クレームの電話、かけちゃった

セーターを買って着ようと思ったら、
襟ぐりのところがなんだかほつれている気がするので、
その旨を伝える電話をかけてみました。

持って行ったら代えてくれるようです。

ほつれてる感じなのが、その製品全部に共通するのであれば、
全然問題ないのですが。うーん。
着られても洗ったときに、ひどくなったら〜と思うと心配だったので
思いきって電話をかけたのですが、なんだかユウウツです。
持って行くのも、近所ではないのでめんどくさいニャリ。


普段クレームを受ける立場ですが、言うほうも面倒だなぁと。
というか、クレームって、苦情ではなくて主張だから言ってもいいはずなんですよね。
主観的なのとかは対処しづらくて困るけど。


自分の主張や疑問が間違ってるかもしれないわけで、
恥ずかしい思いをするかもです。
そのときはそのとき。
交通費は授業料〜。ついでにそこらへんを、またぶらぶらしてみよう。
(と前向きにしめくくってみる)

辞典でほつれとほころびの意味が違うことを初めて知りました。
縫った糸が切れたのがほころびで、
ほつれは結んだり編んだりしたものの先端がほどけてしまったときだそう。ふぇ〜。


追伸、アジ美、行きました。
中国の現代美術面白かったです。
労働者が小屋の中に集まっている姿を描いた作品の視線が
すべてこちらを見ているようで、見つめられてる〜という気がして恥ずかしかった
です。中国画というジャンルもおもしろいかも。
[PR]