福岡から万博への旅

愛知は空港から会場までが遠かったです。
会場は人が多く、トヨタ館などは、
あまりの待ち時間に、寝る人続出。

団体旅行なので三時間くらいしかおられず、
アジアのエリアの外国のパビリオンをぐるぐる回りました。

モンゴルの岩塩ソフトクリームというのがあって、
水色のクリームに岩塩をふって食べるらしいのですが、
あまりの水色さに手を出せず。
食べていた人に聞いてみるとさっぱりした味だそうです。
あの水色は何の水色なのだろう。

アートは、さとうりささんの、白い人の形のような
オブジェをみました。霧みたいなのがでていてその中に
どんと立っていました。

お土産も売り場に入るまで30分待ちとかで、
買うことが出来ず。
地球のこと大事にするなら、お土産は土にかえるものとか、
緑の苗とか売ればいいのになぁ。

お土産やさんが少ないのは、買わせないための抵抗なのかなぁ。
ディズニーランドとかと比べると、
お土産買うとこがかなり少ない気がいたしました。
黄色いキッコロとか見てみたかったなぁ。


翌日一人で明治村へ。都心から一時間くらいでした。
ここは、明治の古い建物を移築して、山の中に展示してある、
野外の博物館なのであります。

目指すはライトの帝国ホテル。
…地図を見たら一番端。

ここも三時間くらいしかいれなかったので、
全部は見れませんでしたが、なんとかゴールまで辿り着けました。

緑も多く、ハイキング気分でうろうろできます。
フィルムは多めに持って行った方がよいです。

お勧めは、帝国ホテル近くにある展望タワー。
もとは銀行らしいのですが、これを遠くから
見たときは、かなりおどろきました。
(変わった形をしているので。)

足が疲れましたが、面白い経験ができました。

追伸、みそかつ、えびせん、手羽先たべました。
味がこい〜。
[PR]
by hon-j | 2005-09-13 22:21 | 展覧会レポート | Comments(0)