最近読んだ本

『ぼくは落ち着きがない』長嶋有/2008/光文社
『小銭を数える』西村賢太/2008/文藝春秋

ぼくは〜は図書部に属する高校生たちの日常。
主人公の望美の八方美人さは自分に似てる。
きれいな女の人が好きなのも…。まじまじ見ちゃうんだよなぁ。
樫尾(カシオ)やナス先輩なんて、名前だけでもナイス。
『カツクラ』とかも出てくる。
今や、市の図書館にもあるのだが、最近読んでないなぁ。

小銭〜「焼却炉行き赤ん坊」も収録。
小銭〜の方が先に書かれている。
女の人目線で読むので男の人にイライラしてしまうのだが、
男の心の移り変わりみたいなのは理解できるので、読んでしまう。
地の文は硬い感じがするけど、台詞はイキイキして読みやすい。
[PR]
by hon-j | 2008-11-12 21:57 | 買わない人の読む本 | Comments(0)