知らないなりに聴いてみる.2

前回に引き続き、名前を知っている洋楽を聴いてみようの巻。

図書館でディープパープルとエアロスミスとレッド・ホット・チリペッパーズを借りてみた。

ディープパープルはKISSのアルバムの解説で名前を知った。

この中で一番聴いたのはレッチリ。

アルバム名は『BY THE WAY』。2002年。

音だけ聴いて、嫌いな曲は無いなぁ、と思って日本語訳を見てみたら、さっぱり意味が分からない。

単語単語の意味は分かるけど、全体的には不明。
シュールな光景が目に浮かぶような歌詞が多いみたいだ。

好きなのを三つあげるなら、「DOSED」、「THE ZEPHER SONG」「CAN’T STOP」。

「DOSED」はサビの所の、高くて伸ばす所がせつないかんじがしていい。

「THE ZEPHER SONG」もサビが好き。前の曲よりは親しみやすく想像しやすい歌詞。

「CAN’T STOP」はノリが良く、早口な感じがイイ。ヒップホップが踊れたら踊りたい曲。
踊れなくても体を動かしてしまう曲ではある。


エアロスミスは『アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ』(2002)を借りた。
携帯電話のCMやさんまさんの番組の最後に使われてる曲が「WALK THIS WAY」ってことが分かって良かった。ウォ~クディスウェ~イって歌ってたのか~。

「SWEET EMOTION」の出だしも何かのテレビ番組で聴いたことがあるなぁ。テレビ東京系列には違いないと思うけど、どうだろう。

「LOVE IN AN ELEVATOR」はサビのメロディが好きで和訳を見たら、なんかえっちだった。
レッチリと比べると、生の恋愛を歌ってる感じの歌が多いような。やんちゃで温かみのあるお兄さんズ?
返す前に、もうちょっと聴いてみようっと。
[PR]