『いわさきちひろ』展に行ってきました

北九州市立美術館、本館の『いわさきちひろ 母のまなざし・子どもたちへのメッセージ』展に行ってきました。
(2012年10月21日まで)


七条のバス停から坂道を上って20分。

丘の上から遠くの関門橋や煙突や街をながめて、いざ中へ。


KBCシネマで「いわさきちひろ 27歳の旅立ち」というドキュメンタリー映画を見ていたので
なんとなく分かったような気がして、ぼんやり絵を眺める。

油絵だったり、よく見るちひろの絵になる前の彼女の作品があったりする。
映画では見なかったような気がする。

子どもの絵がうまいのは自分の子どもを描いたり、
育児雑誌の仕事をするときに月齢ごとに子どもを描き分ける
必要があったので幼稚園や保育園でスケッチをしていた~というような
ことがキャプションに書いてあったのでなるほどなぁと思う。

14歳から絵の勉強を始めて、書の勉強もして、結婚し、相手が亡くなり、27歳で上京して
新しい旦那さんと出会って、子どもが小さい時は信州の実家に
預けながら絵の仕事をして・・・・・・。

55歳で亡くなるまでにたくさん絵を描いたんだなぁ。

『あいうえおのほん』の絵は「がぎぐげご」などの
行ごとに色が違って色んなものが描いてあるのが楽しい。

『立てひざの少年』は何度見ても可愛い。
息子さんがモデルだったんだなぁ。


子どもの絵も好きだけど、ちひろの描く青年や女性の絵ももっと見てみたいなぁ。

『万葉のうた』の絵本、欲しいなぁ。
(展示されてなかったけど、以前、図書館で見ていいなぁと思ったのです)
[PR]