<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久しぶりに図書館に行ってきました。
少し並び方が変わっていたような。
文学というものをしてみようかと古い本を借りてみました。
読みやすければいいんだけど。

つぶろぐやってみようかと思ったら文字化けして打ち込めず。
なんでだろ。
[PR]
『ほうかご探偵隊』倉知淳,講談社,2004

講談社ミステリーランドの本です。
難しい言葉にもルビが振ってあって、子どもでもすらすら読めるし、
大人でも子どもの本を読むくどさがなくてよし、のシリーズではないかと思います。

猫丸先輩のイラストが可愛かった唐沢なをきさんのイラスト付き。
絵が付いていると通勤中読みづらいんだけど、まあよし。

クラスでいらない物がなくなる事件が連続で発生!
友だちと探偵活動を始めた主人公は……。

『壺中の天国』よりは後味すっきり、最後らへんの主人公の言葉に
うるうるしちゃいました。(泣くとこではない)
[PR]
『愛がなんだ』角田光代,2003,メディアファクトリー
そんな男と別れちまえ〜と言いたくなる。
あと20ページくらい残っている。この関係はどうなるやら。

『青空チェリー』豊島ミホ,2002, 新潮社
「女による女のためのR-18文学賞」の読者賞をとった表題作
を含む短編3つ。青空〜おもしろかったです。
えっちな場面で思わず男の子と一緒にずっこけました。
テンポよくていいや。最後の作品はちょっとせつないのう。
[PR]
福岡市美術館
『東洋の至宝 出光コレクション 美のこころ』展

平日だけど、残す所あと3日という日だったせいか
11時すぎにはたくさんのお客さんが入っていた。

入るとすぐに酒井抱一の風神雷神図の模写。
なんか勢いないのよね〜などといいう声が聞こえる。
模写だからかね〜って。

九博でこの前見たのも抱一だったので、このぺた〜っとした感じは、
模写ながらも抱一らしさがでているんではないかという気がする。
たくさん抱一の絵を見たわけではないので、何とも言いがたいけど。

俵屋宗達の風神雷神を5年前に一度見た。
教科書とかにも宗達のが載っているであろう。
しかぁし、抱一の風神雷神は、尾形光琳の風神雷神の模写であると書いてある。

光琳の風神雷神……?

見たことがないので、もしこんなぺた〜とした感じなら、
抱一はものすごく正確に写し取ったのかもしれない。
光琳のコピーでもあれば比べれたのになぁ〜。

雷神の右手はなんで手の甲がこちらに向いていないんだろう?
そのほうが自然なのだけど、と宗達を見たときにも思う。

絵の右手のポーズを実際にとると、
手にぐぐっと力が入り、けっこうきつい。この緊張感が絵をぴりっとさせる
スパイスになるのかしら。

仙がいの○△□やら、指月布袋図、も見る。
横っちょに、出光氏が、仕事がうまくいかないときにこれらの絵を見て、
職場に向かった〜のようなことが書いてあり、休みなのに昼から仕事が入った
自分としては、なんだか、うるる、とくるものがあった。

由来に関わらず、観賞用の陶器を収集したというコーナーには、
一つ一つ立ち止まってみたい物が多く、初めて見た古九谷焼きのお皿は
柄と色のインパクトが大きかった。
気に入ったのは板谷波山のつるっとした壷。(花瓶?)
紫陽花の壷は、道行くマダムの心にもぐっときたらしく、
思わず、いいですよね〜と声をかけそうになる。

アール・ヌーウ゛ォーの影響を受けているらしく、
(アール・デコと書いてあったっけ?)丁度今、福岡県立美術館で
その展覧会があっているので気になる人は行ってみるとよいかも。

波山単独の展覧会が前に開催されたのときに行っとくんだった、と後悔。
まぁ、素敵ということが分かったので今度あったら行って見よう。


そうして、ほくほくして仕事に行きましたとさ。おしまい
[PR]
今朝は100ダルサ(鴨居さん)ぐらいありました。
試供品で貰った栄養ドリンクを飲んでみました。
なんとか頑張れた。
あと2日。

忙しいわりに何だか前に進んでない気がする毎日。
仕事した分、片付いていけばストレスもなくなるだろうけど、
どんどん降り積もるお仕事。許容範囲外です。
みんなやっていることだ〜。
(出来ない自分はだめ人間?んなこと考えたくないねっ、といつもの自分に喝)

丁度良く働いて、丁度良く休みたい。
日本の企業は定年延ばす分、年間の休みを増やしたり、
労働時間短くしたらいいのにな〜。
まぁ慈善事業じゃないから無理かのう。

休みに美術館行くことを決意しチケット購入。風神雷神みるのだ〜。

通勤のお供は『残花亭日暦』田辺聖子 
前向きパワーを少しずつ貰い中。祖父の命日も近いのでつられて涙も。
[PR]
『ネコを撮る』岩合光昭,2007.3,朝日新書
『東京居酒屋探訪』大道珠貴,2006,9,講談社

ネコ〜は撮り方のテクニックの紹介というより、
岩合さんの文付き写真集のような形。
かわいい二ゃ〜。

お酒は飲めないのだけど、お酒をおいしそうに飲んでいる文章とかは
好きな私。こちらもお店の紹介と言うよりは、小説では分からない、
大道さんの考え方が分かって、なんだか楽しく読めました。
食べ物もおいしそう。食べたことがない物がいっぱいあります。
作者によるかわいいイラスト付きです。

さて図書館に本を返しに行って借りなくちゃ〜。
[PR]