知らないなりに聴いてみる.7

知ってる名前の洋楽アーティストのCDを聴いてみようという自分企画。


ブログ自体、前回からだいぶ経ってる気がしないでもないけど、気にしない、気にしない。

(もし、興味を持ってブログを覗いてくれている方がいたらスミマセン)。

ツイッターや、もう一個のブログの方に力をそそいでおりまして・・・・・・。
しょっちゅうではありませんが、コメントが返って来るのが楽しくてですね。

こちらのサイトはメッセージ・イン・ア・ボトルな感じで、
無人島からガラス瓶に思いの丈を詰め込んで、ちゃぷんと流して、ごくたまーに
ありがたいことにお返事が来るという感じで。

でも、そういうネットでの関係がいいなぁとも思うわけで。
コメント下手ですし。友人からは直接会った時に読んだよ~とか言われるだけで嬉しいし。


さてさて本題。

あんまり更新してないのは、音楽を聴いてないわけではなくて、
いろいろとっかえひっかえしては聴いておるのです。


9月にNHKの日曜夜の音楽番組で知った、クラシックの
フォーレの「レクイエム」はなんだかすごくよかったのでアルバムを借りてみたり。
ガチャガチャしていなくてスーッと入ってくるというか。
音楽番組が素人にもやさしく、聴き所を解説した後に音楽を聴くので、なるほどな~と思えるのでこちらも
おススメです。


今聴いているのはB.B.KING.の『B.B.KING TWIN BEST』(1998)という二枚組のベストアルバム。
解説によると、ビール・ストリート・ブルース・ボーイという名前がブルース・ボーイ・キングになったということ。

89年にはU2とも共演したとか書いてあって、ちょっと興味がわいてくる。
Disc1の9番めの「WHEN LOVE COMES TO TOWN」が作詞Bono作曲U2と書いてあるので
それが共演の時に歌った曲なのかも。音がとんがっててカッコいい。イェーイ、エイエイ、イェーイエ!

何だか耳に残るのは一枚目が多くて、上の以外に2つあげるなら、

「I LIKE TO LIVE THE LOVE」イントロから良い音楽な気がする。
「BETTER NOT LOOK DOWN」歌うと言うよりは喋りな最初とサビのノリのいい音楽がいい。

「THE THRILL IS GONE」と「PAYING THE COST TO BE THE BOSS」も有名な曲らしいのでメモメモ。
[PR]