半から17時までの間の喫茶の時間に
リコッタチーズのパンケーキが食べれるらしい。(この時間帯以外にも食べれたらごめんなさい!)

15時過ぎから展示を見始めたから食べれなかったけど、また機会があればトライしてみたい!



写真は九州国立博物館のぶろぐるぽからお借りしています。
「ぶろぐるぽ」に参加しています。
[PR]
長崎県美術館の『アントニオ・ロペス』展(H25年8月25日まで)に行ってきました。


普段は日曜が休みじゃないので人の多い日は行かないのですが、
この日を逃すと行けそうになかったので、えいや!と高速バスに飛び乗りました。

途中大雨に見舞われたりしましたが、12時過ぎに無事到着。
昼ごはんを食べようとお店に入り、バスのチケットをちらりと確認してみたら
頼んだはずの「3時18分」じゃなくて
「13時18分」になっている!

慌ててバス会社に連絡して変更してもらい事なきを得ましたが、食べるタイミングを失い、
近くのカフェやレストランはどこも待たねば食べられなさそうだったので
今回は昼抜きで長崎県美へ。

ロペス展以外の催しもやっているらしく、館内は人が多い感じですが、
展覧会はわりと混まずに見ることができました。


写真と見まちがえるほどの写実に惹かれてやってきましたが
最初からそうではなく、
美術学校に在学中は写実以外の作品で、
20代後半から写実へ重きがおかれるようになったようです。

でもでも写実ではあるけど、制作方法にこだわりがあって、
1年のうちの●月●日だけ描く、とか、朝の光だけ、昼の光だけ使いたいと言って描くので
1枚の絵を描くのに時間がかかるので、動かない建物の様な物でもだんだんと街並みが
変わってくるわけで・・・・・・。

写真の様であるけれど、実はどこにもない風景なのかもしれない。

《バリェーカスの消防署の塔から見たマドリード》


長女のマリアをモデルにした作品はあるのに二女をモデルにした作品がないのは
アルバムの写真が長女より次女のほうが少ないことと同じかなぁ。
妻と孫をモデルにした作品もあるのに!
描かれていないのではなくて、この会場にないだけだろうか。

《マリアの肖像》・・・鉛筆でこの質感はすごい!

ロペスは絵だけでなく彫刻もするので、会場の出口近くに彫刻の模型と実際の彫刻の映像が
見られるコーナーがありました。

屋外に置く彫刻は大きくなくてはいけない。なぜなら自然の中では小さく見える、みたいな
ことを言っていて、なんだかなるほどな~と思いました。

ロペス以外の彫刻作品を思い浮かべて、その大きさに納得。
街路樹だって3メートル以上あるもんなぁ。
屋外の彫刻が大きいのは自然基準なんだな~。


考えもしなかったことを気付かされてちょっと嬉しくなった展覧会でした。
[PR]