<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

この前の梨木さんの本に載っていたので読んでみました。

『たのしい川べ』ケネス・グレーアム作/石井桃子訳
(1908年にイギリスで出版。2002年岩波少年文庫版を読みました)

ミルンの『クマのプーさん』の挿し絵も描いたシェパードという人の挿し絵付き。
ヒキガエルやモグラ、川ネズミ、アナグマなどの出てくる話。
動物の暮らしのこまごましたところが楽しい。モグラの家に行ってみたいなぁ。

目に付いたので借りてみました。
『楽しいロンドンの美術館めぐり』
出口保夫・齋藤貴子,講談社, 2007
ロンドンの見開きの地図を見ると、たくさんの美術館や博物館が並んでいる。
ロセッティの<プロセルピナ>やミレイの<オフィーリア>はテイト・ブリテン。
ダリッジ美術館のムリリョの<フラワー・ガール>はこの本で初めて見たけど
なんだかいい感じ。イギリスでフランスやスペインの画家の絵も見れてしまう。

私の場合、こういう紹介の本は、
借りても飽きてしまってざっと読んで返すのだが、
今回は読めてしまった。
美術館の背景や、絵や画家についての説明なども入っていて、
あきないのだった。

イギリスではないけど、棚に並んでいたので。
『蝶か蛾か』大道珠貴,文藝春秋,2006
この人の本はだいたい読んでいる。
読みやすいし、格好つけない登場人物が多いからかなぁ。
[PR]
今し方、見たかった『プラダを着た悪魔』と
『かもめ食堂』を見ました。

『プラダ〜』洋服、素敵でした。着ている服は主人公が買った服なのか、
それとも会社からもらった服なのか気になる。
パリも素敵だなぁ。
私の服、ゼッタイ、鬼編集長に駄目だしされる(涙)


『かもめ〜』
フィンランドの風景や人や服を見るのが楽しい。
ムーミンやマリメッコくらいしか分からないけど。
一回行ってみたいなぁ。見るとおにぎりが食べたくなる。

ゼルダの伝説のDSを買いました。
去年も夏頃マザー3を買って、ひたすらクリアを目指していたような。
ゼルダは名前を知っていたものの、プレイするのは初めてで、
「このアクション、無理」と言っていたのが出来たときは、
嬉しいゲームです。ダンジョンすんだら、またダンジョンだ。
(今、風の宮殿入り口なのです)

こんなことにうつつを抜かしていていいのか自分!
なにか勉強したらどうだ、とか考えなくはないけど…。
[PR]
北九州小倉城庭園企画展
『とめる、かざる
      ボタンの文化史』
H19.9.2まで

18世紀以降のヨーロッパのボタンを中心に、
江戸末期以降の日本で生産されたボタンなどの展示。

お城の近くの美術館(?)です。
常設展では福岡の伝統行事などを扱っています。
式包丁まだやってるのかなぁ。

出た後はお庭でぼんやりしたいところ。
[PR]
『水辺にて on the water/off the water』
梨木香歩,筑摩書房,2006

梨木さんがカヌーに乗って漕いだ水辺の記録、と
そこから生み出されるお話の本です。
植物や鳥の名前が色々出てきます。

植物図鑑見たくなるかも。


台風にあまりひっかからないまま、休日を終えようとしています。
何ごともなくてよかったんだけど、せっかく台風の対策したのになぁ
というのもあったり。
[PR]
『QED 河童伝説』
高田崇史,2007,講談社

いつもの一行は相馬野馬追祭に出掛ける。
同じ頃、河童が住むといわれる川で殺人事件が起る。
—「河童」とは誰だったのか、また殺人事件の犯人は誰なのか。

かっぱというテーマは、今までのQEDシリーズの中で、
私にとって一番身近なテーマかもしれない。
よく河川敷とかの看板に書いてあったし。
今回は固有名詞が少なかったので、さくさく読めました。

福岡で河童で有名といったら若松かしら。
河童好きの作家、火野葦平の旧居「河伯洞」。
調べると河童封じ地蔵尊、恵比寿神社の若松蛭子祭というのも
あるらしい。(後者は河童とか書いてないけど関連ありそうだ)
八幡といえば製鉄だしなぁ。

もしQEDシリーズが九州にきたら、
福岡の太宰府だろうか、
神話の里、宮崎か、
大分、六郷満山文化は個人的に気になるので読んでみたいところ。
[PR]

太宰府の九州国立博物館にて7日より開催。
『文化庁海外展記念
 日本のやきもの
  - 選び抜かれた名宝120点 -』

会 期 平成19年7月7日(土)〜8月26日(日)
休館日 月曜休館(月曜日が祝祭日の場合は開館、翌日休館)
 ※ただし、7月9日(月)、8月13日(月)は開館

開館時間 午前9時30分〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)
ただし、土・日・祝日は午後6時まで開館
(入館は午後5時30分まで)

作品総数 ポルトガル展示作品81点を含む138点(予定)
(重要文化財24点、重要美術品1点を含む)

秋から冬にかけて、ポルトガル共和国の国立美術館において、
日本の縄文時代から近代・現代に至る陶磁器の展覧会を開催することを記念して
九州で開催される展覧会。

観 覧 料 一 般 1,200円(1,000円)
高大生 800円(600円)
中小生 400円(200円)
()内前売り

板谷波山もあるらしい〜。

山口県立萩美術館・浦上記念館では、

『生誕120年
 富本憲吉展
 Tomimoto Kenkichi: A Retrospective』

平成19年(2007) 6月30日(土)〜8月19日(日)
休館日:月曜日(ただし、7月16日と8月13日は開館)、7月17日(火)
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)

一般1,000(800)円、学生800(600)円
*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
70歳以上と18歳以下の方、および高等学校、
中等教育学校、特別支援学校に在学する生徒は無料。

模様から模様を造るべからず、と言って、オリジナルの模様を造った人だそう。
新聞に広告が載っていて、なんだか見てみたくなりました。
遠いけど、行ければ行きたいなぁ。

展覧会情報は各美術館のサイトから引用しました。
[PR]