カテゴリ:展覧会レポート( 160 )

本日三軒目は六本木の森アーツセンターギャラリーへ。

「テート美術館の至宝ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」(会期終了)を見るため、
夕暮れ時の街をてくてくと歩きます。六本木は外国の人とよくすれ違う気がします。

到着は18時過ぎでしたが、会場内はけっこうな人でした。
20時までのせいか、金曜のせいかお客さんが次々とやってきます。


ラファエル前派とは(以下公式サイトより引用)


「1848年ロンドンー前衛芸術運動を起こし、英国の美術史に大きな影響を与えた芸術家グループが
7人の若者によって結成されました。

正式名称は「ラ ファエル前派兄弟団(Pre-Raphaelite Brotherhood)、略してPRB。

中心となったのはロイヤル・アカデミーで学ぶ3人の学生、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829-96)、
ダ ンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828-82)、ウィリアム・ホルマン・ハント(1827-1910)でした。

彼らは盛期ルネサンスの巨匠ラファエロ を規範としてその形式だけを踏襲する当時のアカデミズムに
反発し、ラファエロ以前の率直で誠実な初期ルネサンス絵画を理想としてこのグループ名を付けました。

彼らの作品は、具体的にはどういった絵画だったのでしょうか?

彼らは自然をありのままに見つめ、その姿を正確に写しだそうとして、戸外での制作を試みたり、
くっきりした明るい色彩を使用し細部を描き込んだりして、リアリズムに徹した画面を作り上げたのです。

当初、そのような姿勢や絵画は社会から猛反発を受け、一種のスキャンダルになりましたが、
美術評論家ジョン・ラスキンの援護もあり、しだいに受容されていきました。」



わたしは乙女座なのでどうしてもロセッティの『プロセルピナ』に目が吸い寄せられます。

ペルセポネと言う方がしっくりくるかもしれませんが、冥府の王プルートによって攫われ、
冥府の食べ物のザクロを食べてしまったばっかりに一年の半分を冥府で、半分を地上で暮らすことになった女神様です。
ザクロを片手に何か考えていそうな彼女は何を考えているんでしょう。

ロセッティを初めて本で見た時から、がっしりした骨太な女性を描く画家という印象があります。
そう感じるのは、体格や鼻筋やあごのせいかな~と思っていたのですが、
目なのかもしれないなぁと思いました。瞳に意思が感じられるような気がします。

ラファエル前派がモデルにした女性たちというのは当時の美人の基準からすると
ちょっとずれているらしくて、新しい美をそういう女性に求めたのかな。


会場の出口間近にあったラファエル前派の人物の関係図に三角関係が二組もあって
面白いなぁと熱心に見てしまいました。
これが入口のところに飾ってあったら絵の見方も変わっていたかも。





つづく
[PR]

お次は祐天寺駅近くにあるアクセサリーミュージアムへ。

ここはコスチュームジュエリー
(金、銀、プラチナなどの貴金属や宝石などの高価な材料を使って作る
ファイン・ジュエリーと区別されるファッション性の高いジュエリー)
を専門にした日本初・最大級の美術館でした。

駅から10分程度、住宅街を歩くものの要所要所に看板があるので、そのとおりに行くとたどり着けます。
(帰りは駅への看板がないので、スマホのマップと勘を頼りに歩くことになりました!)

ヴィクトリアン、アール・ヌーボー、アール・デコ、ミッドセンチュリーなど、
時代ごとに分かれた部屋に当時のアクセサリーと服や家具の展示がされています。

コスチュームジュエリーはさくらんぼだったり花だったり、鍵が使われていたりして、
見ていて楽しいものが多いです。

その時代をまとめたコラージュのようなパネルがそれぞれの部屋に掛けられていてそれも素敵でした。
(資料として売って下さるといいのに!)

地下の一室では「アンティークストッキングの世界~ストッキングは昔、男性のお洒落パーツだった~」
という企画展も開催中です。(2014/04/26(土)まで)

アンティークストッキングは現代の肌が透けるようなナイロンのストッキングではなく、
薄手の靴下といった風情でしょうか。

中世ヨーロッパの男性貴族はオ・ド・ショースと呼ばれる短いパンツに
シルクのストッキングを履いていたそうです。

シルクの生地に刺繍が施されたもの、染めてあるものなど、おしゃれなものがたくさんあります。

やがて革命が起き、貴族階級が倒れたあとは短いパンツを履く人がいなくなり、
市民の間で履かれていた長ズボンが主流になっていったため、
男性のオシャレとしてのストッキング文化が廃れていったというようなことがまとめられていました。


つづく
[PR]
2014年3月14日(金)午前2時ごろ、
スマホを持って初めての緊急地震速報がグワグワッと鳴って
布団から飛び起きました。

初めて聞いたので何の音か分からず、スマホの目覚ましってこんな音じゃないよね?
壊れちゃったの!?
と慌てていると横にぐらんぐらんと長い揺れがありました。

何も壊れませんでしたがテレビを見るとかなり広範囲な地震らしい。

なかなか寝付けなくて、眠れないのなら!とパジャマから外出着に着替え、
出発の準備を整えてもう一度布団に入り、
5時半起きして飛行場に向かいました。


なんだか不安な旅の始まりでしたが飛行機は無事に飛び、
まずは白金台にある松岡美術館へ。

ここはなんと写真を撮って良い美術館でした。

「どうしてですか?」と受付の方に訊いてみると、美術館の創設者の松岡さんが
海外の美術館のように自分の美術館も写真を撮っても良いようにしたいということで
シャッター音やフラッシュを使用しないカメラなら撮って良いことになったそう。

ロビーではディエゴ・ジャコメッティの《猫の給仕頭》がお出迎えしてくれました。

b0070756_912234.jpg



ディエゴは針金のような彫刻で有名なアルベルト・ジャコメッティの弟だそうです。


ヘンリー・ムーアの作品などがある彫刻の部屋やエジプトの展示の部屋、
2階の日本美術の展示も見て、
本日のメインの仏像彫刻のお部屋へ!

土門拳や入江泰吉になったつもりでパシャリ、パシャリ。
近づいたり離れたりしながら角度を変え変え、仏像写真を撮って御満悦です。

b0070756_9124988.jpg





つづく
[PR]
レオ・レオニ展の前日、小雨の降るなか石橋美術館の『画家のことば』展に行ってきました。
(2013年12・27日まで)

この展覧会はコレクション展示のため「お、これは前にも見たことがあるぞ」という作品にたくさん
出会うことが出来ます。


前田青邨の風神雷神の絵には以前見たことがありましたが、
紅白梅の絵も画面いっぱいに描かれていて面白かったです。

たしか市立美術館で見たお風呂場の女の人たちの絵にも共通するように、
青邨は画面いっぱいを使って絵を描くのが得意なのかもしれません。

大きな画面にもいっぱい、小さな画面にもいっぱい。
ぎゅうぎゅうなのにリズムがあって活き活きとして画面の外へエネルギーが溢れ出そうです。

獅子図はいっぱいいっぱいな感じではありませんが、
親の脚にじゃれつく子獅子が元気で可愛い作品でした。


面白かったのは藤田嗣治が「なぜ女性と猫を一緒に描くのか」という質問をされたときのことば。

優しくすると大人しいが、機嫌を損ねると引っ掻かれる。
猫と女は一緒だから一緒に描く・・・・・・みたいな解答でした。
そういう目で絵を見ると藤田作品がまた違って見えそうな気がする。


坂本繁二郎の自画像を見ていると、意外とごつごつの顔で暗い色づかいで、
横に沿えてある言葉も芸術に対して一家言ありますというふうで
パステルカラーのほわほわした絵を描く人という認識から、
もしかしてよくよく考えると
このパステルカラーを貫くために人生いろいろあったのではないか・・・・・・?
などと想像をめぐらせてみたり。


絵とことばと、寒い中でも咲いているバラを見に、ちょっと遠出はどうでしょうか。
[PR]
おおう。九博の徳川家のチケットを無駄にしてしまった。

ぶろぐるぽのご褒美でもらった券だったのでまた行って記事を書こうと思っていたのに、
チケットをどこに置いたか忘れてしまったのである。

冷蔵庫の上に置いてあることに気付いたのは会期終了後だった。

自分の部屋が汚いので、無くならないよう分かりやすいところに置いていたのだ。
置いていたことをすっかり忘れていたけれど。
・・・・・・部屋以前に脳内の片付けが必要と思われる。


リバー・ウォークにある
北九州市立美術館の分館の『レオ・レオニ 絵本のしごと』展が面白かった。
(2014年2月16日まで)

レオ・レオニというよりスイミーの作者と言ったら分かりやすいかも。

原画を見ていると、絵だけではなくて紙を貼り合わせて、さらにそれに絵を描いたり
色を塗ったりしているのが分かる。
本になった状態よりも凹凸がはっきり見えるのが面白い。

どの話も色がカラフルで、細かい描き込みもすごくて、動物も色々いるけれど、
なんと言ってもネズミが可愛い。

絵本を読めるコーナでレオ・レオニさんの色んな作品が読めるのも良かった。

『フレデリック』・・・ネズミがたくさん出てくるお話。やる気がなさそうなのがフレデリック。
『マックマウスさん』・・・ある日、人間になってしまった都会のネズミが街を出て、外の野ネズミの社会へ。
『ペツェッティーノ』・・・ネズミが出てこないんだけれども、荒々しい波の表現が墨流しの技法と形で表わされていて見応えがある。


グッズコーナーは充実していて、なかなか出られなかった。
なんだかどれも可愛いのである。

結局迷ってポストカードにしたけども、汚部屋に余裕があればポスターを額に入れて飾りたいくらい、
ポスターのデザインも可愛かった。(同じ絵でも切り取り方が違うと違う作品のようなのだ)。


小倉の北九州漫画ミュージアムではエヴァ展もやっているので、
気になる方は12月27日(金)までに行くと良いかも。
[PR]


もう終わってしまいましたが、
今月の頭にはるばる大阪まで行ったのは、何を隠そうこの展覧会があったからなのです。

「薬にもなる一角獣の角を取るために処女を使っておびき寄せた」という文章を
昔読んだことがあったので、貴婦人はそうなのかしら!?と想像をたくましくして行ったわけです。

まあ、そんなことを確かめるすべはなかったのでありますが。
処女=聖母マリアともとれるので想像をたくましくするほどのことではありませんけれども。

「貴婦人と一角獣展」のタピスリーの部屋とは別の部屋に
少しだけ当時の一角獣のイメージがどういう風なものだったかが
分かる品物がありました。


1500円ではあるけど、展示数は少ないけど、
その分映像を使って6つのタペストリーの魅力をじっくり解説してあって、
理解が深まるしくみになってました。

貴婦人の顔だけ、獅子だけ、一角獣だけが集まった画像を見ると
6つの違いが明確になるのです。

貴婦人のドレスや宝石、髪型もいろいろあって、動物たちの表情も豊かでした。

「味覚」のタピスリーが好きだなぁ。一角獣は「視覚」と「触覚」のが可愛い目をしてました。


終わってしまいましたが、素敵なサイトなのでアドレスをば。

国立国際美術館の「貴婦人と一角獣展」の
みどころのページ


先日ぼんやりと金曜ロードショーの『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を見ていたら談話室?の壁紙が
一角獣と貴婦人のものでした。
パソコンで本当かどうか検索してみるとほかのハリポタシリーズにも映っているようなので、
なんだかちょっと嬉しくなりました。
[PR]
暑すぎて暑すぎて、九博に行くようになって初めて、館内のカフェでジュースを飲んだ。
梅ジュースが1杯380円だった。

もう一杯飲みたいくらいだが、お財布の中身とエネルギーがなくなる前にえいや~!と腰を上げる。


「案」という低い机を見た。
文机のように脚を入れるスペースは無く、四角い天板が土台の木によって
地上から5センチ浮いているかいないかくらいだ。
どうやって使っていたのか非常に気になる。

文字を書くには不便そうだけど、湯呑とかを置いていたんだろうか。


唐以前まで椅子はあまり使われてなくて、
正座とかあぐらで床に座っていたらしい。

一体どこを調べたらそんな記述に当たるのだろう。

椅子って言葉が出てきた時代を調べるんだろうか?
そんでそれ以前に椅子という言葉が使われていなければ「椅子は使われてなかった」
っていう話になるんだろうか?・・・・・・気が長い調べ物になりそうだ。


九博の中国王朝の至宝展のおススメは、


b0070756_06195.jpg

「猿形帯鉤」(さるがたたいこう・ベルトのかざり(バックル)みたいなもの)
ベルトつきの複製のバックルが置いてあり、誰でもつけてみることができる。
猿の左手は穴に通すことが出来る。

つけてみた感じは、
ジーンズのベルトのように腰と平行にしっかり巻いて締め付けると言うよりは、
ブラウスの上からお洒落にたらりと巻く装飾品のよう。

実用じゃないものがもうこの時代(戦国・前3世紀)からあるんだなぁ!というのが新鮮だった。



写真は無いけれど唐の時代の「胡服女性俑」(こふくじょせいよう)という、
馬に乗ったりしやすいアクティブな「胡」の服を着た女性の人形が可愛かった。

同じ唐の時代なのに横にある別の女性俑はふくよかな感じ。
楊貴妃をまねてると書いてあったような。

女の人が好きそうなのは上の格好で、
男の人が「女性はこういうのが美人だよね」っていう理想がふくよかなほうなのかな。




b0070756_05233.jpg

並んでいるとなにかの生き物のよう。




b0070756_05557.jpg

牛の体のでこぼこしたところがすごくリアル。すごく身近にいたんだろうなぁ。



b0070756_03110100.jpg

「龍」
二体の龍が重なり合って尾のところに柱を通してあった。今でいうオブジェ?
写真で見るより大きいので、こういうものが建物の柱の周りにあったらさぞ存在感があっただろうな~と
思う。





九博のすぐ外に出たところにあるレストラングリーンハウスで
15時半から17時までの間の喫茶の時間に
リコッタチーズのパンケーキが食べれるらしい。(この時間帯以外にも食べれたらごめんなさい!)

15時過ぎから展示を見始めたから食べれなかったけど、また機会があればトライしてみたい!



写真は九州国立博物館のぶろぐるぽからお借りしています。
「ぶろぐるぽ」に参加しています。
[PR]
長崎県美術館の『アントニオ・ロペス』展(H25年8月25日まで)に行ってきました。


普段は日曜が休みじゃないので人の多い日は行かないのですが、
この日を逃すと行けそうになかったので、えいや!と高速バスに飛び乗りました。

途中大雨に見舞われたりしましたが、12時過ぎに無事到着。
昼ごはんを食べようとお店に入り、バスのチケットをちらりと確認してみたら
頼んだはずの「3時18分」じゃなくて
「13時18分」になっている!

慌ててバス会社に連絡して変更してもらい事なきを得ましたが、食べるタイミングを失い、
近くのカフェやレストランはどこも待たねば食べられなさそうだったので
今回は昼抜きで長崎県美へ。

ロペス展以外の催しもやっているらしく、館内は人が多い感じですが、
展覧会はわりと混まずに見ることができました。


写真と見まちがえるほどの写実に惹かれてやってきましたが
最初からそうではなく、
美術学校に在学中は写実以外の作品で、
20代後半から写実へ重きがおかれるようになったようです。

でもでも写実ではあるけど、制作方法にこだわりがあって、
1年のうちの●月●日だけ描く、とか、朝の光だけ、昼の光だけ使いたいと言って描くので
1枚の絵を描くのに時間がかかるので、動かない建物の様な物でもだんだんと街並みが
変わってくるわけで・・・・・・。

写真の様であるけれど、実はどこにもない風景なのかもしれない。

《バリェーカスの消防署の塔から見たマドリード》


長女のマリアをモデルにした作品はあるのに二女をモデルにした作品がないのは
アルバムの写真が長女より次女のほうが少ないことと同じかなぁ。
妻と孫をモデルにした作品もあるのに!
描かれていないのではなくて、この会場にないだけだろうか。

《マリアの肖像》・・・鉛筆でこの質感はすごい!

ロペスは絵だけでなく彫刻もするので、会場の出口近くに彫刻の模型と実際の彫刻の映像が
見られるコーナーがありました。

屋外に置く彫刻は大きくなくてはいけない。なぜなら自然の中では小さく見える、みたいな
ことを言っていて、なんだかなるほどな~と思いました。

ロペス以外の彫刻作品を思い浮かべて、その大きさに納得。
街路樹だって3メートル以上あるもんなぁ。
屋外の彫刻が大きいのは自然基準なんだな~。


考えもしなかったことを気付かされてちょっと嬉しくなった展覧会でした。
[PR]
熊本市現代美術館の「魔法の美術館 みんなで楽しむ光のアート」展に行ってきました。

子どももはしゃいで楽しめる、撮影OKな展覧会です。(H25年9月8日まで)



最後の部屋のクワクボリョウタさんの作品。
《10番目の感傷<点・線・面>》

おもちゃの列車にライトがついていて、動くたびに周りの影がどんどん変わります。
b0070756_2237688.jpg


行きは超ゆっくり、帰りは猛スピードで移り変わる影の景色が面白い作品。

音楽も無い、四角い部屋の壁に映し出される影を他の人とじーっと眺めているうちに
なんとなく一体感が湧いてくる不思議な体験ができます。

ピタゴラスイッチが好きな方は好きそう。ゆっくり時間をとりませう。




ガチョウとカラスの羽で出来た小松宏誠さんの作品。《Secret Garden》

横を通ったり、ふうっと息を吹きかけたりすると、くるくる回る
b0070756_22385250.jpg




ガチョウの羽根を使った大きなモビールみたいな作品の影。
右に生えている羽根は右回り、左に生えていた羽根は左回りするらしい。
(聞き間違いだったらすみません)

b0070756_2241921.jpg




手をかざすと光の色が変わる森脇裕之さんの作品。《Lake Awareness》
実物は、けっこう大きい。

b0070756_22361346.jpg




一つ一つじっくり見ても1時間半くらいあれば、お土産コーナーまで見られるボリュームでした。
大人もけっこう楽しかったです。
一緒に行った友人のちびっこも楽しそうで良かった。S様、往復の運転ありがとうございました。




おまけ。

オープンしたてのくまモンスクエアはちょうどくまモンが居る時間だったらしく、
会うための行列が出来ておりました。すごい人気だ!
[PR]
熊本市現代美術館の『魔法の美術館』(H25年9月8日まで)

体験型アートが楽しそう。



長崎県美術館の『アントニオ・ロペス』展(H25年8月25日まで)

写真と見まちがえるほどの写実。



大阪の国立国際美術館『貴婦人と一角獣』展(H25年7月29日~10月20日まで)

タイトルがもう素敵!タペストリーもあまり見れるものではないので行ってみたい。



岐阜県美術館
『オディロン・ルドン 夢の起源』
(H25年9月3日~10月27日まで)

岐阜か静岡でなんとか行きたい。




休みとお金が必要だ・・・・・・。
[PR]