『美の国日本』展に行ってきました。

九州国立博物館 開館10周年記念特別展『美の国日本』に行ってきました。


お昼時は少ないかな~と思っていたら太宰府天満宮への参道は
いつものように修学旅行生と外国からの観光客で溢れていました。

それにしても人が多いのは七五三シーズンだったり
菊花展と秋の銘酒展も開催されていたせいでしょうか。
(今日は夜の七時ごろから更衣祭という衣替えの儀式もあるとか!)


参道にいつのまにか九博のミュージアムショップ(分館?)が出来ていたので
行く途中にちょっと覗いてみました。
来年の干支の猿に関するグッズや九博のグッズ、筆や紙などがあって
長居しそうだったのでとりあえず出て、梅ヶ枝餅を頬張りながら博物館へ向います。

パンフレットに大きく載っていた螺鈿の琵琶の展示は終わっていましたが、
遮光器土偶や火焔型土器など教科書に載っている作品が色々と展示されていました。


『龍首水瓶(りゅうしゅすいびょう)』は瓶にペガサスが描かれている珍しいものでした。
注ぎ口は龍の顔になっています。


『鉄樹』という現代アートのオブジェのような鉄で出来た木の枝もありました。
藤原秀衡の床飾りだったそうです。

『葦出絵和漢朗詠抄(あしでえわかんろうえいしょう)』は
絵の中にデフォルメされた文字が描かれているもので
読めないなりに字を目で追っていくと、たしかに絵が文字になっているものがあって、
発見できた時は嬉しかったです。


『不動明王三童子像』という3メートル近い大きな掛け軸も迫力がありました。

不動明王はよく制多迦童子(せいたかどうじ)と矜羯羅童子(こんがらどうじ)を連れているのですが、
この絵は矜羯羅童子の隣にもう一人居るのです。

誰だろう?と調べて見ると蓮華童子(れんげどうじ)という聞き慣れない名前が出てきました。
(長崎県の文化財のページへ)
検索してもなかなか出てこない蓮華童子・・・・・・。むむぅ、なにやつ。

二童子のどちらかというと紅い色した制多迦童子がカッコいいので目が行きます。



3階の文化交流室では
『田主丸コレクションの茶陶』
で素敵な唐津焼を見ました。

やきものが好きな方は文化交流展示室10室へGOです。


九博の第36回ぶろぐるぽ
に参加しています。
[PR]
by hon-j | 2015-11-20 23:03 | 展覧会レポート | Comments(0)