2014年3月の東京旅

2014年3月14日(金)午前2時ごろ、
スマホを持って初めての緊急地震速報がグワグワッと鳴って
布団から飛び起きました。

初めて聞いたので何の音か分からず、スマホの目覚ましってこんな音じゃないよね?
壊れちゃったの!?
と慌てていると横にぐらんぐらんと長い揺れがありました。

何も壊れませんでしたがテレビを見るとかなり広範囲な地震らしい。

なかなか寝付けなくて、眠れないのなら!とパジャマから外出着に着替え、
出発の準備を整えてもう一度布団に入り、
5時半起きして飛行場に向かいました。


なんだか不安な旅の始まりでしたが飛行機は無事に飛び、
まずは白金台にある松岡美術館へ。

ここはなんと写真を撮って良い美術館でした。

「どうしてですか?」と受付の方に訊いてみると、美術館の創設者の松岡さんが
海外の美術館のように自分の美術館も写真を撮っても良いようにしたいということで
シャッター音やフラッシュを使用しないカメラなら撮って良いことになったそう。

ロビーではディエゴ・ジャコメッティの《猫の給仕頭》がお出迎えしてくれました。

b0070756_912234.jpg



ディエゴは針金のような彫刻で有名なアルベルト・ジャコメッティの弟だそうです。


ヘンリー・ムーアの作品などがある彫刻の部屋やエジプトの展示の部屋、
2階の日本美術の展示も見て、
本日のメインの仏像彫刻のお部屋へ!

土門拳や入江泰吉になったつもりでパシャリ、パシャリ。
近づいたり離れたりしながら角度を変え変え、仏像写真を撮って御満悦です。

b0070756_9124988.jpg





つづく
[PR]
by hon-j | 2014-04-19 08:53 | 展覧会レポート | Comments(0)