へしきりを見てきました

噴水の池の水が凍っているのを横目にやってきました、福岡市博物館

目的は一月末まで展示中の国宝の刀 名物「圧切長谷部(へしきりはせべ)」
某オンラインゲームに出てくる刀が自分が住んでいる県に展示してあることを知り、
ミーハー心丸出しで馳せ参じたわけです。

平日の開館直後にも関わらず、企画展示室にはすでに二十人以上の女性が入室していました。

中でもとりわけ人気は『企画展示室2』。

大身槍の日本号と刀の圧切が並ぶガラスの前には写真を撮ったり眺めたりする方が列をなしておりました。

(日本号部分。刀身彫刻は倶利伽羅)
b0070756_23302374.jpg


わたしも一度目は写真を撮るため、二度目は肉眼でまじまじと見るために二回ほど列に並びました。

b0070756_23274648.jpg


圧切長谷部は離れたところから見ても波のような刃文がくっきりしているのが印象的でした。


拵(こしらえ)はシンプルで、鞘の先の方から三分の二が金色で、
鐔(つば)から三分の一が黒く漆で塗られているようでした。

b0070756_23272088.jpg



柄(つか)には柄糸を菱目状に巻き締める菱糸巻きがほどこされており、
菱形になったところからは赤などの色が覗いています。
本を見ると柄巻の巻き方も色々でもっと柄の写真を撮っておけば良かったな~!と
くやしくなりました。


ミュージアムショップでは国宝の『日光一文字』『圧切長谷部』の実物大のポスターも。
三メートル五十センチもある日本号のポスターは完売、
圧切は近日入荷中と書いてありました。


企画展示室には刀以外にも素敵な物がたくさんありました。
「黒田二十四騎画貼紙形」
仏像などでは見たことがありますが、武者絵の白描画(主に墨一色の筆線だけで描く技法)は珍しい
気がしました。
色がない分、線だけに集中して見ることができるのは線フェチとしてはたまりません。

「寿老および鶴猿図(じゅろうおよびかくえんず)」
三幅対の掛け軸の一つに三十匹以上の猿が描かれている絵に驚きました。


企画展示室だけではなく常設展示室も見ることが出来て200円というお得さなので
時間のある方はそちらもぜひ。
[PR]