検証、フリーマーケット

1/6のヤフードームのフリーマーケットに行きました。

福袋を買って、いらない未着用の品物を出す人が多いはず!
という予測を立て、一人雨と強い風の中ドームへ向かう。

ぐるぐると回ったが、未着用品、もしくは福袋の中身売ってるよ〜という
店は発見できず。ネットのオークションに流れるのだろうか。

見やすいお店はハンガーに吊るしてあるお店で、なおかつそこに料金が
書いてあるお店。吊るしてあっても商品やコーナーに値札がないと
お客さんは高いのかしらね〜といって去ってしまう。

地面に並べているお店は、畳んであることが第一かと思われる。
雑誌などで知られているのなら、ブランド名を書いておくと、
なお効果がある。
例)**のワンピース1500円
山積みの店は探している最中、店員さんに監視されているようで見づらい。
この中500円、この中300円、などと書いて箱に入れてあったりするほうが
見やすかった。

客層。
家族連れや老若男女さまざま。
幼児や子ども向けの洋服やおもちゃが売れているようだった。
短い間しか使用しないためだろう。

隊員の獲得物。
けば立っているが、色は素敵なカットソー1枚。
300円なら、と思ったが200円だったので購入。
以外に使える。

未着用品を売りにしている店は見つけきれなかったが、
お祭りのような雰囲気は楽しかった。値下げ交渉などもしてみたいところ。
自分で出店するときは学んだことを検証してみよう。むふふ。
[PR]