<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ネット生活、復活しました。
久々に触ったぜい、パソコンよ。

ネットサーフィンをしていたら、あっという間に時間が経ちます。
パソコンがなくても、だらだら過ごせていたのに、
これから大丈夫なのかしら、とちょっと不安です。

でもでも、ちょっとした事を調べられるネットってやっぱり便利です。
調べすぎて迷いが増えるけど。


記事に関連して、神戸、阿蘇、高橋留美子展の写真をアップしました。
右上の写真は神戸のレトロビルを改装したお店の入り口です。
[PR]
大学生に混じり、敷地内を歩くと、小さな庭の向こうにグレーの建物が見えてきた。

九産大美術館に初めて入る。
1、2階部分が美術館になっている。

デザイナーズチェアーに座ってみようという、
「歴史にすわる」展覧会。

会場には30以上の椅子が並べてある。
そのほとんどに座ることができた。

デザインはよくても、座り心地がイマイチなものもあった。
見た目と違うのだ。

水に浮くというビビッドなピンクの丸い椅子に座りながら、
プールを思い浮かべ、ゆらゆらするのを楽しむ。

2階にはお盆の時のお供え物のなすびのような椅子があった。
ゴム臭が強く、弾力のある素材で出来ている。
座り心地はいい。

12時近くになると、高校生の団体がやってきた。
1クラスぐらいだろうか。
お疲れ様です、こんにちわ〜と挨拶してくれる。

人が多いので猛スピードで交代している。
それでも楽しそうである。元気だ。

美術館でもらったマップを片手にちょろっと構内を探検して、柿右衛門様式の、のぼり窯を見た。
学食は混んでいたので、あきらめる。


バスで天神まで戻り、ふらふらと寄った岩田屋のコンランショップで、
椅子のミニチュア模型を見つけた。

会場にあったものばかりだった。


展覧会は10/4まで。
200円で座り放題なので、ぜひ。
[PR]
連休中は仕事のため、通勤時に読む本を借りてきました。
ただいまは、夕飯を作るのが面倒で、ブログ書きなどしている次第。


『ラッシュライフ』
伊坂幸太郎
図書館の蔵書に伊坂作品は多いのだが、
いつも貸出中で、たまたま戻って来ていた作品。
バラバラのピースが最後にかちりとはまる。

別の作品のことが出てくるのでそっちも読んでみたいなぁ。

『1Q84』
村上春樹

上巻しか読んでないので、続きが気になる。
セリフが面白いので、青豆や、ふかえりのセリフを真似してみたりする。
使う機会はないけど。


『ベルサイユのばら』
池田理代子
フェルゼンと誕生日が一緒だった。びっくり。
彼氏にするならアンドレかなぁ。
宝塚にちょっと興味がわいてきた。

一巻はきらきら画面について行けなかったものの、
読み進むうちに慣れた。

中高生で読んでおけば、世界史に興味を持てたかもしれない。

派遣のオスカルを見る時に、元ネタが分かってより楽しめる。

そして、かなりマニアックな知識を持つ主人公だというのが分かった。

貸してくれた友人に感謝です。



なすびで何作ろうかな〜。
[PR]
午前中3時間、午後は4時間待ち。

そう新聞に書いてあったが、そんなに並ばないだろうと思っていた。

8月の前半の平日は、まったく並ばなかったからだ。

だが、9月の土曜の13時。
雨が降る中、待ち時間表示は3時間をしめしていた。

チケットを先に買い、覚悟して待つと、1時間と少しで会場に入ることができた。
それでも人ごみと立ち疲れでへろへろだ。

中に入ると、阿修羅像の周りは何重もの人の輪ができていた。
その輪の中に係員が入り、1、2、3、4……と掛け声をかけて、
カニ歩きで円の周りを移動させていく。

押しあいながら、阿修羅像を見ていると、
何だか悲しくなってきた。

阿修羅にも憐れまれている気がして、
細部をあまり見ぬまま輪を抜け出した。


他の八部衆は阿修羅に比べるとゆっくり見ることができた。

プロポーションが変だけど、全体としてまとまってるよね、
と友人が言うので、よく見てみると、
胴が長く、膝の位置が低いように思えた。

胴長だけど細すぎない。上半身にボリュームがあるようだ。

ふと、八部衆は立って拝むものだったんだろうかと疑問がわく。
目線が座った人と合わないからだ。

一般的な仏像は、座る人の目線に合わせて、
伏し目がちに造られているように思える。

だけど、八部衆は遠くを見る者、目をつぶる者など、自分の感情を表情に表している。

相手のためでなく、感情の表現のための像。

拝むために造られたわけじゃないのかもしれない。
お経の懺悔を表現していると書いてあったし。


会場をでたとこのグッズのコーナーで、会場にある4コマ漫画を本にしたものを買った。

レジの横に見本が置いてあり、頼むと本を出してくれるのだ。
山積みしてなかったので売り切れたのかと思った。

本は、阿修羅の表紙もいいけど、光明皇后が愛らしい。

16時頃に博物館をでたが、まだまだ人が並んでいた。大変だ……。

連休中に行く方は覚悟して並ぶべし。


前回と今回の記事は、
九州国立博物館のぶろぐるぽに参加しています。
[PR]
アンジェラ・アキさんは、よく喋る人だった。

昨日初めてコンサートに行った。

1人で歌うからトークは控えめかと思いきや、
最初から最後まで同じハイテンションで淀みなく話していた。

舞台のようにセリフを暗記しているんだろうか。
何度も公演するうちに、つっかえなくなったのかな。

歌はもちろん、ミニコーナーが特に楽しかった。
今日もあるので内容は言えないが。

行く人はお楽しみに。
あ、双眼鏡持っていった方がいいです。
[PR]