<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「大英博物館古代エジプト展」福岡市美術館(終了)

終了間際だったせいか平日なのにすごい人出でした。
「死者の書」はエジプトの人の死後の世界を描いた書物で、死んでまた生まれ変わって来るために
どんな困難が待ち受けていて、それに対する対処法はこういうものがある、というのが細かに書かれていました。

いきなり作品を見せるのではなく、絵と解説を見せて本物を展示するというスタイルだったので、
見どころが頭に入っているうちに本物を見れたのが良かった。
ヘビを避ける呪文とか、ワニを避ける呪文とか、エジプトっぽいのがいい。

生まれ変わったら、ナイルのほとりの肥沃な土地で自分の代わりにお人形(シャブティ)が農作業を
して自分はゆっくりと暮らす、というのが書物のラストで、
なんだか共感するところがある。

お墓にその人の魂が宿る、みたいに考える所もなんだか日本と近いかも?
(最近の日本人は風になってしまって、お墓にいないかもしれないけど)



『フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活』長崎県美術館 平成24年12月24日まで。


名前は忘れてしまったが、スキー板を履いて、一列になってどこかへ向う人の絵が面白かった。
帰宅する人だったか。

その土地の人にしたら、いつもの風景なんだろうけど、
そんないつもの風景を面白いと思って画家が描いたことが面白いなぁと思った。

常設展の陶器の作品は以前も見たのに、フィンランド展を見た後に見ると、
カイ・フランクが森正洋さんに与えた影響みたいなものを見ることができて面白かった。

(森正洋 「フィンランド・デザインとの関わり」は 12月9日まで)

おしゃれで使いやすいものに囲まれる生活なんて憧れるなぁ。
[PR]
10月25日(木)奈良 1日目

奈良国立博物館 なら仏像館

昼ごはん

浄瑠璃寺(9体の阿弥陀如来像・吉祥天立像(秘仏))

興福寺 東金堂・国宝館


10月26日(金)奈良2日目

薬師寺 金堂(薬師三尊像)東院堂(聖観世音菩薩立像)大宝蔵殿
   
唐招提寺 金堂(盧舎那仏坐像・千手観音立像)・宝蔵

西大寺 愛染堂(愛染明王坐像(秘仏))・本堂・四王堂・聚宝館

昼ごはん

法華寺(十一面観音立像(秘仏))

海龍王寺(十一面観音立像(秘仏))

平城宮跡

帰宅


11月8日  奈良1日目

吉野 金峯山寺(金剛蔵王権現立像(秘仏))

東大寺ミュージアム(不空羂索観音立像)

奈良国立博物館 正倉院展・ミュージアムショップ・なら仏像館


11月9日 奈良2日目

秋篠寺

大和文華館

昼ごはん

神戸市立博物館

帰宅


記事をランダムに書いているので、どんな行程だったか記録しておくために書いてみました。
一回目の奈良旅の二日目がテラテラテラテラ・・・・・・で笑いました。

るるぶを参考に時間に余裕を持って拝観できたので行程から想像するほど駆け足感はなかったです。
出発前に乗り換えを調べるのにはかなり時間を割きました。

今回仏像を見て面白かったのは十二神将や不動明王と脇侍などの群になっている像でした。
十二パターンの動きや表情を考えるというのは、大変なことに思うのです。
なら仏像館の十二神将はとくに猿がよい味を出していて、
通路を挟んで向かい側の十二神将と比べてみるのも面白いなぁと思いました。

室生寺から出張中の辰神と未神も必見です。

不動明王や愛染明王は単独でもカッコイイ仏像ですが、
今回は脇侍の童子たちって、けっこうカッコイイんだな!というのが発見でした。



今度行くときはもっと勉強しときたいな、と思いはするけど実行するやら。
・・・・・・が、がんばろう。


これにて奈良旅の記録はおしまい、おしまい~。
[PR]
吉野から奈良市街へ。

2週間前より人が増えていました。
キンモクセイの香りが消え、代わりに鹿の○○の臭いが漂っているのは、
正倉院展が始まって人が増えて、鹿がえさを食べる機会も増えたからなのかな。

b0070756_11324347.jpg


3時過ぎだけど、行列。これでも30分待てば入れると言われた。
b0070756_11325967.jpg


だけど、待つのも嫌なのでせっかくだから東大寺に行ってみよう。
b0070756_11331731.jpg



b0070756_11341684.jpg


東大寺ミュージアム。
不空羂索観音立像の被っている宝冠(?)が外されていて間近に見ることができます。
手の中におさめられている宝珠も見れました。



b0070756_11335760.jpg




30分くらいして、博物館に戻ったらそんなに待つこともなく入れましたが、中はすごい人。
息苦しかった。

ガラスの碁石や玉のようなものがきれいでした。瑠璃の杯は遠目に見学。

ミュージアムショップでかなりの時間を費やし、なら仏像館へ。
この前見た仏像をまたじっくりと見る。室生寺の辰神がかっこいい。自信満々なのに爽やかだ。
如意輪観音もいいなぁと思った。



大和文華館の入口にある建物。屋根の上の端の飾りは唐招提寺の鴟尾(しび)に似ている気がする。
b0070756_11352149.jpg



特別展の「清雅なる仏画―白描図像が生み出す美の世界―」を見ました。

白描図というのは紙に墨で描かれたものやちょっと彩色されたもの。
展示品は白描図像のもとにうまれた仏画や集合図像などもありました。
色がついていないと線だけがはっきり見えるので、線好きとしては嬉しい展示でした。

○○という仏様はこんな顔でこんなポーズをしたら説得力があるよ~というのを
当時の学僧や仏師さんたちはこういうものから学んだのでしょうか。
その時代の流行ってのもあったのかな~と横向きの不動明王を見て思ったりしました。

b0070756_11353771.jpg

大和文華館。屋内は和と洋があわさったきれいな空間でした。グッズショップが充実していて散財。



秋篠寺

b0070756_1134418.jpg

開門前にはもう5~6人の人が来ていた。門が開きずらそうだった。
どこでもやっているものと思ったらこちらは御朱印はやってないそうな。

b0070756_11355566.jpg


このお堂の中に伎芸天がいる。意外と大きかった。
本尊の薬師如来より人気がある。


ちょっと首をかしげたポーズや表情は「また来てね」って言ってるようだった。
薬師の向かって左の十二神将のうちのたぶん丑の顔が
東大寺の戒壇院の四天王の広目天っぽい顔立ちで、男前でした。自分はこういう顔に弱いみたい。
なら仏像館で見た十二神将より彩色が残っていました。室生寺のもこんな感じだったのかなぁ。

奈良に行く1日前に見物記の6巻を買ってパラ見して、急きょ秋篠寺へ行ってみたわけですが、
わたしは肉眼で見ても伎芸天の歯には気付きませんでした。
みうらさん、すごい。
[PR]
吉野駅にいる。
b0070756_10433470.jpg


数分歩いて「現存する最古のロープウェイ」に乗る。昭和製。
b0070756_10443298.jpg


金峯山寺、蔵王堂。
b0070756_1024269.jpg


蔵王堂に入るとまず目につくのが、柱。
天然の木がそのままの形で柱になっている。大人二人が手を回して届くくらいの太い柱もある。

奥には金剛蔵王権現立像が3体並ぶ。

並んで待つと発露の間という仏像をかなり近くで拝める個室の席に入ることができる。
(拝観料以外はかからないので、時間があれば待つのがいいかも。6席くらいあるけれど、
どの場所に通されるかはランダム。空いた順に通される感じ)

個室には2分の砂時計が置かれていて、
砂時計を逆さにしてじっくりと真ん中の蔵王権現を眺めた。
向かって左側の髪のあたりがきらきらと光っていた。何かがはがれかけているのかもしれない。

b0070756_1092928.jpg


ハートマークに見える。
b0070756_10384857.jpg


蔵王堂のかまきり。
b0070756_10391892.jpg



本坊。特別展をしていた。
b0070756_10395181.jpg


本坊の入口の門の瓦の丸い所(なんていうんだろう?)が桜。
b0070756_10382973.jpg



葛うどん。スープもとろみがある。めんは細くて平たい。しいたけが肉厚でした。850円。
b0070756_10401377.jpg



吉野のお家の軒先。玄関の上に丸太や四角い木材が渡してあるのはなんでだろう。
b0070756_10435355.jpg


日本の車窓から。吉野駅。
b0070756_10441710.jpg

[PR]
*見学者より、これからの見学者様へご注意*

神戸市立博物館の「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」を
御覧になる方は、以下の点に注目して御覧になることをお薦めする。


フランス・ハルス
「ヤーコプ・オリカーンの肖像」

夫婦の肖像画の男性の方である。
夫と妻は一緒の画面には描かれず、一人一枚ずつ描かれ、
それを並べる形で展示されている。

男性の肖像画の襟に女性の襟よりも、ふわふわとしたレースが使われている。

髭の似合う、鼻の形の良いカッコいい男性で、おまけに華やかな襟も似合うなんて、
神は二物を与えるのか!とうらやむばかりである。


しかし二人で一組の夫婦の肖像画なのに、男性のポストカードが売ってないのである!
女性だけ置いてあって対になる男性はいない。
売り切れてしまったのだろうか。

ペーテル・パウル・ルーベンスの「ミハエル・オフォヴィウスの肖像」という単独の男性の肖像画のポストカードはあるのだが。

くやしいので彼のポストカードを買った。ずんぐりとしているが憎めない感じの男性である。

ゆえに、肖像画コーナーに来たら夫婦の肖像画、特に男性をじっくり見て頂きたい。


サロモン・ファン・ライスダールの「帆船の浮かぶ湖」は小さい絵だけれど面白い。
観る者の目線は下から上に向かう。
波立ってはいないけれど、うねりを感じさせる水面と、背景の大きな雲の流れが小さな帆船に動きを与えている。

この絵もポストカードがないのでじっくりご覧頂きたい。


そして最後はメインのフェルメールについて。

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」は、遠くから見る人と近くから見る人で列が違う。
私は15分くらい並んで間近で見るのを選んだ。

「トローニー」という聞きなれない言葉の意味は、特定の人物の肖像画ではなく、
表情や性格を書き分けるための頭部の習作をそう呼ぶのだそうだ。

画家はどんな思いで少女を描いたのだろうと考えると、物語が膨らむ。

会場を出て、お土産コーナーの真珠やDVDの表紙を見ると「あれ?」と思うことがある。

そう、耳飾りだ。
真珠が大きすぎやしないか?
丸じゃなくて、実は雨だれ型なのか?

耳たぶはこの重さに耐えられるのだろうかと近くにあった絵を見てみると、
重力に逆らっているのか、真珠がすごく軽いのかで垂れ下がってはいないのだった。
形はぼんやりとして分かりづらい。

一階に第一生命が武井咲さんで再現した「真珠の耳飾りの少女」のパネルがあり、
それを見ると、どうやら雨だれ型のようである。

b0070756_1962787.jpg


特別展を終えると、出口に誘導されるのだが、せっかく遠くまで来たのだからと、
常設展に足を伸ばしてみる。


昔、神戸で働いていた外国人が作った「神戸クラブ」の集合写真がカッコイイ。

二百人くらいだろうか。スーツを着た、たくさんの男性が建物の一階と二階に並んでいる。
二階のベランダの外に並んで座る七人の男性の右端の男性はあぐらをかいている。

一階の屋根に座っている男性の表情は、怖いけど我慢してますといった顔のように見えて笑ってしまう。
私も高い所が苦手なので手放しで笑えないけども。

奥の展示室にはマッチ箱のラベルが展示されていて、望遠レンズを持っていないことがくやまれた。
(撮れない所もありますが、写真を撮っていい所があるのです!)

神戸でマッチ箱を見ると、小川洋子さんの『ミーナの行進』を思わずにはいられない。


さいごに一言。
常設展もご覧頂きたい。けっこう楽しいので。

b0070756_1972857.jpg



神戸市立博物館の「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」
2013年1月6日(日)まで
[PR]
法華寺
b0070756_2362454.jpg


秘仏の十一面観音を拝観しました。
思っていたより小さく感じました。

慈光殿(収蔵庫)の不動明王の像が小さいながらもいいなぁと思いました。
脇侍の名前が書いていないのでたぶん、
矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制多迦童子(せいたかどうじ)だと思うのですが、
彼らの顔は不動明王よりも小さいのに
細かい表情がでていて、腰を引いたポーズも面白いです。


国史跡 名勝 庭園
b0070756_2364428.jpg


電車内からの夕陽。電車が遅れていて、新幹線の発車5分前にターミナル駅に着きました。
b0070756_2373924.jpg



旅のルート

1日目

先月行った奈良は紅葉していませんでしたが
(京都みたいにお寺にもみじが植えてある所が少ないみたい)
かわりにキンモクセイがそこここで香っていました。

正倉院展に行くはずが、まだ始まっていなくて、なら仏像館で仏像鑑賞。

奈良の国立博物館のなら仏像館に行ったら、ぜひ第9室に入って頂きたい。
護法の天部形のところにある十二神将のとくに猿が可愛くて。

仏像の頭の上にそれぞれの干支の動物をのせているんだけれど、
猿が体育座りしたり、耳の方まで足を伸ばしていたり、しぐさがキュートです。


第9室の左横にもたしか室生寺の十二神将の二体があって、
色白で目がくりっとしていて可愛かった。
なんであんなに白いのかなぁ。木が違うのか。色が塗ってあったか。

意外と見てないし覚えてないもんだ。
第10室の檀像のところにある木造の小さな仏像も素敵。

浮いてる衣まで一つの木から彫られてる!



その後、東大寺門前夢風ひろばで昼ごはん。吉野葛を使ったお店でした。

バスに乗って浄瑠璃寺へ。

浄瑠璃寺の不動明王の脇侍の制多迦童子もイケメン。ポストカードを買う。

バスに乗り、奈良市内へ戻り、興福寺の金堂、宝物館を見学。

町や商店街をぶらっとしてゲストハウスに泊まる。
夜は奈良漬と茶がゆを食べました。


2日目

近鉄奈良駅から、西ノ京駅へ。
薬師寺、唐招提寺を拝観。

薬師寺の大宝蔵殿は面白いものがいっぱいだった。

国宝の吉祥天の絵の解説にご利益が書いてあって
「字が上手になる」はいいとして「天平美人になる」っていうのは、いいのか、悪いのか。
「今風の美人になる」って書いてあるよりはマシか。


蛇の体でヒゲの長いおじいさんの顔の宇賀神像(あんまり見たことがない)と
小さいけどピリッとした大黒天立像もよかった。

和尚さんの描いた大黒天のいろいろな動作の絵も面白い。神様というより、可愛いおじさん。

唐招提寺はお堂や庭がとてもきれいでした。

西ノ京駅まで戻り、西大寺へ。愛染明王やその他の仏像を見る。

西大寺周辺でご飯を食べ、バスに乗って法華寺へ。その後歩いて海龍王寺へ。

海龍王寺からてくてく歩いて平城京跡へ。

平城京跡からはバスで西大寺へ。

京都まででて新幹線で柿の葉寿司を食べながら帰りましたとさ。
[PR]
九州国立博物館で開催中の

フェルメール
「真珠の首飾りの少女」inベルリン国立美術館展
学べるヨーロッパ美術の400年

を見てきました。


フェルメールは一点だけなので、他にどんなものがあるんだろうとわくわくして
行ってきました。

印象に残ったのは木でできた彫刻でした。

入ってすぐの大理石のヨハネ像も白くて若々しい感じがしてお気に入りですが、
b0070756_21242729.jpg

(ジョヴァンニ・ディ・アントニオ・ブオーラに帰属「福音書記者聖ヨハネ」1485年ごろ)

「ヨーロッパは石の文化」という勝手な思い込みを壊すような
第Ⅰ部の部屋は面白いなぁと思いました。

展示してある作品は、木でまるごと彫り出してあるものと、
板を彫って、平面に動物や人物を立体的に表す浮き浮き彫りのものがありました。

b0070756_21292733.jpg

(ティルマン・リーメンシュナイダー派「聖母戴冠」1510年ごろ)


b0070756_21245751.jpg

(イグナーツ・エルハーフェン「シカ狩り」1690年ごろ)


浮き彫りは正面から見て立体的であれば十分だと思うのですが、
横からみても重なる部分まで立体的に彫ってあり、どうやってこんなところまで彫ったのかなぁと
疑問がわきます。



お目当ての「真珠の首飾りの少女」もじっくりと鑑賞。

b0070756_21345231.jpg

(ヨハネス・フェルメール「真珠の首飾りの少女」1662-1665ごろ)


なんだか鏡が少し遠くに感じられなくもないけれど、少女の表情が幸せそうなのでいい。

毛皮の縁取りがしてあるお洋服はなんだか高そうだ。

左端には中国から輸入された壺も置いてあって、
お金持ちのお家のお嬢様のようである。

お金持ちのお嬢様が幸せになっちゃいけない道理はないのだけれど、
下三分の一の暗い画面になんだか裏のテーマがあったりするんではなかろうか。
などと思いをめぐらせてみたり。


Ⅱ部の素描も楽しみにしていました。

ボッティチェッリの描くダンテの『神曲』の一場面は
一つの画面に同じ人物が何パターンも時間の経過にあわせて描かれている。
同じ人物っていうのは解説を見なくては分からなかったけど。
架空の動物の絵もカッコイイ。

写真はあえてグッズになっていなかった方の絵を。
b0070756_21384920.jpg

右端の天使のポーズがいいなぁ。


最後はバテシバとレカミエ婦人の微笑みを見て、いい女とは何だろうとか
考えたりしながら帰りました。



10月末に行ったので11月からの菊祭りの準備が進んでいて、
開催前だから何もないだろうとカメラを持って来なかったのがくやまれました。


平成12月19日(水)~3月10日(日)までの
文化交流展示室の「フィンランド・クレスコレクション 江戸の粋、印篭」展も気になります。
おしゃれすぎるだろ~!

平成24年12月1日(土)~3月10日(日)宝物殿の
「フィンランド・テキスタイルアート」も見逃さないようにせんとな~。


ぶろぐるぽに参加しています*
写真はすべて九州国立博物館からお借りしています。
[PR]
薬師寺 金堂も仏像も大きいのだけど、この松のインパクトが!

薬師如来の台座の模型は、東僧坊にあるのでそこで台座に彫られた細かい彫刻がどんなものか確かめられます。御朱印の種類がたくさんあって迷いましたが期間限定の吉祥天にしました。
b0070756_0891.jpg


海龍王寺
b0070756_0105748.jpg

みうらじゅんさんの献酒(というのかな?)やサイン入り絵馬が置いてあったりして、
ちょっと楽しい。

お堂に入り、上の方を見上げると、ツバメの巣が!
去年くらいからお堂の中にツバメが巣を作っているそう。
仏像のいる空間まで入ると土が仏像に落ちてしまったりするのでだめらしいけど、
なぜか入っていかないのでそのままにしているらしい。
わたしが話したのは住職さんだったようである(家のるるぶを見て)。


西大寺
b0070756_0111782.jpg

愛染明王坐像が見たくて行ってみました。
摸刻は厨子も再現されていて、扉の赤童子と雨宝童子もくっきりと描かれている。
この赤童子がイケメンなんだけど、グッズなどがなく残念。

聚宝館で前のめりになってる阿弥陀如来を見て
「何でこうなってるんでしょう?」って伺ったら
「分からないんですが、疲れたのかもですね~」
って答えてくれたお堂の管理のおじさんが面白かった。

平城宮へ続く道
b0070756_0113966.jpg



b0070756_074779.jpg


唐招提寺

鑑真和尚御廟に続く道にはふわっとしていそうなコケや気持ちの良い緑の林がある。
わたしがそこに行ったとき、お墓の前で海外からのお坊さんの団体がお経をあげていた。
意味は分からないけど、ふしぎなうねりに身をまかせたくなって
ずっと聴いていたい気分になった。

b0070756_012176.jpg


b0070756_014621.jpg



金堂のはしっこと礼堂
b0070756_095674.jpg

 
金堂。瓦と、建物と、周りの緑がなんともきれい。遠くからみるとなおいいかも。

b0070756_093429.jpg

[PR]
浄瑠璃寺(奈良寄りの京都)
b0070756_23505835.jpg


b0070756_23523567.jpg



こんなところにも鹿
b0070756_23511673.jpg


興福寺
b0070756_23525276.jpg

[PR]
今日のレッスンでお椀を塗る所とお椀のふち、お椀の中が終わりました。
お椀は鉛筆で塗った後をティッシュでごしごしとぼかしてなめらかにしました。
先生がかなりお手本で手伝ってくれてますが。

早く何でも自分でできるようになりたいもんです。

水玉はいっぺん黒く塗った後にペン型消しゴムで消します。

あとは難関の花びら!そして最後はひげ!(たぶん)

b0070756_2340724.jpg

[PR]