<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

習い事を始めたい。
3月に始めようとして、申し込んだが、仕事の都合でキャンセル。
以来、いつまた申し込むか悩んでいる。

悩む理由は、

定休日がないので、習い事に不向きであること。
何人か揃わないと習えないので。

仕事の都合でまたキャンセルするはめになったら、と思うと、嫌だ。



できないと言って安心している自分がいる…… 。
めんどくさいのを避けてるだけだ。おおむね当たりだろう、自分(ううっ)。



最近立て続けに、友だちに会って元気をもらったので、
来月からはなんとかやりたいなぁ。
アクション起こさなくっちゃ。(いや〜)


最近読んだ本
『「できない」が「やってみよう!」に変わる1分間思考改革術』
                伊東 明,2003,講談社

成功体験本ではなくて、どうしてできない、と考えたり、
他人に、できっこない、と言うのかの理由など。
さくさく読めて、役に立つ気が!
(私が習い事始められたら、効果でてるかも)
[PR]

さっさとお風呂をすませ、夕飯の支度をしながら、
新日曜美術館見ました。
来年の初めくらいに太宰府の九州国立博物館にも来るそうです。
わ〜い巡回v

しかも今回はガラス越しの展示ではなく直に見られるそう。
さらに、江戸時代の人が見ていた環境に近付けるため、
光は自然光にできるだけ近付けて、一日を再現した明るさで
作品を照らす試みもあるとか。

くらくらしますね。ありがとうプライスさん。
待てない方は東京国立博物館か京都の巡回などに行くとよいかも。

でも宮内庁のは東京でしか見られないだろうしなぁ。
いつかはお上りさんしてみるかなぁ。

追伸
宇多田ヒカルのSAKURAドロップスのプロモに若冲の絵が使われている様が
紹介されていて、ライブとのつながりを感じて嬉しかったです
[PR]
『雅/俗 浮世絵に見る風雅と風俗』
山口県立萩美術館・浦上記念館
2006/7/30まで

新山口駅からバスに揺られて一時間半位(2000円くらい)
で東萩駅につき、観光協会のようなところで前売りを買う。
そのあと、まぁーるバス(松陰先生/東回り)に乗る。

萩シーマート(海の幸が食べられる)や東光寺(寺の造りがきれい)、
松陰神社前、松蔭の丘(眺めがよい)などを経て、
10分もあればつくところを30分かけて、ようやく美術館へ。

まぁ、100円で観光名所が満喫できて、
萩の地理も把握しやすくなってよかったけど。


鈴木春信が見られればよいかな、と思って期待せずに行ったら、
予想をうらぎる収穫がありました。

伊藤若冲(じゃくちゅう)の合羽摺の薔薇に鸚鵡、
鳥文斎栄之の青楼美人。

鈴木春信は子ども顔の中に妙な色気を感じるのだけど、
栄之のは「あ、きれい」と
誰でも納得してくれそうな美人で、くせのなさに
ほれてしまいました。イイもの発見。

八犬伝の本の表紙の、犬で埋め尽くされている
イラストがすごく可愛かったのですが、
ポストカードにはなっておらず。残念。
若冲の合羽摺をもっと見たくなりました。
マットな質感がたまりません。
だから浮世絵が好きなのか。

明日の親日美は若冲だったか。
最近よくみかけるなぁ。
[PR]
なんだか前にもこんな絵をみたような、と思いめくってみると、やはり。
『ささら さや』の続編でした。
これだけでも読めますが、続きとして読むと、またあの人に会えた〜という
喜びがあるので、続編として読むことをおすすめします。

しかしどうしてこんなにタイムリーなんだかなぁ。
今年は初盆だ……。

加納朋子/幻冬舎/2005
[PR]
マリンメッセ福岡で7月15日にあった「UTADA UNITED 2006」に行きました。

友人がチケットとってくれたおかげです。ありがとう〜。
場所はスタンドA席の18列め。
肉眼では細かいところは分からないくらい離れていますが、
真正面でなかなかよい感じ。

ステージが入り口とは逆方向に壁に張り付くかんじで設置されていて、
歌い手側からは、すり鉢状にお客さんがびっしりで奥行きがあるため、
広々と見えるらしく、この会場いいね〜と言っていました。

何を歌ったか覚えてるか、期待しないでください。

最新アルバムから全曲歌って終わるのかと思いきや、
新旧織りまぜて、色々歌ってくれました。

最初はカップ麺の曲より一つ前に歌っていた曲。思い出せば〜で始まる、
Mステで歌ってた曲です。ドラムが印象的だと思います。

2番めはカップ麺のCM曲でした。

以下順不同(抜けてるのもあると思います)
traveling
auの音楽ケータイの曲
COLORS
SAKURAドロップス

映画『春の雪』の曲
誰かの願いが叶うころ
FINAL DISTANCE

たしかこの三曲はチェロにあわせて歌ってました。
それまで楽器の音がうるさすぎて声があんまりだったので、
やっと宇多田を聞いたぞというかんじ。
誰か〜は戦争の映像もあってか、切なくて泣けてきました。人が死ぬのは悲しい。
Be My Lastはチェロとあっててしっとりしてよかったです。

EXODUSから三曲。
立ってる人少ない。1曲めは私の好きなDevil Insideだったので、
イントロ流れてすぐに立つ!なんで横の人座っちゃうのサ。
Kremlin Dusk
You Make Me Want Be A Man (うろ覚え。これだったような)

THE WORKOUTも歌って欲しかったけど、歌詞がまずいのか。


Can You Keep A Secret?
Movin'on without you
Wait&See〜リスク〜 
Addicted To You
First Love このとき高校生だったよ、今までいろいろあったなぁなどと思って、うるる。

山笠の祝い歌(というのか)
Automaticこれが最後の曲。これを歌わんと帰れんでしょ!と
アンコールで光 思い入れがあるそうな。

肝心のBlueいつ歌ったかしら。聞いたっけ、という恐ろしい耳。
知ってる曲ばかりで楽しめました。
[PR]
『沼地のある森を抜けて』梨木香歩
『マドンナ』奥田英朗

『ニッポン硬貨の謎—エラリー・クイーン最後の事件—』北村薫
見返しを読んでから本文を読んだのだが、終わり頃までだまされていた。
北村さんが翻訳したのだ、とばっかり。
海外ミステリーあまり読んだことないものなぁ。

本屋に、五十円玉二十枚を、両替えをしに度々やってくる人物は、
何が目的なのか。エラリーは来日中に起きた事件を解決することができるか。

『競作 五十円玉二十枚の謎』も読むと面白いかも。

『マドンナ』は、五作の短編集。奥田作品を初めて読む。
最後の二つがすきかも。
最初の二つ三つは、こんなにいらいらをエスカレートさせて
爆発に持って行く作品をあまり読んだことがなかったので、
ハラハラしながら読む。
全部仕事絡みの話で背景がきっちりしてて
ありそうだな、と思う。

沼地〜は、ぬかどこから人が出てくる話。
からくりからくさは染色で今度は菌のことかなり詳しく
調べているのだろうと思う。

一つが二つになったとき、それは自分にとっての死で、
新しい命の始まりか。だとしたら、私というのは今いる一体しかいないから
かけがえのないものということかしら。
[PR]
じめじめしております。
アイスでも買いに行きたいけど、行くの面倒。
だがしかし、晩御飯も考えねばなりません。
またカレーでいいかな。
そうめんだけでは栄養ないよなぁ。

最近の休日は図書館、歯科、近所のショッピングセンターめぐりが主流です。
歯科の帰り、ショッピングセンターに入りぶらぶら。
気になっていた、だらーんとしたドレープのカットソー、なくなってました。
かわりに、別の店で水色のきれいなショールを見つけました。
麻とレーヨンだったか。7千円が4千円くらいに。
普段巻き物を使わないので、冒険できずに残念。高いしなぁ。
 
純情きらりと我輩は主婦であると徹子の部屋を見ました。
西島さんが見れるのは嬉しいです。平日休み満喫中…。
[PR]
雨と風がひどく、ホームで傘さす始末。
なんでこんなにふってるんだ?
[PR]