<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

九博の帰りにエントランスの所で、石橋美術館で今度ある
欧米絵画の展覧会のチラシをもらった。
私は、よし、いくぞ、と即決していた。

今まで若冲以前は、九博に足を運ぶこともなかったけど、
ぶろぐるぽのお陰で、招待券を貰って、観て、
他の人の展覧会の感想を読むことが出来た。
今まで、一人で感想を書いていたけど、こんなに人の感想をまとめて
読むことはなかなかできなかったから、九博の企画に感謝である。

それで、帰りがけに考えたのは、
招待券を貰わなければ、私は日本の古い美術に興味がなかったんじゃ
ないかなぁということだ。欧米の絵画には食い付きが良いのに。
その違いってなんだろうと思ったとき、鮮明な色かなぁと思った。

今回の『国宝 大絵巻展』は予想に反して色の鮮やかなもの
ばかりだった。というと、けばけばしいのかと思われそうだけど、
そこまでではない。入り口で修復のことを書いていたから、
きっとその人たちのお陰で昔の人が見たような絵巻が見れるのだろう。


子象を投げる場面の絵を、子象を手に乗せているのかと思ったが、
手に乗せてこれから投げる場面だったのか、と気付く。

前に手を突き出しているのは、どうやら駆けている表現のようだ。

小指の爪くらいの顔の大きさなのに、ちゃんと目や鼻や口が描いてある。

などなど、つぶさに見ていくと発見がある。
(色のこと書いてませんがそれくらい自然ってことです)


大学のとき、源氏物語を当時のペースで読んでみよう、という授業があり、
「いづれの おほんとくぅいにくぁ…」と読み出したが、あまりにも
スローなペースだった。
絵巻は、あまり文章が多くはないけど、
現代以上にゆっくり見ていくものだったら、
細部にまでこだわる必要もあったのかもなぁと思う。


今回は他の人のぶろぐるぽを読み、音声ガイドを初めて借りてみた。(500円)
いつも説明書きのところで止まって進まないが、そんなこともない。
しかも音声の方が字を読んだときより、頭にすんなり入ってくる。
願わくば、無料もしくは200〜300円だったらなぁ〜。

08,4/29から6/1までは後期の展示があり、
私が見た前期とは、がらりと内容が変わる。
気になるのは『日高川草子』。女の人がお坊さんに恋をするようなのだが、
その先は『華厳宗祖師絵伝 義湘絵』とは違う展開が待っているようなのだ。

すっかり物語のとりこになってるかも…。


九州国立博物館『国宝 大絵巻展』08,06/01まで開催中。

*九博のぶろぐるぽに参加しています*
[PR]
仕事のことです。

もう忙しい時期は終わったのかと思ったら、今からでした。
連日残業の日々、ふたたび。
疲れが取れる寝具一式を揃えたいものです。

昨日「パズル」を見ました。
「トリック」と同じ脚本家なんだそう。確かに似てる。
石原さとみの演技が面白かった。猫かぶってるときも不自然じゃないんだなぁ。
今日は「ごくせん」。今まで見たことがないのだが…。
「ラスト・フレンズ」も見ました。うう、暗い。
[PR]
半年ぶりくらいに友だちに再会しました。
アミュプラザが変わってから、初めて行ったので、何も買わなかったけど
楽しめました。一人で入れないような高そうなお店も
入れたのでよかったです。

服装を変えよう、脱カジュアル!脱硬い生地の服!
と思っていましたが、どうなりたいかが明確ではないので、
結局買えず。まぁ型にはめない方がいいのかなぁとも思ったり。

前回会ったときより皆の愚痴が少なくなったのは(私も含めて)
何らかの行動とその結果があったからかなぁと思いました。
動きたくても動けないときが、苦しいので…。


今年の夏は北九州市立美術館でミレイを見て、
来年の夏は九州国立博物館で阿修羅像を見ることに決定。
楽しみです。
[PR]
三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』2006,文藝春秋
多田のやっている便利屋に居候することになった行天。
私が多田だったら、行天の行動に胃に穴が開くかも。
ちょっとミステリーっぽいところもあり。
恋人でも友達でもないけど、つながりあえるのはいいなぁ。
章ごとにイラストがあるのも嬉しい。

高田崇史『クリスマス緊急指令〜きよしこの夜、事件は起こる!〜』2007,講談社
なぜ今クリスマスなのかは置いといて、
クリスマスシーズンを題材にした短編集。QEDとは違う感じです。

牧 陽子『産める国フランスの子育て事情 出生率はなぜ高いのか』2008,明石書店
実際に日本とフランスで出産と育児を経験した著者が、
日仏の政策や子育てに関する意識や文化の違いを論じる。
フランスの女性へのインタビューもあって、
生の声が聞けるのは(読めるのは)面白い。
他の国のこういった本も読んでみたいなぁ。
[PR]
去年の11月くらいに美容院で染めて、
今回は自宅で染めました。
まだらになってないか不安。
後ろの襟足のところは髪が多いので、
やっぱりピンでいくつかにわけて染めるべきだった、と反省。

色や明るさは前とあまりかわらず。
むむむ。

東京のビーナス展やフェルメール展とか福岡に巡回してくれたら
いいのになぁ。
[PR]
桜を眺めながらてくてくと歩いて、図書館へ。
春休み中なので平日にも関わらず、親子づれが多い。

特に予定もないので雑誌コーナを立ち読み。
芸術新潮のビーナス100選も読みたかったけど、
なぜか手に取る勇気がなく…。
演劇界の歌舞伎特集は座って読みました。
血のりの作り方やら紙のおまんじゅうやら、載っています。

日本の歴史コーナーで小学館の日本の歴史の第一巻をゲット。
高田崇史さんと、三浦しをんさんの本も借りました。


普段は仕事から帰ったらドラマをみて寝てますが、
今の時期は連ドラがないので、自分に時間がある感じ。
なんかいいなぁ。

髪を切るか、染めるか迷い中です。
結ぶのが苦手なのでいつもショートだけど、肩まで伸びてきたのを切るのも
もったいない感じ。むう。
[PR]