もし目が見えなくなったら

目が見えなくなったら、美術館って楽しめるだろうか、と
心配している私。
『だれもが楽しめる ユニバーサル・ミュージアム
“つくる”と“ひらく”の現場から』
国立民俗学博物館 監修
広瀬浩二郎 編著
読書工房/2007

シンポジウムでの報告内容に加筆修正を加えたもの、ということもあって、
喋り言葉なので読みやすい。
九州国立博物館の報告も載っている。
目の見えない人をターゲットにしたさわる展示の報告が読んでいてわくわくした。
でも今、目が見えなくなったら、福岡での展示ってあまり楽しめないかも、とも
思う。都会じゃないとやってないみたいだし。……残念。
これからかな。

さわると資料が劣化していくということと、博物館が資料を保存して次の世代に
伝えることが矛盾せずうまく噛み合っていけばいいなぁ。

ソフト面で何ができるかというのが、課題という所は
自分の仕事にも通じるところがあるような気がしました。

色々書きたいけどうまくまとまらないのでここまで。
[PR]