『大北斎展』に行ってみた

浮世絵の二つの展覧会に行こうと思って早く出たものの、
北斎展の展示の量が予想以上に多く、エネルギーを使いすぎ、一つあきらめた。


約三百点。数字を体感する。

薄暗い中、割合小さめな作品が並ぶので、じっと食い入るように一つ一つ見ていく。

途中退場をしてもよい、なんていう注意書きを展覧会で初めてみた気がする。

私もちょっと休憩しつつ、ようやく全部見終わった。二時間半経っていた。


北斎の若いころから晩年までの作品が色々と並んで、チケットの代金以上の満腹感がある。

北斎の絵を描くエネルギーに圧倒される。

今回は目録がないので、気にいった絵は心の中に記録する。

『大北斎展 生誕二五〇年』
福岡市博物館で5/22(日)まで開催。
[PR]
by hon-j | 2011-04-12 23:54 | 展覧会レポート | Comments(0)