花よりだんご〜まぼろしの梅ヶ枝餅を求めて〜

小さい春、見〜つけた!

b0070756_225333.jpg

数日前、太宰府に梅を見に行って来ました。
満開ではないものの、たくさんの樹があるので、眺めがよかったです。
雑貨屋さんやお土産やさんもなかなか楽しかった。

ところで、梅ヶ枝餅を食べたことはありますでしょうか。

わたしは、生地が厚くて、外側がかりっとする餅を十年くらい前に一度、
店内で食べたことがありまして、鬼すべの行事を見に来たときも、
別の店の店内で食べたのですが、かりかりではなかったのです。

持ち帰りでなく、店内で食べれば固いのが食べられるはず、と
思っていたので、少し残念でした。

今度いったときこそは、と今回は十年前に買ったであろう店で買いました。
店内で食べる気が満々の私を尻目に、連れがさっさと持ち帰りで餅を買い、
一時は喧嘩になりましたが(たかがもちというなかれ)、
餅を食べて落ち着いた私は、どんな餅が本当の梅ヶ枝餅かを説いたのであります。

餅がボルガというパンのように、周りに固い部分がある。
餅がやわらかすぎない。適度な厚みがある。

これを探して、店先をじろじろと見つつ、帰ったのですが、
なんと、ありました。
西鉄太宰府駅から歩いて三分くらいの鳥居の近くの○○○店。

今焼いている、という餅が紙に包まれ、手渡され、口にしたときのあの瞬間。
連れに、「ね、あったやろ〜」と幻の梅ヶ枝餅を自慢することが出来ました。

ラップにくるまれるとおいしさが半減するので、
焼いてる餅がもらえるといいですね。

今度は、この外見で、さらにうまい!という店を探したいと思います。
おいしいところないかな〜。
[PR]
by hon-j | 2006-03-04 23:05 | 日々の生活 | Comments(0)