奈良写真と文 (おしまい)

法華寺
b0070756_2362454.jpg


秘仏の十一面観音を拝観しました。
思っていたより小さく感じました。

慈光殿(収蔵庫)の不動明王の像が小さいながらもいいなぁと思いました。
脇侍の名前が書いていないのでたぶん、
矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制多迦童子(せいたかどうじ)だと思うのですが、
彼らの顔は不動明王よりも小さいのに
細かい表情がでていて、腰を引いたポーズも面白いです。


国史跡 名勝 庭園
b0070756_2364428.jpg


電車内からの夕陽。電車が遅れていて、新幹線の発車5分前にターミナル駅に着きました。
b0070756_2373924.jpg



旅のルート

1日目

先月行った奈良は紅葉していませんでしたが
(京都みたいにお寺にもみじが植えてある所が少ないみたい)
かわりにキンモクセイがそこここで香っていました。

正倉院展に行くはずが、まだ始まっていなくて、なら仏像館で仏像鑑賞。

奈良の国立博物館のなら仏像館に行ったら、ぜひ第9室に入って頂きたい。
護法の天部形のところにある十二神将のとくに猿が可愛くて。

仏像の頭の上にそれぞれの干支の動物をのせているんだけれど、
猿が体育座りしたり、耳の方まで足を伸ばしていたり、しぐさがキュートです。


第9室の左横にもたしか室生寺の十二神将の二体があって、
色白で目がくりっとしていて可愛かった。
なんであんなに白いのかなぁ。木が違うのか。色が塗ってあったか。

意外と見てないし覚えてないもんだ。
第10室の檀像のところにある木造の小さな仏像も素敵。

浮いてる衣まで一つの木から彫られてる!



その後、東大寺門前夢風ひろばで昼ごはん。吉野葛を使ったお店でした。

バスに乗って浄瑠璃寺へ。

浄瑠璃寺の不動明王の脇侍の制多迦童子もイケメン。ポストカードを買う。

バスに乗り、奈良市内へ戻り、興福寺の金堂、宝物館を見学。

町や商店街をぶらっとしてゲストハウスに泊まる。
夜は奈良漬と茶がゆを食べました。


2日目

近鉄奈良駅から、西ノ京駅へ。
薬師寺、唐招提寺を拝観。

薬師寺の大宝蔵殿は面白いものがいっぱいだった。

国宝の吉祥天の絵の解説にご利益が書いてあって
「字が上手になる」はいいとして「天平美人になる」っていうのは、いいのか、悪いのか。
「今風の美人になる」って書いてあるよりはマシか。


蛇の体でヒゲの長いおじいさんの顔の宇賀神像(あんまり見たことがない)と
小さいけどピリッとした大黒天立像もよかった。

和尚さんの描いた大黒天のいろいろな動作の絵も面白い。神様というより、可愛いおじさん。

唐招提寺はお堂や庭がとてもきれいでした。

西ノ京駅まで戻り、西大寺へ。愛染明王やその他の仏像を見る。

西大寺周辺でご飯を食べ、バスに乗って法華寺へ。その後歩いて海龍王寺へ。

海龍王寺からてくてく歩いて平城京跡へ。

平城京跡からはバスで西大寺へ。

京都まででて新幹線で柿の葉寿司を食べながら帰りましたとさ。
[PR]