最近読んだ本

「女装と男装」の文化史
佐伯順子

日本や外国の映画や演劇、
文学、アニメ、漫画などに見られる
女装や男装をあらすじ付きで紹介。

『ベルサイユのばら』や『花ざかりの君たちへ』なども載っている。

同一人物なのに装いを変えると周りの人の扱い方が変わる。
特に女性が男性に変わるとき。

女だから、男だから、こうあるべき。
そうあるべき姿を一体だれが決めているんだろう。
昔からの慣習?それを守ることによって得する誰か?

あるべき姿というお手本がないと私は生きていけないのかなぁ。

それとも自分で生き方を決めるのは面倒だからのっかろうという気持ちが、
そこから外れる人を異端視するのかなぁ。
[PR]
by hon-j | 2010-05-02 15:42 | 買わない人の読む本 | Comments(0)