<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

読み終えました。
薄かったので早く読み終えてしまいました。
お天気カメラでよく映る江の島や、まだ行ったことのない鎌倉に
まつわるミステリーで、面白かったです。
でも記憶力がないので読み終えた頃には、説明できないのであります。
だって人名が似ているんだもの…。

明日からは、北村薫の詩歌の待ち伏せの続編(上下は読んだので)を
読むつもりです。
[PR]
福岡市博物館にて2006.5月7日まで開催中

平日に行ったせいか、市立美術館の印象派展のせいか、
こちらは人もぼちぼちでなかなか見やすかったです。

ずらりと並ぶヴェネツィアン・ビーズ。
この名を聞くと、ひらっぺったいガラスに色鮮やかな模様がついている
ガラスのペンダントを思い出すのですが、それだけではありませんでした。

表面に別のガラスをのせ、目玉のような模様をつけたもの、
水玉のような点々のあるもの、花をあしらったもの。

表面には何もないが、2色使いのビーズ(ビ・コローレだったか)や、
アフリカなどに輸出していた交易様の不透明だが色がくっきりと鮮やかな
ビーズなどなど。
(よくテレビなどで見るマサイ族の人たちのビーズはここが起源のようです。
今はどうなのか分かりませんが。これが一番意外だった)

コスチューム・ジュエリーのほうは、
シャネルのカエルやディオールの流れ星のシリーズ、ミリアム・ハスケルの
さまざまな装飾品がありました。ドレスや財布もビーズで出来ているコーナーも
見ごたえありました。

あればよかったなぁという展示は、ビーズの作り方のビデオ上映。
気になるのは、ムラーノ島の内側。
政府が技術を流出させないために、職人が島から出るのを
禁止したことにまつわる話がもう少し知りたくなりました。
本を探してみようかな。
[PR]