<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

糸山さんの本。(糸は2つ)
『糸的メイソウ』
エッセイ。
『スモール・トーク』
車を題材にした短編集。
糸山さんの乗馬と車好きの共通点がちょっと見えてきました。

以下は雑記。

深夜に誰かが音楽をならしている。自分で弾いてるみたいだ。

夜中の2時ぐらいまで続く。
周りのだれもそれを注意しないようなので、良くならない。
決心して、管理会社に電話した。
後ろめたかった。
皆、気にしてないのに私だけ気にしてるみたいで。
何で皆、言わないんだろう。あきらめてるのかな。
私だけ悩んでるのかな。
住んでる人と交流もないから、聞きようがない。
これで何か変わるのかな。


防音設備のあるところに移りたいけど、お金もない。
いや、むしろ向こうが引っ越すべきだろう。

そんなこと面と向かって言えないけど。


耳栓つけるの嫌だけど、明日買いに行こう。
早くこうすればよかったんだ。
負けた気がして、ずっとできなかった。
自分勝手な人に振り回されたくなんかない。
でも毎晩眠りを邪魔されたくないから、しかたないのか。

くやしいなぁ。
[PR]
『天地人』は途中で挫折し、たまにちらっと見る程度。豪華な俳優陣。

『つばさ』は間に合えば見ている。多部ちゃんの声に耳を澄ます。

『世界街歩き』は、路地裏がたくさん見れて楽しい。ちゃんと下見しているそうだ。

『アイシテル~海容~』は色々考えさせられるドラマである。
息子が犯人なら、母や家族にしかその責任はないのかとか。
加害者家族、被害者家族が両方描かれて、どちらの母親もお互いの気持ちを考えてる場面があり、
これが許しに繋がっていくのかしら、と思う。

『BOSS』は毎回事件が派手な気がする。
今週は志田未来ちゃんが犯人役ででるようなので楽しみ。

『ワンダー×ワンダー』は初めて見るものとかも多くて、これからも期待。
阿修羅の回や浮世絵の回を見ました。
ハイビジョン放送がみたいなぁ。

土曜は『獣の奏者エリン』
夜11時の再放送を見ています。過酷な運命…。うう。途中から見たけど引き込まれます。


今クルーもよく見てるなぁ。(^^;)
[PR]
友人が入院し、お見舞いに行った折、目ざとく小説を見つけ、借りてしまった『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦。

一章より二章と、だんだんと面白さが増すのは、個性的なキャラクターが増えるからかも。
オモチロイです。先輩がんばれ~。
友人貸してくれてさんきゅ~。

糸山秋子(糸は2つ)
『海の仙人』
ファンタジーは何者なのか。過去?自分自身?記憶?何者かは分からなくても、話は面白いのだが。
三億当たったら私は何をするか。
会社は辞めて、家を建てて、老後まで暮らす生活費に一億。後の二億は世界遺産や美術館見学の旅にでも使いたいなぁ。

疲れがピークで人に優しくなれない。なんだか逃避したいなぁ~。本がプチ逃避を助けてくれていますが…。
[PR]
糸山秋子(糸は2つ)『イッツ・オンリー・トーク』文藝春秋
「第七障害」も収録。

この前、この作者の別の本を読んで面白かったので、こちらも読んでみました。

官能的なページは『ばかもの』より少なかったけど(笑)、
第七障害は、希望を感じさせるラストで好きだなぁ。
この作者の本を読んでったら、群馬のことをよく知れそうな気がします。
[PR]
ETB特集で、探検ぼくのまちが放送されていました。
2009年版まであったよ!
長野県だったんだなぁ~。
教育番組っぽくない教育番組だったのは相変わらずでした。たのし~。

明日は、おーいはにまると、ひとりでできるもんらしい。

ひとりでできるもん、今の私には必要かも。(^^;)
[PR]
天神などで5/6まで。

3日からはイムズで生産者とデザイナー達が、
一緒になってお客さんと対面するショップも開催。行ってみたかったなぁ。

私が行ったのは、konya2023のヨンイチデザインストアと坂下和長さんの部屋と、motordrive。

ビルをでて、ギャラリーマキハウス、リノベエステイト、SELECT ROOMも行きました。
家ばっかりなのは、将来のことを考えるための参考に。

ヨンイチ~さんのとこの部屋が、独りで住むならいい感じの物の置き方でした。

初めての通りを通って、
知らない場所で知らないお店に入って、けっこう楽しかったです。

今日はよく眠れそう(p_-)
[PR]
津村記久子
『アレグリアとは仕事はできない』
「地下鉄の叙事詩」収録。糸山秋子(糸は二つ)
『ばかもの』

アレグリア、美人な外国人のお姉さんを想像してましたが、複合機の名前でした。

ばかものは、官能的な場面が初めっから10ページ以上続き、あれよあれよという間に佳境に入ってる感じでした。読後感はすっきり。この作者の作品は初めて読んだので、また読みたいなぁ。
[PR]