ふだん見ないものを見てみよう

先週R18の映画を二本を見てきました。

最近東京の方ではロマンポルノというものが女性の間で流行っているらしい
との情報を得て、福岡でもKBCシネマで24日まで上映すると聞いたので行ってみたのです。

ロマンポルノってなんだろう。AVみたいなものなんだろうか。
たくさんの観客とエッチなものを見るって一体どんな気分だろう?

流石に友人を誘うわけにもいかず一人で見に行きました。

「丸秘女郎市場、一枚ください」(正式には丸の中に秘と書きます)
「白い指の戯れ、一枚ください」

チケット売り場でタイトルを口にするだけで恥ずかしいのですが、
これもR指定の映画を見るための何かのプレイに違いない。


ロマンポルノは10分に1回くらいの割合で絡みのシーンがでてくるのですが、モザイクはナシ。

見えてはいけない所はすべてカメラのアングルや物によってカットされるのでした。

たとえば棚や植物が邪魔したり、大事な所が見えない角度で撮ってあったりするわけです。
モザイクがかかったり、全部が見えるよりもよっぽど洗練されていてこれはアリだな~と
思いました。

映画を見る前は、隣の人が息を荒らげていたらどうしようと
無駄な心配をしていたのですが、席もぎゅうぎゅうではないので、とくにそんなこともなく。
観客の大半は一人。たまに大学生らしき二人連れや映画好きのカップルがいるくらいでした。

コメディタッチのものを見たせいか、
絡みのシーンで笑う場面が多かったのが意外でした。

コトがうまくいかなくて会場から男女問わず笑いが漏れたり。

そう、会場には私以外にも少数ですが女性がいらっしゃったのです。
隣に居た方に声をかけたら71歳でいらっしゃいました。

「自分が30代の頃には女性が見るものじゃなかったし、見に行こうとも思わなかった」
のだそうですが、今は映画を色々見るようになったのでその延長で見に来られたようでした。
もうちょっとお話してみたかったなぁ。
毎日来ているそうなので、作品の比較ができて面白いだろうなぁ。


ラジオから流れる株価の値動きを読み上げる声や挿入歌やら、
最中になにかしらざわざわとした「音」が入るのが新鮮でした。

これもロマンポルノのお決まりごとなのでしょうか?


絡みのシーン以外もお話がきちんと作られていて、
当時の風景や流行りの服装が分かるのもワクワクしました。

あと一作品くらい見れるといいなぁ。

映画の後の講演会で70年代、80年代と時代が変わると作品の印象も変わるので
また違った印象を受けると聞いたのでこちらも気になる所です。

KBCシネマでの上映は終わりましたが、『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』は
R15で絡みのシーンはないものの上記のR18より裸体が多く出てくるのでした。

こちらは音楽や照明、こだわりの衣装や構成、
鍛えられた女性の肉体で芸術的なヌードショーを行なう
パリのキャバレーのドキュメンタリーの映画でして、
女性たちの引き締まっているのにセクシーな体つきを見てため息がでました。

パンフレットを見ると、
フランスは胸じゃなくてお尻と脚がきれいだといいのだそうです。
日本でおっぱい信仰が強いのは無いものねだりなのかしら。

8等身のモデル体型美女を見た後にロマンポルノの日本人女性を見ると
ちょっとほっとしたのは言うまでもありません。


日活の公式ページ『生き続けるロマンポルノ』(ロマンポルノについての詳しい説明があります。
このページを見て興味がわきました)

KBCシネマ
[PR]