ひさしぶりの長崎

チラシの絵の、シュールな赤ちゃんに惹かれて、長崎県美術館に行ってみた。
全90作品が日本初公開!というのにも惹かれて。

長崎県美術館「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」展。
奇跡のコレクション スイス発 知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂 2011年3月27日まで
b0070756_8434682.jpg
b0070756_844270.jpg
b0070756_8443586.jpg

同じアーティストの作品は少ないけれど、その分自分の好きな絵に会えるかも。
美術館は海の近くにあって気持ちのいい散歩ができます。

以下感想。
アルフレッド・シスレー『朝日を浴びるモレ教会』教会の上の青空がとてもきれいだった。

オディロン・ルドンの、花瓶に活けられた花束は華やかだけれども、静かな感じがする。『野の花』

ジョルジオ・モランディの静物画は2枚あって、どちらもビンなのに温かみがある。
色が優しい淡い色のせいかな。
チラシに載っていないココア色がメインの瓶の絵が私ごのみです。

アンリ・ルソー『赤ん坊のお祝い』
赤ちゃんのわりに、たくましい手足。きりっとした目元。
実際、こんな赤ちゃんいないだろうけど、赤ん坊の生命力の力強さを感じる絵だなぁ。

たしか会場にはルソーは素人画家だと書いてあった。
もうすこし知りたい人である。


特別展を出て、常設展も見る。

陶器の展示とダリの作品が面白かった。

ダリの作品のタイトルは忘れてしまったけど、海の皮膚をつかむなんとか。
波がペロンと皮をめくるようにつままれている。
大きくない絵なので、じっくりと見れる。筆の跡を感じさせない写真のような塗り方で、細部まで細かい。

帰りにちょろっとランタンフェスタを見てきた。
b0070756_844525.jpg
b0070756_845392.jpg

[PR]