最近読んだ本


『ジェノサイド』高野和明

悲惨な描写が多いので、誰にでも勧められないけれど、ひさびさに長編を読む面白さを味わいました。
没頭してクジラみたいにたまに水面に息を吸いに来て、またどっぷり潜るって楽しいです。
最初の方のシーンでこれはダメかも!と思ったら読まないことをお勧めします。
(それより残酷な描写が続くので)


『できることをしよう。 ぼくらが震災後に考えたこと』糸井重里 ほぼ日刊イトイ新聞

シンプルな防災の話のところや、さいごの章のロングインタビューに聞きたかったことや
知りたかったことが書いてありました。

防災って具体的に何をしたらいいか分からないもんなぁ。

ロングインタビューでは被災しなかった人がどういうふうに考えるかという話もちょこっとでてきて、
震災の復興のために何か出来る人がうらやましいと思っていたのは自分だけじゃないんだな~と思えました。


もやもやが言葉にされると落ち着くなぁ。
[PR]