カテゴリ:おでかけ( 51 )

勇者A、Bは歩き疲れていた。

東京ドーム33個分の面積があるハウステンボスでの宝探しである。
手には問題文と地図が描かれたイラスト付きの冒険の書。

最初のいくつかは割合、簡単に見つかった。
しかし、だんだんと難しくなってくる。

冒険の書は2冊ある。レベル1とレベル5の2つだ。
レベル1は園内のどこかに居るスライムをさがそう!というもので、自分の行きたい所から探して行けばいい。

だがレベル5はそうはいかない。
1の宝箱に2のヒントが書いてあるので、次の場所がどこか分からない不安がつきまとう。
けっこう歩いたけど、ここまで来てまさか戻るんじゃないか?

ゲームだと十字キーを操作するだけでいいのに、いざ自分の体を丸ごと動かすことになると、
かなりきついのである。

ゲームの主人公たちの疲労感なんてあまり考えたくない。
HPはきっとハラヘリポイントのことだ。

勇者A、BのHPは底をついていた。

お昼はルイーダの酒場でこれを口にした。
b0070756_22505945.jpg

b0070756_22504279.jpg



b0070756_22584645.jpg

ピタパンの中にはツナが入っている。ちょっと辛めのポテトがアクセントになる。

お会計の時、○○ゴールドです、とお姉さんがためらいなく言ってくれるのがすばらしい。


食べた後、また勇者二人は旅立った。そして迷い、いつもは行かない敷地の方へ歩みを進めた。
そうして、ある所までたどり着くと人だかりが出来ていて、そこへ行くとたいてい宝があるのだった。


冒険の書や宝箱の文字は漢字で書かれているので小さな子どもだけでは難しいかもしれない。
昔こどもだった人と、今こどもな人が一緒に楽しんでいる姿が多かった。

あまりに歩いて疲れたので途中でケーキも食べた。

b0070756_23372936.jpg



ハウステンボス宮殿まで行くとイラストを見れたり、
時間帯があえばドラクエの曲をピアノで聴くことが出来る。
(入場は有料)

制作のための手書きの資料の展示が面白かった。
元になるモンスターの絵があって、それを鳥山明さんがデザインするのだが、
その変換力にさすがだなぁ!
と思ってしまう。

奥まで来たご褒美のように、チューリップもいろいろと咲いている。

b0070756_2251409.jpg


b0070756_2356983.jpg



これから行く方は日焼け止めや帽子の用意が必要かも。
ドラクエをがっつりやり込んでいる人もそうでない人も、けっこう楽しいと思う。

公式サイトへ
(ルイーダズキッチンとカフェのページはおすすめです)


おまけ

夜の稲佐山。
b0070756_2257356.jpg

[PR]
あまり詳しくないので写真だけ載せます。
(前回のモーターショーの関連の写真です)

b0070756_22223057.jpg

友人が見たかったと言っていたハチロク。わたしは知らなかったので、知ってる友人がカッコイイなと思ったり。

b0070756_22302279.jpg

色が素敵!

b0070756_2231083.jpg

マセラティ。2千万くらいする。某ゲームの先生が乗っているらしい。どんだけいい給料なのだ、H学園!

b0070756_22311818.jpg

色が素敵。普段に乗りたい。(お金持ちなら)

b0070756_22344640.jpg

メガーヌと読むらしいけど、メガネ!と言いたくなる。メガネ好きにはたまらない車かも。
[PR]
マリンメッセ、福岡国際センター、福岡国際会議場で今日から30日まで開催される「福岡モーターショー2012」に行ってみた。
公式サイトへ


わたしは免許を持っているけど乗らないので、ただ形や色が素敵だな~と思って
車を見るだけだけど、展示されている高級車に腰かけてみることもできるので結構たのしいのだ。
(できない車もあります)


会場には
学生さんやスーツを着ている方、作業着を着ている方、子ども連れにカップル、といろんな人がいる。


それぞれの企業ブースの受付でパンフレットを配るお姉さんの写真を撮っている男性も多かった。
お姉さんはパンフレットを持ったまま笑顔で静止して、えらいなぁと思った。まぁ、これも仕事なのか。

面白かったのはマリンメッセのHondaのブースかなぁ。
映像を流す企業は多かったけど、ここはステージ上で人が演技してたのが面白かった。
お金がかかってそうだ。


国際センターのグッチとフィアットのコラボ車も面白かった。
とくに黒い方。

b0070756_014159.jpg


屋根が開くようになっていて、折り畳んだ布状の屋根が、リボンみたいに畳まれるところがカワイイ。
内装のシートベルトもグッチカラーで、好きな人はたまらないかもしれない。

b0070756_024658.jpg



b0070756_043090.jpg


グッチの品物なんて一つも持ってないけどな!
[PR]

南禅寺。三門に上れる。階段は急だった。

b0070756_1184798.jpg


琵琶湖疏水?

b0070756_119930.jpg


銀閣寺。

b0070756_1193162.jpg


b0070756_1194466.jpg


東福寺。橋の様な所から向こうの橋を眺めている。

b0070756_11101244.jpg


東福寺の庭

b0070756_11112294.jpg


b0070756_11203690.jpg


鴨川デルタ。

b0070756_11103652.jpg


糺の森。

b0070756_11114261.jpg

[PR]
先週、紅葉の残る京都に行ってみた。
観光客は少なめ、とガイドブックにはあったけど、観光地は修学旅行生や観光客が多かった。

それでも大して並んだりしていないので、ピーク時よりは少ないのかもしれない。

まず着いた京都駅の観光案内所で、一日乗車券を買った方がいいか相談しにいくと、
担当の紳士がかなり熱く説明してくれたので、
「京都ってクール」なイメージがあったのがすっかりなくなってしまった。


地下鉄に乗って蹴上で降り、南禅寺、永観堂、泉屋博古館、哲学の道を通って、銀閣寺へ。

泉屋博古館(せんおくはくこかん)は面白かった。
館内にいるガイドさんも熱心な方が多く、分かりやすく説明してくださった。
青銅器や三角縁神獣鏡などが好きな方も、嫌いな方も行ってみると、
ええっ?こんなのがあるの?と発見があって面白いと思う。

虎卣(こゆう)という虎みたいなのが人を抱えて今にも食べそうな青銅器の写真を見てここに行きたくなったのだが、
人を食べようとしているわけではなくて、悪い気を食べてくれているそうだ。

企画展の水墨画の方も良かった。
梅や鳥、猿に惹かれるってことは、
水墨画の中の花鳥画っていうジャンルが好きなんだなぁと自分のことが分かった気になって嬉しくなった。


銀閣寺からは少し歩いてバスに乗り、一条寺下り松町へ。恵文社に行ってみた。

恵文社は棚の並びがテーマごとに分けられていて雑貨のコーナーもあるという、
ちょっと変わった本屋さんで
テレビなどでよく目にしていたので行きたかったのだ。

普通の本屋さんにないようなたぶんマニアックな本がところどころに置いてある。
何か買おうかと思ったけど、優柔不断で買えず、雰囲気だけ楽しんで店を出た。


恵文社の後は叡電に乗って出町柳、乗り替えて河原町へ。
夜ごはんを食べて、寒いのにせっかくだからとぶらぶらしつつ宿へ戻った。

翌日はずっと気になっていた東福寺と下鴨神社へ。
東福寺の紅葉は、昨日の南禅寺や永観堂よりも残っていた気がする。
もみじの木は枯れると灰のように白くなっていて驚いた。
市松模様やお菓子のコロンを置いてみたような庭が面白くて、行って良かったなぁと思った。

鴨川もじっくり見る。糺の森はちょっとどきどきした。木立の背が高くて、道幅は広くて。
行く前のイメージでは哲学の道がこういう道だったんだけど、違った。

哲学の道は、川沿いの道の両脇に民家が立ち並び、
観光客とたまに犬の散歩をする人でいっぱいだった。
言いすぎた。いっぱい、というほどではないけど、閑散とはしていない。
物思いにふけるには人が多いと思う。
頭の中で観光地じゃなかった頃は静かだったかもしれないと思いを馳せてみる。

川沿いのせいか紅葉はきれいで、ツツジかなにかの葉っぱの赤が燃えるような赤できれいだった。


鴨川のあとはグリル生研会館でハンバーグを食べ、大人しくバスに乗り、駅でお土産を買って帰宅した。
[PR]
b0070756_22423766.jpg

目指すは会場のパレスハウステンボス。
地図によると入口から30分くらいかかるそうだけど、
実際はぶらぶら寄り道するのでもっとかかる。

海沿いなので、風が強い。防寒グッズはある方がいいかも。


途中、アートガーデンというところに寄る。

色んなバラが迷路のようなお庭に植えられている。

b0070756_2256029.jpg

b0070756_22584816.jpg


人気アニメの展示物にも捕まり、
b0070756_2333951.jpg


会場に着いたのが約2時間後。そろそろお腹が減ってきた。
ぐーぐー言うお腹をかかえて、庭を見る。

小さな小屋が建つくらいの敷地に、いろんな庭が表現されている。
ジョンサン・デンビー『Mr.マクレガーの庭』
b0070756_22465820.jpg

藤原良治『Tearful eye 2011~ray of hope~』
上から見ると「涙ぐむ眼」に見える。解説は読んでみるもんだなぁ。
b0070756_22493852.jpg


ジョン・カレン『心をひとつに』
b0070756_2251055.jpg

横に長いお庭。言いたいことが一番伝わりやすい庭だなぁと思いました。
小さい草花もかわいい。

庭の近くに屋台が出ているので、100円でおちょこ5杯分飲めると言うベルギービールを試飲。
30種類くらいあるのに下戸なので2種類でアウト。
まぁすきっ腹にアルコールはよくなかろう。

そのあとレストランや5Dというアトラクションに乗り、お土産コーナーを楽しんで帰宅。
(紅茶がいっぱいあったし、オーストラリアの缶ワインなんてものもあった。
下戸のくせに好奇心は旺盛なのでついつい買ってみる。300ミリリットルくらいで420円。
そして普段飲まないので美味しさがわからない。お酒ってこんなのだよね?という残念な大人である)


ガーデニングの入場券とハウステンボスの入場券のセットで大人一枚3500円。
5~6時間居たので元は取れたかなぁ。
それ以外にいろいろ散財するけども。
まぁ、たまには。
[PR]
先週黒川温泉に行きました。人生初黒川!露天風呂が多いそうな。
一か所500円で立ち寄り湯ができるのですが、3か所入るなら、入湯手形を買うのがお得です。

b0070756_23141387.jpg

メインストリートにはお店が並んでおります。

b0070756_23143323.jpg

軒先のとうもろこし。いたるところで見かける。


b0070756_23145049.jpg

11時ごろ着いてすぐに入った温泉「わかば」。
美人になるとかいう文句に弱い。
寝ながらお湯につかれます。平日の一番乗りで誰も居なかったのでのんびりつかれました。
そのあとまた別の温泉へ。

b0070756_2315426.jpg

どらどら(お菓子)の店の前の野良猫。
エサ代募集中。募金箱に10円入れてみた。モデル代。安いって怒られそう。




b0070756_23152780.jpg

別の日に行った、人吉のくま川下り。

b0070756_23165575.jpg

日差しはじりじり。風は川面をすべってくるので涼しい。
濡れるの覚悟でいきましょう。席によっては洗面器一杯分くらい浴びます。



b0070756_23161130.jpg



b0070756_23162793.jpg

終点に着いたら、バスに乗るべく崖を上る。リフトもある。歩くとけっこうきついです。10分くらい。

b0070756_2334874.jpg

SL人吉号に乗って人吉から八代方面へ。


b0070756_23204558.jpg

このSLの愛称は「ハチロク」。

b0070756_23373156.jpg

内装にも86が表されてます。

b0070756_23374344.jpg

出発時、ホームは白い煙に包まれる。窓を閉めていても多少煙たくなる。

車内でアイスやビールを売っていたり、車掌さんの帽子を借りて記念撮影したり(女性用もあり)、
SLを応援するために、ひたすら並走するご家族を応援していたら、あっという間に終点だった。
[PR]
建仁寺のふすまの絵。
ちょっとエグ○イルっぽい。
b0070756_22475461.jpg


同じく建仁寺。天井の龍の絵。
見上げすぎて首が痛くなる。

b0070756_22485764.jpg



二年坂あたりだったかと。
b0070756_22492545.jpg




建仁寺に行く前に六波羅密寺に行って、とても素敵な仏像を二体見たのだが、正確な名前を忘れた。
調べるのも面倒なので(なんと!)記憶で書く。
たぶん空也上人の像とその横にある地蔵菩薩坐像だ。

上人は、正面より少し左に立って見上げると、天井からの光が目に入り、うるんだ瞳でお経を唱えているように見えた。

地蔵は、じっと見ていたくなる。座禅を組んで座っているだけの静かな像なのに、圧倒的な存在感がある。
円の中に正三角形があるような、全体のバランスがいいのだ。
衣の線は上から下までぬかりなく、なめらかに続き、その下にある体をうっすらと感じさせる。

私が来るより前に見ていた60代くらいの男性が、私のことを気遣ってその場を離れてくれたのだが、
私が上人を見ていると、また隣に戻ってきていたので、「素敵ですよね」と声をかけてみた。

彼もこの像に惚れこんでいるようだった。
有名な仏師の方も、彫るのに迷いがあるときは、この像を見に来るのだ、と教えてくれた。


いつまでも見ていたかったが先を急ぐ私は、静かに像を見る彼を置いて宝物館を出た。
[PR]

清水寺近くの八坂の塔。

b0070756_2255127.jpg



塔の近くの八坂庚申堂。現代アートかと思った。

b0070756_226121.jpg


b0070756_2263424.jpg


庚申堂の梅。

b0070756_22744.jpg

[PR]
3月の頭に行った京都の写真です。
観光オフシーズンやろ、と思っていましたが、清水寺はたくさんの人でした。

清水寺横から
b0070756_235416.jpg



下から
b0070756_2354439.jpg





正面から
b0070756_23554514.jpg



おみくじを引いたら、人生初の「凶」がでた!

しかし、悪いことばかり書いてあるわけじゃないのだった。ほっ。
[PR]