秋の岐阜旅

b0070756_23145935.jpg


岐阜県立美術館にルドンを見に行ってきました。

福岡からは新幹線と在来線を乗り継いで、岐阜駅からはタクシーで15分くらいで
美術館に到着。
家からだと約5時間かけてここにたどり着いたわけです。ふう~。

ルドンを見た後は特急に乗るため岐阜駅へ。駅弁がなかなか見つからず、
コンビニの駅弁コーナーであゆのお寿司を購入。おいしくなく・・・はない。
特急の車内では駅弁の販売は無いそうなので、あらかじめどこかで買っておくのがいいかもです。

名古屋から乗って来たお客さんは名古屋で買ったらしき駅弁を広げておりました。

ワイドビューひだは名前のとおり窓が大きく、開放的な気分になります。
岐阜を出てしばらくは横にかなり揺れたのでご飯を食べるのが大変でしたが
遊園地のアトラクションのようでおもしろかった。



2時間もすると高山駅に到着。
岐阜の市街地を抜けると川や山、ときおり民家という道のりが長く続いたので、
高山にどうつながるんだろう?と思いきや高山駅まであと5分くらいのところから
だんだんと景色が変わって来ました。

背の高い建物が増えてくると、あれよあれよという間に高山駅へ。
外国人の観光客もけっこう多い。高山駅には駅弁が売ってました。飛騨牛なんちゃら的な!

この日は観光はせず、駅の隣にある新しい建物の濃飛バスセンターへ。
ここから50分で今日のお宿がある白川郷に行けるのです。

というか、JRではいけないので自家用車を持っていない観光客はここから
バスでしか白川郷に行く手段がないのでした。

駅前の繁盛しているファミマでファミぼぼを見つけたり、ぼんやり過ごして
バスを待ち、いよいよ白川郷へ。
[PR]
by hon-j | 2013-09-24 00:19 | おでかけ | Comments(0)