夏はどこかに行きたい

社会人にも長い夏休みがあればいいのに。
会社によるか…。

最近読んだ本。

『逃亡くそたわけ』
糸山秋子(糸は2つ)
舞台は九州。知った地名が出てくると嬉しい。

いきなり団子のいきなりの意味を主人公と同じように考えていた。

なごやんのつっこみがいい。
最初やな奴だったけど、最後好きになってたよ。

読んだ後、阿蘇の大観峰に行った。
360度、緑の海を臨む。

外輪山の一部は、定規で線を引いたようにまっすぐだ。
日差しは強いが、風は涼しく気持ちがよかった。

『八番筋カウンシル』
津村記久子
タイトルとカバーの写真がまず素敵だ。

キラキラしてない青春なぶん、身近に感じる。
同世代だからか。家族の話であるのかも。
『神の守り人』上下
上橋菜穂子
一年待って文庫を買った。今下巻を読んでいる。
今回もワクワクしながら読んでいる。

地図のあるファンタジーはいいなぁ。
この先は来月出るのかなぁ。

b0070756_127784.jpg
b0070756_12143872.jpg

[PR]