「2013イメージフォーラム・フェスティバル」に行ってきました。

福岡市総合図書館の映像ホール・シネラで開催中の

映像アートの祭典
「2013イメージフォーラム・フェスティバル」に行ってきました。

曜日や時間帯によって観られる作品が違い、

冒険するドラマというくくりの
大力拓哉、三浦崇志作
『石と歌とペタ』

二宮健作
『大童貞の大冒険』を観ました。

それぞれ約一時間で計二時間くらい。

前者は“石”と“歌”と“ペタ”の三人がドライブしたり、どこかに行ってぶらぶらする話。
見た目は人で、関西弁を喋るのでなんだかとっつきやすい。

何か話してと言われると、物語を語ってくれる“石”や、この気持ちを歌ってというと歌ってくれる“歌”。

“ペタ”が一番謎かもしれない。

雨に打たれるフロントガラスやサイドミラーに映るトンネルの灯りは変わった光景じゃないんだけど、
あったらついついぼーっと見てしまうので、こういうのを面白いと思って撮ってる人がいるんだというのが
仲間がいた!みたいな気持ちになって嬉しかった。

池に石を投げ入れて、やられたふりをしあう場面も面白かった。



後者は前者に比べるとストーリーがはっきりしていて、二作品一緒に観れてよかった。

童貞の男の子が好きな女の子に近づくため演劇サークルに入ってだんだんと仲良くなって
・・・・・・というお話。

タイトルがとってもキャッチーだな~と思って前評判など見らずに観に行ったら、
タイトル通り直球な話でした。動きがいっぱいあって面白かった。

女の子がよく笑うのが可愛い。
男の子は悩んでいるのが可愛い。

ブルックナーを聴くたびに色々思い出しそうな気がする。
「イケメンじゃなきゃやだ~」という曲が頭の中でぐるぐる回っている。



福岡市総合図書館の映像ホール・シネラで2013年6.5(水)~9(日)まで。


日曜のプログラムの、漁船操業の様子を極小カメラで捉えたドキュメンタリー作品
『リヴァイアサン』も面白そうです。



次は名古屋は2013年6.12(水)~16(日)まで
愛知芸術文化センターにて開催。


その次の横浜は2013年7.13(土)~15(月)まで
横浜美術館にて開催。
[PR]