<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゆらゆら、ゆらゆら、
野村萬斎さんが、揺れている。


先日、赤坂の市民ホールで初心者向けの狂言の催しがあった。

当日券も売り切れ、500人近く入る会場が、満員になった。

二部構成で、一部は狂言に関する話のワークショップ。

1時間萬斎さんが喋り、柿を食べるシーンや動くキノコ!を演じてくれた。

喋っている間の萬斎さんは、足は外開き、
腰から下は動かないが、上半身がゆらゆらとしている。

体をリラックスさせているんだろうか。


狂言の約束ごとを聞き、皆で笑う型を練習をし、後で出てくる歌を歌い、15分の休憩。

二部は『蝸牛』という30分の狂言だった。

かたつむりを見たことがない太郎冠者が、
主に頼まれ、かたつむりを探しに行く話。

頭が黒くて、やぶの中にいて、角を出すものだと教えてもらい、いざ山へ。

山伏をかたつむりだと勘違いした太郎冠者。

山伏もからかってやろうと話を合わせ、囃子がないと動かないという。


あーめもかーぜもふかぬに
でーざかま打ーち割ろう
でーざかま打ーち割ろ〜う

と太郎冠者が言えば、

でん、でん、むっしむし
でん、で〜ん、むっしむし〜

と山伏が踊り付きで返す。

太郎冠者ものってきたところに、主が心配して山へ入ってくる。

さてどうなるかは見てのお楽しみ。


動くキノコの狂言も見てみたくなったので、またあったら行きたいなぁ。
[PR]
大鼓(おおづつみ)は、軽い音を響かせた。

思い切り打った手は、じんとして、痛い。


体験コーナーで、
「2、3回打ったら嫌になりますよ」
という演奏家の言葉通り、
私は、3回でねをあげた。


11時からのワークショップ。
笛、小鼓、大鼓の演奏家の方々が来ていた。

今日演じる能の簡単な説明と、演奏、
楽器の説明と体験、最後にまた演奏があった。

全部の楽器を体験してみたかったけど、人数も多かったので、できず。

大鼓の前に座って、演奏家をずっと見ていたら、
指の付け根のとこまでが赤くなっていた。

プロテクターをはめているけど、何度も打ったら痛そうだ。
顔にはでないけど。


おじいさんが体験コーナーの最後で、
はっ、よっ、と鼓を打ち、思わず拍手がでた。

肉厚な手と力が必要なんだろうか。


15時からの能『清経』は解説を聞いていたので、分かりやすかったが、
何度か、うとうとした。
「間」についていけてない。
もしくは間を楽しめてないのが原因か。

動きの少ない演目は初心者にはまだ早かったのかもしれない。


帰り道、自転車で光明寺の横をすり抜けると、
冷たい空気に混じって金木犀の甘い香りがした。
[PR]
「乙男オトメン秋」
エンディングの曲が変わるのかと思いきや、変わらず柴咲コウ。
歌詞が二番?に変わってるようです。


「リアル・クローズ」
単発の二時間ドラマが、連続ドラマで復活!

絹恵の役がより漫画に近くなった気がします。

元気な小動物な感じが。
香里奈はあんな顔をしていいのか…。

絹恵の部屋は広くて家賃が高そうなんだけど、
家賃を削って服を買うという伏線なんだろうか。
衣より住、重視な絹恵らしさ……?

彼氏もでてきたし。
さすが連続。

山本太郎さんファンには悪いけど、西島秀俊さんが
田渕役をやるので楽しみです。
メガネしないのは残念。

山本さんの田渕のはじけた感じが原作に近い気もするけど。
ドラマ版田渕に注目です。
原作読み直そうっと。


今週から色々始まって嬉しいです。
うきゃ〜( ´艸`)

風邪が完治するまでは録画して朝見る予定です。
早寝、遅起き。
[PR]
ブログに載せてなかった気がするので。

川上弘美『龍宮』
川上未映子『乳と卵』
エラリイ・クイーン
大庭忠男訳
『日本庭園の秘密』

龍宮、は色気のある短編集。好きなのはタコ男。

乳と卵は、タイトルからすごく過激な文章かと思ったが勘違いだった。

女の子なら一度は考えるであろうことが書いてあるので、10代の方にもお勧め。

エラリイは、中学生の時に一冊読んでそれ以来。
国名シリーズの最終巻と書いてあったような。
外国の本は、一文が長いのだなぁ。
最後までミステリーにどっぷり浸れます。


ここからは10月の愚痴。

風邪を引いて検査に行ったら、
インフルエンザかは分からないとのこと。
50パーセントの人しか反応がでないんだそうだ。

上司に伝えたら、他の人はもっと頑張ってるんだから休むな、

忙しい時期なんだから他の人のために休みも返上して出ろ、と。


私は電話口で言葉に詰まった。

休みは規定通りだし、
他の人が大変なら何で先に言わないのか、

すでに別の人のために自分のシフトが
今大変なことをこの人は知ってて言っているのか。

余裕なんてない人員でシフトを組んでるのは重々承知で、
上司が現場で役に立たないから代理は頼めないのも承知で、

自分の休みに休むだけなのに
何でここまでいわれなきゃいけないのかと、
怒りをぶつけたかったのだけど、声にならなかったのだ。

風邪を引いた自分が悪いのだし。


大丈夫?
それでも出れそう?
と聞いてくれたら、もっと前向きになるのに。
[PR]
先月、天神でまつげパーマをかけた。

マンションの一室の扉を開けると、そこがサロンだった。


中はワンルームになっていた。

寝台がいくつかあり。
目のところに何かかぶせた人が寝ている。
口を開いて寝入っている人もいる。

最初に簡単なカウンセリングと、
何かあっても責任は取りませんという契約書にサインをする。

訴えられたりしたら、つぶれてしまうから、
これも仕方のないことかなと思い、サインする。
寝台に横になり、いざまつげパーマ!

痛みを感じたら言って下さいと言われ、
まつげにパーマ液が塗られていく。

水で濡らしたティッシュのようなものを
まつげの下に挟むので、ちょっと冷たい。

痛みもくすぐったさも感じなかったが、
赤くなってますが大丈夫ですか?と聞かれる。

そのまま続けてもらい、塗り終えて、何十分か経った。

その後、様子を見、またしばらく経ったあと
目を洗い、目薬を差し、終わる。

一時間位経っていた。

結果。
根元から垂直に、しかも扇型にカールしていた。
このあと、もっと自然になだらかなカーブにできますよ、
と言われたが、今回はそのままにしてもらった。

初回はパーマが取れやすいと聞いたので、
がっつり上がっていたほうがいいんじゃないかと思ったからだ。


メリット
ビューラーがいらない。(1ヶ月位は持つそう)
インラインが入れやすい。
重たいマスカラも何のその!耐えてます。

まつげの生えグセが分かる。

デメリット&発見

まつげの根元が見えるので、隙間が目立つ。

まつげが邪魔してアイシャドウが塗りにくい。

奧二重の私は一重に見える。
まつげで二重が隠れるのだ。

まつげにも寝癖がつく……。


お値段は平均2000円前後。
初回のみこの価格で、後は高くなる。

回数券を買うと、同じくらいの値段で出来る所が多いようです。
[PR]
by hon-j | 2009-10-09 13:33
今更ですが、カテゴリーの直島の写真を増やしました。

画像処理ソフトに振り回された一日。
おなか痛い。うう。


友人の結婚式も無事終わりました。
晴れてよかった。
[PR]
『派遣のオスカル』が終わりました。
田中麗奈の役をみているとすかっとします。
だんだんとベルばらが広まっていくのも楽しかったです。

『交渉人』『リアル・クローズ』など、秋もまたドラマが楽しみです。

友人の結婚式の準備で大わらわです。
初めてまつげパーマをしてみました。

「わっ」

毎日慣れません。
[PR]