『図書館の神様』瀬尾まいこ/2003/マガジンハウス

面白かった。
朝読み終わって、仕事帰りにまた初めから
ぱらぱら読んでしまった。

図書館に住んでいる神様と、学生の話、

ではなく、

講師の清(きよ)と高校生の垣内君の
文芸部で文学する話というとこでしょうか。
垣内君は部活以外にも。

弟の拓実君や恋人の浅見さんもいい味出しています。 

シリアスな場面あり、笑えるとこあり、
でも変に現実離れしているわけでもなく、
短い話だけど、実がぎっしりという印象を受けました。


川端文学で鼻血……。知らなかった。
気になります。
漱石の『夢十夜』は読んだです。ちょっと怖いに賛成〜。
[PR]
by hon-j | 2006-10-06 08:30 | 買わない人の読む本 | Comments(0)