阿修羅展ふたたび

午前中3時間、午後は4時間待ち。

そう新聞に書いてあったが、そんなに並ばないだろうと思っていた。

8月の前半の平日は、まったく並ばなかったからだ。

だが、9月の土曜の13時。
雨が降る中、待ち時間表示は3時間をしめしていた。

チケットを先に買い、覚悟して待つと、1時間と少しで会場に入ることができた。
それでも人ごみと立ち疲れでへろへろだ。

中に入ると、阿修羅像の周りは何重もの人の輪ができていた。
その輪の中に係員が入り、1、2、3、4……と掛け声をかけて、
カニ歩きで円の周りを移動させていく。

押しあいながら、阿修羅像を見ていると、
何だか悲しくなってきた。

阿修羅にも憐れまれている気がして、
細部をあまり見ぬまま輪を抜け出した。


他の八部衆は阿修羅に比べるとゆっくり見ることができた。

プロポーションが変だけど、全体としてまとまってるよね、
と友人が言うので、よく見てみると、
胴が長く、膝の位置が低いように思えた。

胴長だけど細すぎない。上半身にボリュームがあるようだ。

ふと、八部衆は立って拝むものだったんだろうかと疑問がわく。
目線が座った人と合わないからだ。

一般的な仏像は、座る人の目線に合わせて、
伏し目がちに造られているように思える。

だけど、八部衆は遠くを見る者、目をつぶる者など、自分の感情を表情に表している。

相手のためでなく、感情の表現のための像。

拝むために造られたわけじゃないのかもしれない。
お経の懺悔を表現していると書いてあったし。


会場をでたとこのグッズのコーナーで、会場にある4コマ漫画を本にしたものを買った。

レジの横に見本が置いてあり、頼むと本を出してくれるのだ。
山積みしてなかったので売り切れたのかと思った。

本は、阿修羅の表紙もいいけど、光明皇后が愛らしい。

16時頃に博物館をでたが、まだまだ人が並んでいた。大変だ……。

連休中に行く方は覚悟して並ぶべし。


前回と今回の記事は、
九州国立博物館のぶろぐるぽに参加しています。
[PR]
by hon-j | 2009-09-17 13:35 | 展覧会レポート | Comments(0)