お宝見学

九州国立博物館の『島津の国宝と篤姫の時代』展に行きました。

日曜の午後、観光バスからぞくぞくとお客さんが降りてくる。
人が多そうだな、と思ったら、案の定、人ばかり。
……なかなか進まない。

この前のバックヤードツアーで見た、
茶色の建物の模型があったり、古文書がありました。(多分見たと思う…)

『江戸大地震図巻』という絵巻が見ごたえがありました。
地震があって、火事が起こり、避難生活(ふすまで仮設住宅が造られてるっ)、
復興までの町の様子などが細かく描かれています。
絵巻は右から左に見ていかないといけないけど、流れに逆行できない人の多さよ……。

最後らへんにはNHKの『篤姫』コーナーも。
登場人物紹介のパネルや、メイキング映像などがあって楽しめました。
オープニングの映像で篤姫が金色の着物を着ているシーンがあって、
クリムトっぽいと思ったら、やはりクリムトなんだそうで、
なんだか嬉しくなりました。

入り口から入ったとこにある
「篤姫が案内する島津の国宝と篤姫の時代 こどもガイド」は
『大奥向惣絵図』を見るときにとっても役立ちました。もらっときましょう。
ここが御鈴廊下かぁと、浸れます。

実は大河ドラマの『篤姫』は見ていない私でしたが、
なかなか楽しめました。


九博のぶろぐるぽに参加しています。
[PR]