南へ北へ・ミレイ展

この前は久留米の石橋美術館に行きましたが、
今回は北九州市立美術館へ。
『英国ウ゛ィクトリア朝絵画の巨匠
ジョン・エウ゛ァレット・ミレイ』展を見てきました。
08.8/17まで

八幡駅からちょっと歩いて大通りにでて、
小倉駅、砂津方面行きのバスに乗り、10分〜15分くらいで
七条へ。八幡駅の周辺が開発されていて、ちょっとびっくりでした。
マンションやお店が色々オープンしておりました。

七条からは美術館の無料シャトルバスに乗り、(20分間隔)
5分くらいで到着。

正直言うと、ミレイは≪オフィーリア≫しか知りませんでした。
『ハムレット』を読んだことのない私は、この絵が溺れて死ぬ場面
ということを知らず、きれいな女の人がうっとりしながら、
流れのない川に浮かんでる場面だと思っていました。
なんかちょっと怪しいな〜って。

ちなみに、この絵はミレイ22〜23歳の頃の作品なのでした。
10歳くらいから大人顔負けの絵を描いているので、ちょっと納得。

今回のミレイ展は、始めから終わりまで74点全部ミレイなのでした。
(たしか…)
ロセッティもあるかな?と思ったけど、
パネルでちょろっとくらいでした。残念。


≪マリアナ≫、≪きらきらした瞳≫、≪穏やかな天気≫
が好きだな〜と思いました。
≪マリアナ≫の右端の下にいるねずみは可愛いけど、何か意味があるのかなぁ。
≪穏やかな天気≫の右下にいるカワセミは、そこに目線を合わすと、
木々がとても伸びやかに高く見えました。でもそれ以外に何か意味があるのかも…。

東京と福岡だけなので、ミレイファンは是非行ってみることをおすすめします。
[PR]
by hon-j | 2008-06-26 20:22 | 展覧会レポート | Comments(0)