九博の『細川家の至宝展』に行ってみた

3月4日で終わりの
九州国立博物館『細川家の至宝 珠玉の永青文庫コレクション』展を見て参りました。

天気は良く、ぽかぽか陽気で参道にもたくさんの人がいて、展覧会も人が多いのかなぁと、
どきどき。

b0070756_23354660.jpg


b0070756_23353424.jpg

(参道を抜けて、だざいふえんの方に歩いていくときの梅の花)


展覧会は午前中に行ったせいか、最終日前だからかかなりの人出で、会場内が最初から最後まで
込み合っていました。

いいなと思ったのは、刀の鐔(つば)の展示。裏からも見れるよう鏡が置いてありました。


「狂言面 狐」狐の牙のぎざぎさや、毛並み、ひげ、など細かく作られていて怖そうに見えます。

「四方釜 銘 とまや」お茶の道具コーナーで。電気ポットを思わせる丸みを帯びた四角い釜でした。
芦屋釜のような丸い茶釜のイメージしかなかったので、こんな四角いのがあるとは驚きでした。


一階のミュージアムホールでは『ステンドグラスアート・九州会作品展』
が行なわれていて、こちらも見応えがありました。(無料)

モノクロの龍のステンドグラスや、氷の様なガラス(?)の上にとまる蝶など、
こんなことが出来るんだなぁ!とこちらも驚きでした。
展覧会と同じく2012年3月4日までとなっておりますので行かれる方はぜひ。

b0070756_23355732.jpg




【九博のぶろぐるぽに参加しています】
[PR]
by hon-j | 2012-03-03 23:59 | 展覧会レポート | Comments(2)
Commented by 九州国立博物館より at 2012-05-02 14:14 x
hon-jさん、こんにちは。
九州国立博物館の川畑と申します(細川展を担当しておりました)。

ブログでのご紹介、ありがとうございました。

すでに展覧会は、3月上旬に終わってしまったのですが・・・皆様のブログ拝見しておりましたら、ご返信し損ねていたことに気づきました・・・すみません。

細川展で出陳させていただいた作品も、無事にご所蔵者様にご返却が済み、これで担当学芸員の仕事も無事に終えることができました。
九博にお出でくださり、展覧会をご覧いただいた皆様には、心より感謝申し上げます。

今、九博は平山展です。こちらもとても面白い展覧会になっておりますので、ぜひまたお運びください。
それと、4階の文化交流展室でも中国陶磁の名品「横川民輔コレクション」が公開中です。
なかなか見ることのできない貴重品ばかりですので、よろしければこちらもぜひ!

お越しをお待ちしております。



Commented by hon-j at 2012-05-03 10:11
川畑さん、こんにちは^^

わざわざ返信頂きありがとうございます。

細川展は行くのが遅くなりまして、滅多に行かない最終日に行ったので人が多かったのですが、
いろいろ面白いものが見れてよかったです。

これは学芸員さんも一押しなんじゃないかな~と勝手に推測しながらいつも楽しんでいます。


平山展と中国陶磁の名品展も楽しみです。
(GW明けに行こうと思っております)

「なかなか見れない」というセリフに弱いので・・・・・・。

ブログを書いたらまたぶろぐるぽに参加しますね!


コメントありがとうございました。
それでは~。