『進撃の巨人』を見てみた

『進撃の巨人』は、
予備知識が「人間が巨人に食べられる話」くらいのお粗末な知識でこわごわ見始めたものの
すっかり次回が待ち遠しくなっているという、怖いし残酷なんだけれども面白いアニメでした。


漫画は読んでいないので1~3話のアニメから得たうろ覚えな知識ですが、
興味を持ってくれる方もいるかもしれないのであらすじを書いてみます。


以下ネタばれなので、見たくない方は戻るボタン推奨!







人間の天敵、巨人から身を守るべく人々は50メートル近い高さの壁の内側に住んでいる。
しかし、その壁を50メートル近い超大型の巨人が壊し、筋肉の発達していない巨人も続々と
入って来る。
巨人は逃げまどう人を食べ、主人公の母親も主人公の目の前で食べられてしまう。

生き延びた人々や主人公たちは壁の外ではなくさらに内側の壁の街に移動を始める。
この世界は壁が何重にも張り巡らされていて、安全な内側には国王が住み、
外側に行くほど巨人の危機にさらされるため、外の街の人ほど内側の街の人から蔑(さげす)まれている。

主人公やその友人たちが移動した街では食糧難が起き、その難を逃れるために
巨人討伐という名目でに生き残った人が元居た街に送りだされることになる。
(主人公はまだ子どもなのでそれには行かなかった)。

2年後、12歳に成長した主人公は巨人を根絶やしにするべく調査兵団に入るため、
訓練兵団に入隊。さまざまな地区からやってきた若者と出会う。
巨人を見たことのある者、ない者、
中には国王の近くで働く近衛兵になって、巨人の恐怖から遠ざかろうとする者もいる。

巨人と渡り合うための立体機動術の習得をする主人公だったが・・・。



ざっとこんな感じです。
漫画を読んだりアニメをじっくり見ている方には「色々間違ってる!!」って
言われそうですが、こんな感じです。たぶん。


そう。ただ食べられて、やっつけようっていう話の物語ではなかったのです。
そりゃそうだ。それだと何巻も持たないし。

主人公たちは巨人と戦うとともに、内側に暮らしている王様、というかこの国のシステムと
戦わないといけなくなるんじゃなかろうか。

そしてそして気になるのが巨人の生態!

巨人たちは衣服をまとっていないんだけれど、18禁にならないための配慮なのか
乳房や生殖器がないわけで、配慮じゃないとしたら巨人はどうやって増えるのか。

1話か2話で主人公が夢の中で(?)父親に注射を打たれるシーンがあるのだけど、
もしかして病気みたいに普通の人間が突然変異で大きくなるのだろうか。それを防ぐための注射か?

進撃の巨人ってタイトルだから、主人公が巨人になって内側の壁を突破して行くとか?


巨人があの大きさであの人数の生活を維持するためには一つの街の人口くらいじゃ
足りなさそうなんだけど、人以外に何か食料源があるんだろうか。
寿命ってどのくらいだろうか。


超大型巨人や鎧の巨人は壁をやぶったけど、どうして次の街の壁もやぶらなかったの
か。(反撃を受けたとかの詳細は割愛されたのだろうか・・・。それともそれだとすぐに話が終わるから?)

筋肉のあるアスリート巨人(勝手にそう呼ぶ)がいるならば、言葉を喋れる巨人もいるのではなかろうか。

壁の建設中に巨人はアタックしに来なかったんだろうか。

人間と巨人の大きさの対比って、見ていると○カちゃん人形と人間くらいの大きさのようだ。
だとしたら、壁は3メートルくらいの高さなのだろうか。
リ○ちゃん人形がそんだけ高い壁を作る技術を持っていると考えるとすごいことだよな!とか
勝手に置き換えて想像してみたり。




1、2話を見た日は上記のようなことを考えて興奮してなかなか寝付けませんでした。



漫画、買えば?って言われそうですけど、巨人が怖いのとアニメを楽しみたいので
しばらくは様子見です。


3話目のミカサ(主人公のお守役のようなクールな美少女)のセリフが面白かったのと、
仲間が色々出てきたのでこれからますます面白くなっていくんじゃないかなぁ。
ジャンのミカサへの恋が実るのかも気になるとこです。・・・・・・無理かな?


何か言い忘れたような・・・・・・主人公の名前はエレンです。男の子です。猪突猛進!

公式サイトを見ていたら福岡でも放送があってたので録画予約しました。
おっきい画面で怖いシーンを見るのか!ぷるぷる!!



忙しくなってきたのであまちゃんとうたプリと進撃を楽しみに日々過ごして行きたいと思います!
(けっこう見てるよね)

アデュー!
[PR]