最近読んだ本と聴いたCD

7~8月に読んだ本

『植物図鑑』有川浩

私の近所にも料理が出来て野草に詳しい男性が行き倒れていないものか。
あとがきにあるように章が進むごとにラブラブ度が上がっていくので、恋愛も野草も楽しめるお得な本。


『神去なあなあ日常』三浦しをん

横浜を出ていきなり林業をすることになった主人公、平野勇気の神去山での一年。

神去山での林業の仕事のシーンは映像で見たいなぁ。
斧一本で木を倒すなんて、ヨキかっこいいぞ!
金子恵さんの装画もあってるなぁ。

『乙女の密告』赤染晶子

短い一文をするする読むうちに、いつの間にか不思議な赤染ワールドに入っている。
まじめなのに、ちょっと笑えたりする。誰かと読んで、これってこういう解釈でいいんですかね?と
話したくなる本。



CD

図書館には邦楽もあるのだけど、今まで借りてなかったので、借りてみた。
邦楽聴きすぎて、Oasis『DON'T BELIEVE THE TRUTH』を借りたのに、あんまり聴いてないや。

東京事変『教育』

全部いいなと思うけど、「駅前」は怪しげなイントロからサビで雰囲気がガラっと変わる所が面白くて、
アルバムを聴くたびに耳がそっちに集中してしまう。

Misia『Mother Father Brother Sister』

ミーシャは以前アルバムを何枚か持っていて、ひたすら聴いていたのでけっこう口ずさめる。
高音はでないけど。

「星の降る丘」「つつみ込むように・・・」がやっぱり好きだなぁ。
[PR]