バチルノシャク!

「守り伝える日本の美 よみがえる国宝」展
九州国立博物館/H23年8月28日まで。

暑いので行くのはやめようかと思ったけど、ミーハーの血が騒いだので頑張って出かけてみた。

さすがに夏なので、参道の梅ヶ枝餅屋さんに並ぶ人も少ない。
梅ジュースや梅ソフトクリームは売れているようである。


会場に入って、まずはイケメン二人にご挨拶をしに行く。
源頼朝と平重盛である。本物が同時に並ぶのは7月末までということで、慌てて来たのだ。

b0070756_061823.jpg


重盛は全体的に薄くぼやけたように見えるが、
頼朝はくっきりとしていて帯や刀の柄に付いたひもの青い色も鮮やかだ。
重盛もきっと昔はこんな風だったに違いない。


私が一番心を惹かれたのは「3章の模写・模造 こころと技を継ぐ」の展示だった。

「倶利迦羅龍蒔絵経箱(くりからりゅうまきえきょうばこ) 復元模造」(会期中展示)

発泡スチロールとは思えない試作品と原品と同じように作られた模造品が置いてある。
剣に巻きついて、剣先を飲み込もうとする龍の絵がなんともカッコいい!金ぴかでロックな龍だ。


「紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく) 復元模造」(8月7日まで展示)

これは会場の中で一番キュンときたもの。
象牙を赤く塗って、それを彫って色をつけている。
箸箱を大きくしたようなイメージ。

儀式用の「ものさし」だそうだ。
花を咥える鳥や模様がなんとも愛らしい。
ぶろぐるぽの写真に無いのが残念だ。うう。ポストカードもなかった。可愛いのになぁ~。

教育用画像素材集撥鏤(ばちる)の項目は、復元品の制作者の吉田文之さんがどうやって作ったかが載っているので「ばちる」に興味のある方は覗いてみると良いかも。
(展示されている品物を作っている場面ではありません)。



「螺鈿槽箜篌(らでんそうのくご) 復元模造」(8月7日まで展示)

作品目録を見て打ち込んでみたものの、なんて読むのか忘れてしまった。
こういうときにネットで検索できるのは便利だなぁ。

ハープの様な楽器だった。
原品の写真があったけど、ああいう「かけら」と資料と同時代の似たようなものから、
立派に復元できるのだなぁというのが分かって面白かった。
他の物も原品の写真が小さくでもいいので、隣に並べてあるとよかったなぁ。


面白かったのは、正倉院の柱を実感できるセットがあったこと。
建物の床が地上から2.7メートル上にあるって、結構な高さだなぁ。
柱の太さは60センチと書いてあったので、思わず腕を巻きつけてしまった。

b0070756_00832.jpg



歴史苦手だな~というわりには十分楽しめた。会場内の映像もすべて見て、2時間。
さらに常設展も見て1時間。

前売りを持ってない方は、参道をぷらりとするとまだ買えると思いますので、
行ってみるとよいかもしれません。

九博のぶろぐるぽに参加しています。写真はそちらからお借りしています。

以下は自分で撮った写真。九博の前のスペース(レストランがある側の入り口付近)にあった蓮。
b0070756_22303296.jpg


b0070756_22304522.jpg


b0070756_2234495.jpg

この水の中におたまじゃくしが居てびっくりした。元気に泳いでました。
[PR]