野外上映初体験!

金曜日にアジアフォーカス・福岡国際映画祭のオープニングセレモニーに行ってきました。
会場は天神のど真ん中、福岡市役所のふれあい広場。

b0070756_0194246.jpg


ハガキを出して当選だなんて、わたしって運がいいじゃん!
と思ったら1500名様ご招待ということで、実はとても高い確率で当たったのかもしれません。
入場待ちの列は、老いも若きも女性が多いような。


いろんな国から俳優さんや監督などが来日するなか、ゲストで一番拍手が大きかったのは、
知名度抜群のおすぎさんでした。・・・そりゃあそうなるよね。

野外上映の前には上記の方たちからのコメントや韓国のアイドルのステージがあったり、
インドネシアの舞踊があって、20時過ぎから映画が始まりました。

カーテンが広がるのかと思いきや、今まで舞台の床として使われていた所がぐぐっと
持ちあがり、そこに鮮明な画像が映し出されました。

野外だからカーテンみたいな布に映したら、風で揺れてたまらんもんなぁ。

そういうものが野外上映の楽しみなのかしらと思っていたら意外と対策がしてあるので
ちょっと驚きました。

小雨が降ってきたので、入場の際に配られたカッパを着てみたり。

蒸れて暑かったのもいい思い出です。雨はすぐに止んで、音もクリアに聴こえました。
野外ライブを楽しんでいる気分です。

パイプ椅子に18時から22時過ぎまで座りっぱなしだったので
お尻はがちがちに。これもまたいい思い出です。

何が上映されたかというと『ダンシング・クイーン』という韓国の映画でした。

あの、良く聴くアバの『ダンシング・クイーン』はかかりませんでした。

でも面白かった!

歌って踊れる歌手になることが夢だった妻にチャンスがめぐってきたけれど、
夫がソウル市長戦にでることになって世間体が悪いと言われて・・・。
どちらかが夢をあきらめるの?どちらも叶うの?って最後までどきどきさせてくれました。

ダンスや歌、テンポのよいセリフで娯楽性もありながら、
ジェンダーの問題や政治の問題などもまるっと入っていて
とても内容が濃い作品なのでした。

腐女子的には夫と議員の友人の関係が見どころでしょうか。

儲からない弁護士の彼をドロドロとした政治の世界に引き込んでしまった自分を悔いるシーンとか
傷つくことが分かっているのに公の場に立たせて、あげく傷つけられた彼を目にするところとか。
議員さん役の方の苦悩する姿が見ていて引きつけられたのでした。
絡みのシーンとかないですけどね!


23日まで数回上映されますのでぜひスケジュールをチェックして見に行ってみて下さいませ!

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2012公式ページに飛びます。
[PR]
by hon-j | 2012-09-16 01:12 | おでかけ | Comments(0)